注目

7.社員教育(薬剤師・事務)に力を入れている薬局かどうか

カテゴリー: [不満とその解消法, 教育・研修システム, 転職前の確認ポイント]
記事公開日:2014年9月5日
最終更新日:2018年5月13日

薬剤師に対する教育に力を入れない薬局は衰退します。

薬剤師の教育に力を入れていない会社に魅力は感じられません。

薬剤師なら常に勉強が必要で成長していかなくてはなりませんので教育研修システムは大変重要です。

その薬局にどんなにすごい最新の調剤機器が入っていたとしても、それを使うのは人(薬剤師)です。

その薬剤師を教育しなければ最新の調剤機器があっても単なる宝の持ち腐れです。

転職活動中の薬剤師であれば、転職先の候補の薬局にどのような教育研修システムがあるかを聞いてみましょう。

よくある薬局のダメな薬剤師教育研修制度

お昼休みのお薬勉強会

「うちの薬局の教育研修ですが、お昼休みの時間を利用して製薬会社のMRを呼んで勉強会を開いています。お弁当も出ますよ!」

⇒これは研修でしょうか? 単なるお薬紹介です。

転職先の候補の薬局の教育研修システムがこの程度だったらすぐに候補から外しましょう。10年後に生き残っていられる薬局かどうかはかなり疑問です。

お昼休みのお薬勉強会

地域の薬剤師会の勉強会に積極的参加してもらっています。

認定薬剤師の費用は補助しますよ。

⇒これはその薬局の教育研修システムではありませんね。どこの薬局の薬剤師でもやっていることです。こういう薬局も疑問です。

大手薬局チェーンの薬剤師教育研修システムが全て素晴らしいというわけではありませんが、中小規模の薬局に比べればプログラムの種類は圧倒的に多いと言えます。

大手テェーンの薬剤師教育研修システムの例

新入社員研修

  • ビジネスマナー
  • フォローアップ研修
  • OJT研修
  • OJT担当者研修
  • ステップアップ研修
  • 新任薬局長(新任管理薬剤師)研修
  • 在宅医療研修
  • 調剤過誤防止研修
  • コンプライアンス研修
  • 疾患別研修
  • コミニュケーション研修
  • 薬局マネジメント研修
  • 事務スタッフ研修
  • 登録販売者研修
  • 海外視察

集合研修でもe-ラーニングでも手段は問いませんが、体系的に学べる研修を開催している薬局を選ぶべきです。

もう一つ、薬局事務の研修も行われているかどうかもチェックしておきましょう。

薬局事務も医療スタッフの一員です。

薬局事務になるのに特別な資格は必須ではありません。しかし、医療スタッフである以上、薬局事務に対する教育・研修は必須だと思います。

接遇、リスクマネジメント、調剤報酬の知識など薬局事務だって理解しておくべきことはたくさんあります。

事務研修は不要⇒薬局(会社)の本質が見えますよね。

研修をやっていたとしても薬剤師や事務が自己満足するだけのものでは意味がありません。

そこに来局される患者さんのためになるような研修を継続的に行っている薬局かどうかをしっかり転職前に見極めましょう。

薬剤師、事務を含めた薬局スタッフに対してしっかり教育・研修を行っている薬局は今後も伸びていくはずです。

薬剤師の教育研修制度が充実した薬局の求人を探す方法

←6.在宅に積極的に取り組んでいるかどうか

 

 

転職前にチェックすべき10年後も働ける薬局かどうかを見極める7つのポイント

  1. 調剤薬局の社長は何を考えているか(薬局の方向性)
  2. 薬局数が増加しているかどうか
  3. 新卒薬剤師の採用を積極的に行っているかどうか
  4. コンプライアンスがしっかりしているか
  5. 薬剤師のキャリアパスが複数用意されているか
  6. 在宅に取り組んでいるかどうか
  7. 社員教育に力を入れているかどうか⇐今ここ

ここまで7つのチェックポイントを見てきました。これらを満たす薬局は以下の薬剤師転職サイトの力を借りると自分の貴重な時間を失うことなく探し出してくれます。

薬キャリ

image

薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴

リクナビ

image

リクナビ薬剤師の特徴

マイナビ

image

マイナビ薬剤師の特徴

ファルマスタッフ

image

薬剤師派遣会社ファルマスタッフ(PHARMA STAFF)の特徴

薬剤師の教育研修制度が充実した薬局の求人を探す方法

今はまだ転職を考えていなくても

薬剤師の仕事は常にストレスがかかるもの。仕事上の不満やストレスをためすぎると体に悪影響を及ぼします。どうしても今の職場に耐えられないなら転職を検討する必要もあるでしょう。

転職する前にもう一度よく考え、可能な人には相談を。 ⇒薬局を辞める前に上司や同僚、同期の薬剤師にまずは相談を

退職を早まってはいけません。薬局を辞めなくても転職活動は可能です。辞めるのは次の転職先が決まってから

まずは薬剤師転職サイトに登録して情報収集から始めましょう。

もっと仕事がしやすい薬局や病院、ドラッグストアはたくさんあります。だって薬局の数なんてコンビニよりも多いのですから。

当サイトで推奨の薬剤師転職サイトは以下の通りです。

薬キャリ(エムスリーキャリア)

image
公開求人数 薬局 病院
39,224 34,065 3,513
ドラッグ 企業 正社員
953 553 29,885
パート 派遣 ママ薬剤師
13,946 6,562

※求人数は2018年1月5日現在

求人数、登録薬剤師数No1の薬キャリは薬局への転職に強い薬剤師転職支援サイトです。大手調剤チェーンから個人薬局まで求職者の希望に沿った案件を紹介してくれます。未経験・ブランクあり・ママ薬剤師へおすすめの職場情報にも強いのが特徴。正社員だけでなくパートや派遣といった様々な働き方に対応してくれるのでいろいろな場面で活用できる薬剤師転職支援サイトです。
薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 公式ページへ

薬キャリなら以下のようなこだわり求人検索が可能です。

高収入 土日休み 年休120日超
残業少ない 駅から近い 車通勤可
異動無し 研修充実 産育休実績
託児所あり 未経験可 住宅手当有
管理薬剤師 総合科目 在宅あり
漢方あり 薬局数多い 新卒歓迎
公式ページへ

ファルマスタッフ

image image
公開求人数 薬局 病院
53,582 44,152 2,682
ドラッグ 企業 正社員
6,610 65 27,822
パート 派遣 ママ薬剤師
17,918 5,792

※求人数は2018年1月5日現在

「ファルマスタッフ」は派遣薬剤師に強く教育体制、福利厚生の充実が群を抜いています。転職支援では日本調剤グループのe-ラーニングの使用も可能で、未経験者や復職を考えている薬剤師にも安心です。エリア専任のコンサルタントによる出張個別面談も実施されており、直接会って話を聞きたい薬剤師には特におすすめの転職支援サイトです。
薬剤師派遣会社ファルマスタッフ(PHARMA STAFF)の特徴 公式ページへ

ファルマスタッフなら以下のようなこだわり求人検索が可能です。

高収入 土日休み 年休120日超
残業少ない 駅から近い 車通勤可
転勤なし 教育充実 産育休実績
託児所あり 未経験OK 住宅手当有
管理薬剤師 総合科目 在宅あり
漢方あり 薬局数多い 新卒歓迎
公式ページへ

マイナビ薬剤師

image
公開求人数 薬局 病院
48,472 31,480 2,337
ドラッグ 企業 正社員
13,730 297 42,891
パート 派遣 コンサルタント
29,673 ×

※求人数は2018年1月5日現在

「マイナビ薬剤師」は満足度No1の転職支援サイト。 キャリアコンサルタントの充実が高い満足度につながっています。サイトに掲載されているだけでなんと30名。求人票だけでなく足で稼いだ真の情報に強く、無理に転職を勧められることも一切ありません。納得するまで職場を探したいという薬剤師におすすめの転職支援サイトです。残念ながら派遣薬剤師には対応していませんが、正社員やパート薬剤師の求人数はトップクラスを誇ります。
マイナビ薬剤師の特徴 公式ページへ

マイナビ薬剤師なら以下のようなこだわり求人検索が可能です。

高収入 土日休み 年休120日超
残業少ない 駅から近い 車通勤可
転勤無し スキルUP 産育休実績
託児所あり 未経験者可 住宅補助有
管理薬剤師 総合科目 在宅あり
漢方あり 薬局数多い 新卒歓迎
公式ページへ

リクナビ薬剤師

image
公開求人数 薬局 病院
46,106 33,101 2,501
ドラッグ 企業 正社員
10,401 103 約43,000
パート 派遣 年収アップ
約40,000 ×

※求人数は2018年1月9日現在

「リクナビ薬剤師」は様々な業種の転職を支援しているリクルートが運営。薬剤師専任の転職アドバイザーが希望に沿った職場を紹介してくれます。年収アップ、キャリアアップをしたい薬剤師、早く転職先を決めたい薬剤師には特におすすめの転職支援サイトです。
リクナビ薬剤師の特徴 公式ページへ

リクナビ薬剤師なら以下のようなこだわり求人検索が可能です。

高収入 土日休み 年休120日超
残業少ない 駅から近い 車通勤可
転勤無し 勉強会あり 産育休実績
託児所あり 未経験OK 住宅手当有
管理薬剤師 総合科目 在宅あり
漢方あり 薬局数多い 新卒可
公式ページへ

当サイトに掲載の薬剤師転職支援・求人サイト一覧

希望職種・条件別推奨薬剤師転職支援・求人サイト検索

調剤薬局への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 病院への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 企業への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト一覧 派遣薬剤師を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 求人数の多い転職支援サイト 転職お祝い金(転職ボーナス) 各種認定を取得しているおすすめの薬剤師転職支援サイト ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職支援・求人サイト キャンペーン実施中薬剤師転職サイト

雇用形態で薬剤師転職サイトを選ぶ

正社員 派遣薬剤師 パート薬剤師

条件別薬剤師求人の探し方

高収入薬剤師求人の探し方 土日休みの薬剤師求人の探し方 年間休日120日超の薬剤師求人の探し方
残業が少ない薬剤師求人の探し方 駅から近くて通勤しやすい薬剤師求人の探し方 自動車通勤可能な薬剤師の求人を探す方法
異動や転勤のない薬剤師求人の探し方 研修が充実している薬剤師求人の探し方 産休・育休の実績がある薬剤師求人の探し方
託児所がある薬剤師求人の探し方 未経験ブランク可の薬剤師求人の探し方 住宅補助の手厚い薬剤師求人の探し方
管理薬剤師として転職できる求人の探し方 多くの科の処方せんを受けている薬局求人の探し方 在宅業務ができる薬局求人の探し方
漢方やアロマに力を入れている薬局の求人の探し方 大手チェーン薬局の薬剤師求人の探し方 新卒・第二新卒歓迎の薬剤師求人の探し方

薬剤師が転職を成功させるために(関連記事)

転職には派遣薬剤師やパート薬剤師という選択肢もあります

注目

薬剤師パートの時給はアップ可能。求人票の時給で契約してはいけない理由はこちら⇒パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

記事検索

ブログランキング参加中です

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。

注目記事一覧
派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ