今回は病院薬剤部の薬剤師が調剤薬局へ転職するときに参考にした情報の話です。

 

 

薬局から病院に疑義照会をすると薬剤部がその窓口になってくれることが多いと思います。

 

中にはどうしてこんなことを聞いてくるのかというような理解に苦しむ疑義照会をしてくる薬局もあるとのこと。

 

その薬局の同系列の他の店舗でもだいたい同じような感じなのだそうです。

 

あなたの薬局の疑義照会レベルはいかがでしょうか?

 

他の薬局のレベルってなかなかわかりづらいですよね。

まさか、病院の薬剤師が疑義照会でその調剤薬局のレベルを推し量っているとは思いませんでした。

 

病院薬剤部勤務の薬剤師が近隣の薬局への転職を検討しているのであれば、疑義照会の内容をよくチェックしてみて下さい。

 

アホな薬剤師がいる低レベルな薬局への転職はそれだけで避けられるはずです。