薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。

例えば、

  • 妊娠が判明して産休に入る予定の薬剤師がいる
  • 旦那さんが転勤になり、女性薬剤師が退職
  • 薬剤師が病気で長期離脱
  • 他薬局に転職してしまう薬剤師がいる
  • 入社予定だったのに薬剤師国家試験に合格できなかった

などなど。

 

定年や社内薬局の異動は急に判明することではないので予定が立てられますが、上記の理由での人員不足はどうにもなりません。

 

近隣店舗から異動できる薬剤師がいれば良いですが、いない場合は求人を出します。

普段から薬剤師求人を出している薬局もありますが、本当の人員不足の場合は即戦力の薬剤師が必要ですから、未経験者可などとは言っていられません。

 

とにかく欲しい、すぐ欲しい。でも派遣はお金がかかりすぎるからだめ。

 

であれば少しくらい良い条件を出してでも調剤経験のある中途薬剤師を採用したい。

 

薬局の採用部門ではこんなときどうするか。

 

エムスリーキャリアリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。

 

相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。

 

どうせ転職するのであれば好条件の【急募】求人案件に乗り、年収アップさせたいですよね。

 

問題は、好条件の【急募】求人案件はいつ出てくるかわからないという事です。

 

ではどうすれば良いか。

普段から求人情報のアンテナを張っておき、【急募】求人案件がきたらすぐに話をもらえる状況にしておくことです。

 

薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。