厚生労働省が、「かかりつけ薬局を推進していく」という記事はすでに薬局薬剤師薬の説明の方で書きました。

 

いわゆる「門前薬局」から「かかりつけ薬局」となれるように調剤報酬の評価を変えていくというものです。

 

門前薬局の報酬は減額され、

残薬の削減

服薬指導の充実

24時間調剤応需

在宅業務への取り組み

ジェネリック医薬品の推進

などにしっかり取り組んでいる薬局は調剤報酬で評価されます。

 

今後薬局の収益に差がついてくることは間違いありません。

立地の良さだけで大量の処方せんを確保する薬局の経営は悪化していくことでしょう。

 

現在転職先の薬局を探している薬剤師は、転職先の候補の薬局が

多くの人の「かかりつけ薬局」になっているかどうか

をしっかりと見抜きましょう。

 

その薬局は、

門前病院以外の薬も在庫してあるでしょうか?

主医療機関以外の処方せんはどのくらい来てますか?

1か月でいくつの医療機関の処方せんを調剤していますか?

一般用医薬品の販売に力を入れているでしょうか?

在宅業務を行っていますか?または取り組む意志がありますか?

ジェネリック医薬品を勧めていますか?

 

多くの人にとってのかかりつけ薬局になれるような薬局への転職を目指しましょう。

転職活動中の方は、是非ともこの点を十分考慮して薬局を探してください。

 

自分で探すのは難しいですが、転職コンサルタントに相談すれば全て聞いてくれます。

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

⇒エムスリーキャリアの詳細はこちら

 

エムスリーキャリアは当サイトで一番おすすめしている薬剤師転職支援サイトです。求人数が多く、しっかりとした転職サポートが受けられます。

エムスリーキャリアをオススメする4つの理由

エムスリーキャリア