注目

医薬分業の見直し!? 敷地内薬局(門内薬局)と院内薬局の調剤報酬

カテゴリー: [かかりつけ薬局]
記事公開日:2015年6月18日
最終更新日:2016年1月14日

政府の規制改革会議では病院の敷地内に薬局を置くことが望ましいという意見が出ていたそうです。

簡単に言うと、こんな感じです。

「診察をした後に薬局まで歩いていくのが大変だから近い方が便利だろう。だったら敷地内に薬局作れば良いじゃん。」

 

確かにいわゆる門前薬局は病院と敷地が隣接して建っていることが少なくありません。町の人からは一緒に経営しているように見えるかもしれません。

結局、経営的に独立していれば病院敷地内に薬局を作っても良いことになりそうです。

 

本当の思惑はどこにあるのか。

それは病院の外の薬局で薬を受け取る「院外処方」の調剤報酬を下げて、「院内処方」と同じにするというところではないでしょうか。

 

病院の敷地内や病院の中に薬局作って良いよ(規制緩和といえば聞こえが良い)
  ↓
薬局が病院の敷地内や病院の中にできる。
  ↓
やってることって院内薬局と同じだよね?(財務省)
  ↓
院内処方と同じ調剤報酬の体系にしちゃおう(財務省)
  ↓
だったら町の薬局もそんなに変わんないんだろうから報酬同じでいいでしょ。(財務省)
  ↓
いやいやジェネリックの推進とか在宅とか一般用医薬品とかしっかりやってます。かかりつけ薬局頑張ります(厚労省)

じゃあかかりつけ薬局と認められない薬局の報酬を下げるよ(財務省)

・・・(厚労省)

薬局の機能を十分に果たせていない薬局の調剤報酬は大幅に減額

 

こんなストーリが着々と進んでいるような気がします。

では薬局はどうすべきか。

 

薬局の機能をしっかり果たすこと。

1人でも多くの人のかかりつけ薬局となることではないでしょうか。

調剤報酬が下げられないように頑張るというのではなく、今のうちから社会に貢献している姿を見せないと、評価されません。

 

これから多くの薬局が淘汰されていきます。

生き残れる薬局で働く、生き残れる薬剤師でいたいものです。

 

あなたが今勤務している薬局は生き残れそうですか?

 

薬局の機能をしっかり果たしていますか?

 

もし社長が儲ける事だけ考えていて、かかりつけ薬局などやる気が無いようであれば、早い段階で逃げ出すのも一つの手です。

 

薬剤師の職能をしっかりと活かせる薬局を探すには、

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

⇒エムスリーキャリアの詳細はこちら

エムスリーキャリアは当サイトで一番おすすめしている薬剤師転職支援サイトです。求人数が多く、しっかりとした転職サポートが受けられます。

エムスリーキャリアをオススメする4つの理由

エムスリーキャリア

当サイトに掲載の薬剤師転職支援・求人サイト一覧

希望職種・条件別推奨薬剤師転職支援・求人サイト検索

調剤薬局への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 病院への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト ドラッグストアへの転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 企業への転職を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト一覧 派遣薬剤師を考えている薬剤師におすすめの転職支援サイト 求人数の多い転職支援サイト 転職お祝い金(転職ボーナス) 各種認定を取得しているおすすめの薬剤師転職支援サイト ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職支援・求人サイト キャンペーン実施中薬剤師転職サイト

雇用形態で薬剤師転職サイトを選ぶ

正社員 派遣薬剤師 パート薬剤師

条件別薬剤師求人の探し方

高収入薬剤師求人の探し方 土日休みの薬剤師求人の探し方 年間休日120日超の薬剤師求人の探し方
残業が少ない薬剤師求人の探し方 駅から近くて通勤しやすい薬剤師求人の探し方 自動車通勤可能な薬剤師の求人を探す方法
異動や転勤のない薬剤師求人の探し方 研修が充実している薬剤師求人の探し方 産休・育休の実績がある薬剤師求人の探し方
託児所がある薬剤師求人の探し方 未経験ブランク可の薬剤師求人の探し方 住宅補助の手厚い薬剤師求人の探し方
管理薬剤師として転職できる求人の探し方 多くの科の処方せんを受けている薬局求人の探し方 在宅業務ができる薬局求人の探し方
漢方やアロマに力を入れている薬局の求人の探し方 大手チェーン薬局の薬剤師求人の探し方 新卒・第二新卒歓迎の薬剤師求人の探し方

転職には派遣薬剤師やパート薬剤師という選択肢もあります

注目

薬剤師パートの時給はアップ可能。求人票の時給で契約してはいけない理由はこちら⇒パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

記事検索

ブログランキング参加中です

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。

注目記事一覧
派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ