政府の規制改革会議では病院の敷地内に薬局を置くことが望ましいという意見が出ていたそうです。

簡単に言うと、こんな感じです。

「診察をした後に薬局まで歩いていくのが大変だから近い方が便利だろう。だったら敷地内に薬局作れば良いじゃん。」

 

確かにいわゆる門前薬局は病院と敷地が隣接して建っていることが少なくありません。町の人からは一緒に経営しているように見えるかもしれません。

結局、経営的に独立していれば病院敷地内に薬局を作っても良いことになりそうです。

 

本当の思惑はどこにあるのか。

それは病院の外の薬局で薬を受け取る「院外処方」の調剤報酬を下げて、「院内処方」と同じにするというところではないでしょうか。

 

病院の敷地内や病院の中に薬局作って良いよ(規制緩和といえば聞こえが良い)
  ↓
薬局が病院の敷地内や病院の中にできる。
  ↓
やってることって院内薬局と同じだよね?(財務省)
  ↓
院内処方と同じ調剤報酬の体系にしちゃおう(財務省)
  ↓
だったら町の薬局もそんなに変わんないんだろうから報酬同じでいいでしょ。(財務省)
  ↓
いやいやジェネリックの推進とか在宅とか一般用医薬品とかしっかりやってます。かかりつけ薬局頑張ります(厚労省)

じゃあかかりつけ薬局と認められない薬局の報酬を下げるよ(財務省)

・・・(厚労省)

薬局の機能を十分に果たせていない薬局の調剤報酬は大幅に減額

 

こんなストーリが着々と進んでいるような気がします。

では薬局はどうすべきか。

 

薬局の機能をしっかり果たすこと。

1人でも多くの人のかかりつけ薬局となることではないでしょうか。

調剤報酬が下げられないように頑張るというのではなく、今のうちから社会に貢献している姿を見せないと、評価されません。

 

これから多くの薬局が淘汰されていきます。

生き残れる薬局で働く、生き残れる薬剤師でいたいものです。

 

あなたが今勤務している薬局は生き残れそうですか?

 

薬局の機能をしっかり果たしていますか?

 

もし社長が儲ける事だけ考えていて、かかりつけ薬局などやる気が無いようであれば、早い段階で逃げ出すのも一つの手です。

 

薬剤師の職能をしっかりと活かせる薬局を探すには、

薬剤師転職の王道!エムスリーキャリア

⇒エムスリーキャリアの詳細はこちら

エムスリーキャリアは当サイトで一番おすすめしている薬剤師転職支援サイトです。求人数が多く、しっかりとした転職サポートが受けられます。

エムスリーキャリアをオススメする4つの理由

エムスリーキャリア