福島県で薬局の求人探している薬剤師へ。その地域の薬剤師は過剰ですか?それとも不足していますか?

他の都道府県と比較することで薬剤師の需要が今後どうなるかが見えるかもしれません。薬剤師の年収は需要と供給によって大きく変わってきます。

薬剤師不足の地域に転職すれば思わぬ好待遇で迎えられることも!!

 

福島県の人口

1,935千人(全国20位) 平成26年10月1日現在

※統計局ホームページより

薬局数

889(全国19位) 平成26年度末現在

※統計局ホームページより

人口10万人対薬局数

45.9(全国24位)平成26年度末現在

※統計局ホームページより

人口10万人対薬剤師数(人)

144.8(全国41位) 平成26(2014)年12月31日現在

※統計局ホームページより

処方箋受け取り率(分業率)

73.9%(全国11位) 平成26年度

※日本薬剤師会 処方せん受け取り状況の推計≪全保険(社保+国保+後期高齢者)

後発医薬品使用率(数量ベース)新指標

53.9%(全国35位) 平成26年度

※厚生労働省最近の調剤医療費(電算処理分)の動向より

福島県の市町村別人口 (上位5市)

  1. 郡山市    328,816人
  2. いわき市 326,169人
  3. 福島市    283,145人
  4. 会津若松市 122,715人
  5. 須賀川市      76,940人

※福島県現住人口調査年報 平成26年版

福島県にある薬科大学(薬学部)

奥羽大学薬学部
〒963-8611 福島県郡山市富田町字三角堂31番1

いわき明星大学薬学部
〒970-8551 福島県いわき市中央台飯野5-5-1

第100回薬剤師国家試験合格率第99回薬剤師国家試験合格率

 

福島県の薬剤師求人状況

福島県は分業が進んでいますが人口10万人対薬剤師数が全国でも下位であるように薬剤師が不足している状況が見えます。

原発事故後には避難区域が設定されたこともあり特に浜通り地方では薬剤師が大変不足しています。

また、都市部である県庁所在地の福島市でも薬剤師が不足しており、これらの地域への転職の場合は好待遇が期待できます。

 

福島県の薬剤師求人

福島の薬剤師求人 はこちらから