いきなり管理薬剤師として転職するのってどうなのでしょうか?

年収650万円以上可!というような管理薬剤師の求人も現実にはあります。

管理薬剤師として転職するメリットとデメリットについてまとめてみました。

管理薬剤師として転職するデメリット

  • 会社の方針が良く分かっていないので最初のうちは店舗の運営が大変。
  • 知っている人がいない中で働くので人間関係の構築が大変。(もとからいたスタッフVS自分という構図になってしまったら・・・)
  • 自分の方針に従ってくれるスタッフばかりでないことが多い
  • 自分の上司は会社内で結構上の立場の人になるのでいろいろ気をつかうこともある
  • もしその薬局がノルマが厳しい所だったら・・・
  • 管理薬剤師を募集している薬局の絶対数が少ない。
  • 管理薬剤師手当がついても、残業がつかない薬局もあるので要注意

重要なのは最後の、「管理薬剤師に残業がつかない薬局がある」ということです。例えば管理薬剤師手当が5万円ついたとしても、残業時間が月に30時間も40時間もあったらどうでしょうか。高収入を目的にして転職したのに時給換算したら安くなったなんてこともあり得ます。

管理薬剤師として転職するのであれば、残業がつくのかどうなのかを絶対に確認しておきましょう。管理薬剤師に残業がつくと言っても上限が設けられている場合もありますのでその点もチェックが必要です。

転職先の薬局で管理薬剤師になるメリット

  • 一般職の薬剤師よりも管理薬剤師手当がつく分給料が高い
  • 上司に気を使わなくて済む(同じ建物内に上司がいないことが多い)
  • 自分の思うように指揮が取れる
  • 自分が理想とする薬局を作り上げることができる

転職していきなり管理薬剤師になることのメリットとデメリットを見てきました。

管理薬剤師の経験が十分あって、どんな環境でもどんな人とでもやっていけるような人であれば、転職してすぐに管理薬剤師になっても大丈夫でしょう。

部下となる一般薬剤師と事務スタッフとの人間関係の構築がまずは最優先。いきなり自分の色を出しすぎるとうまくいきません。その辺は様子をみながら進めていって下さい。

前の薬局ではこうしていたからとすぐにやり方を変えようとするとスタッフから猛反発を食らってしまいます。

管理薬剤師として転職する方法

求人の探し方は、管理薬剤師(候補)として転職する方法にも書きましたので参考にしていただければと思います。

管理薬剤師として転職したい場合は薬剤師転職支援サイトに登録し、しっかりアドバイスをもらいましょう。

デメリットでも書きましたが、管理薬剤師にも残業代がしっかりとつくのかどうか、上限は無いか、スタッフの構成はどうなのかを確認しておく必要があります。直接聞きづらければコンサルタントに聞いてもらうのも良いでしょう。

薬剤師転職支援サイトに登録しておけば管理薬剤師として働きやすい(メリットが大きくてデメリットが小さい)薬局を紹介してくれます。

管理薬剤師として転職を考えているのであれば以下の薬剤師転職支援サイトで求人を探すのが成功への近道です。