管理薬剤師とは

保険薬局に勤務している薬剤師なら当然知っていることですが、管理薬剤師とは薬局を実地に管理する責任者の事です。

管理薬剤師の仕事は大きく分けて2つあります。

従業員の監督

管理薬剤師以外の薬剤師、事務スタッフや登録販売者など薬剤師以外の従業員が、適切に業務を行っているかどうかを指導監督します。

医薬品等の管理

調剤室内の医薬品、一般用医薬品、医薬部外品、化粧品が適切に管理、貯蔵、陳列されているかを管理します。薬の特性に応じて適正な保管がされているかも管理します(遮光、冷所保管など)。また、薬局の設備の不備等、問題があった場合には薬局開設者に改善するよう意見を述べなくてはいけません。

管理薬剤師の大変さ

他にも年間予算の作成、社内報告書の作成、厚生局や保健所への届出書類の作成、現金管理、レセプト請求、従業員の業務管理、シフトの作成、残業計算、クレーム対応、卸やMRの対応、医師との面会、医薬品や医療機器の価格交渉、帳合決定などなど。

会社によって異なりますが仕事内容が急激に増えます。薬の管理よりも人の管理の方がよっぽど大変です。

薬や機械は文句言いませんから。

薬局内の人間関係が悪くならないようにすることが最も大きな仕事と言えます。シフトの作成で苦労されている方もいるのではないでしょうか。

※管理薬剤師が薬局長も兼ねている場合の話です。非薬剤師の薬局長がいる場合はこの限りではありません。

管理薬剤師手当はいくら?

管理薬剤師になるとそれまでと比べて仕事量は確実に増えますがその分管理薬剤師手当がつきます。

もし管理薬剤師のポストが空きそうで自分にその能力と度胸があると思うなら年収アップのために迷わず手を上げましょう。

ちなみに私がもらっている管理薬剤師手当は月60,000円です。前の会社の管理薬剤師手当は月50,000円でした。

あなたの薬局の管理薬剤師手当の額を就業規則で今すぐ確認しましょう。

もう1つ確認すべきは管理薬剤師の残業代の扱いがどうなっているかです。会社によっては管理薬剤師に対して残業代が支払われないところもあります。

また、みなしで一定の残業代が出るところや残業代に上限が設けられているところもあります。こういった場合だと管理薬剤師手当をせっかくもらっても残業代がつかず結局年収はさほど変わらないということもあり得ます。

もともと残業が多い薬局の場合は注意が必要です。

あなたの薬局の管理薬剤師には残業代しっかり支払われていますか?

管理薬剤師になる時の注意点

管理薬剤師は他の薬局の管理薬剤師と兼任はできません。また、管理薬剤師は他の薬局での調剤はできません。

例外として、学校薬剤師業務の兼任、地方公共団体が開設する休日夜間診療所等における薬事に関する業務の兼任は認められる場合があります。予め、薬局の管理者兼務許可届等を保健所へ提出しておきましょう。

⇒その他の薬剤師が転職をせずに年収をアップさせる方法はこちら