転職支援サイトに掲載されている薬局求人情報から管理薬剤師、一般薬剤師、パート薬剤師の給料をそれぞれ調査してみました。

 

まずは、管理薬剤師(正社員)から。

管理薬剤師の給料(年収)

管理薬剤師の年収は概ね500万円~800万円といったところです。

管理薬剤師の給料は経験と能力によって大きく変わります。

薬剤師の需給によっても給料は変わります。

管理薬剤師には医薬品管理だけでなく、人材育成や経営の知識も求められます。

中には年収900万円や1000万円という薬局もありますが、ごくわずかでした。

年収1000万円の薬剤師求人

 

管理薬剤師に残業代がきちんと払われる会社と、そうでない会社があります。残業代の有無によっても給料は大きく変わります。

あなたの薬局の管理薬剤師には残業代しっかり支払われていますか?

 

 

次は、一般薬剤師(正社員)です。

一般薬剤師(正社員)の給料(年収)

一般薬剤師の年収は350万円~650万円が多く、年収800万円という薬局もあります。

一般薬剤師の給料は主に年齢、調剤経験年数、その地域の薬剤師の需給によって大きく変わります。

薬剤師が不足している地方VS薬剤師が余り気味の都心部 どっちが得?

 

 

最後は、パート薬剤師です。

パート薬剤師の時給

パート薬剤師の時給は 1500円~2500円が相場です。

パート薬剤師で時給3000円という薬局もありました。

週1日、1日4時間から勤務可能という薬局もあります。勤務日数や勤務時間は相談に乗ってくれる薬局がほとんどです。

パート薬剤師の給料は主に、薬剤師の需給によって決まります。

パート薬剤師は求人票の時給で契約してはいけません。契約する前には給与交渉を。

 

慢性的な薬剤師不足の現在、薬剤師の給料は主に需給バランス(薬剤師不足か薬剤師過剰か)によって高くなるか安くなるかが決まってきます。

(今後は能力によって薬剤師の給料に差が付いてくるはずです。)

 

どんなに知識や能力がある薬剤師であっても、その地域に薬剤師が余っていれば当然のことながら年収は低く抑えられてしまいます。

逆に、薬剤師が不足している地域であれば高収入の薬局求人がたくさんあります。

 

高収入を求めるのであれば薬剤師が不足している地方を中心に探すと良いでしょう。

  • 薬剤師が不足しているのはどの地域なのか。
  • 同じ県内でもどの地域なら給与水準が高いのか。

 

こういう情報は薬剤師転職支援サイトのコンサルタントがたくさん持っています。全て無料なので積極的に活用しましょう。