調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由の一つとして、若い薬剤師が欲しいというものがあります。

調剤薬局を経営している会社からの視点で見てみます。

 

採用する側(人事)が薬剤師を中途採用する際に必ず考える、若い薬剤師とベテラン薬剤師のメリットデメリット

若い薬剤師(想定は調剤経験が無いまたは1~2年程度の20代薬剤師)

○勉強する意欲が高い(人が多い)、まだ素直、将来会社を担う人材になってくれる可能性が高い、給料が安い、体力があるので忙しい薬局でも対応できる、転勤に応じてくれる人が多い

×知識量がまだ少ない

ベテラン薬剤師(想定は40~60代薬剤師)

○知識が豊富、早いうちに管理薬剤師になってもらえそう、指導する側になってもらえそう

×給料が高い、忙しい薬局には使えない、転勤が難しくなる(特に既婚者)、(頑固、わがまま、勉強する意欲が低い:個人差あり)

 

ざっとあげてみるとこんな感じです。

調剤薬局の会社(チェーン)にとって一番の理想は新卒の採用のみで薬剤師を全てまかなうことです。

新卒の採用のみで薬剤師がまかなえれば中途採用のコストはゼロになるからです。また、初期からしっかりと教育をしていけば、将来その会社の中枢を担う人材に育つ確率が高くなります。

 

とはいっても実際は中途採用をしなければ薬剤師をまかなえない薬局がほとんどです。

 

私は調剤の経験が無いから・・・といって調剤薬局への転職をどうするか迷う必要はありません。

 

今回は採用する側から見た考えなので、転職を考えている薬剤師さんから見るとちょっと書き方がひねくれている部分もありますが、

調剤未経験の薬剤師だからこそあなたが欲しいという薬局があります。

 

ドラッグストアでいつも商品陳列や発注、在庫管理だけやっていてこれでいいのかと思っているあなた。

勉強する意欲が高くて素直なあなたなら、将来会社を担う人材になる可能性が高いのではないでしょうか。給料と転勤の可否については薬剤師の転職コンサルタントに希望を言って交渉してもらえばうまく行くと思います。

 

教育・研修システムがしっかり整った調剤薬局を探してもらい、転職を真剣に考えてみるのはいかがですか?

 

 

前の記事←調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由①薬剤師不足

今の記事=調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由②若い薬剤師が欲しい

次の記事⇒調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由③経験者は扱いづらい?