3.ハローワークで薬局の求人情報を探す

ハローワークに通って自分の希望の薬局の求人情報を探すという方法があります。

薬剤師を採用したい場合、多くの薬局はまず最初にハローワークに求人を出します。そして応募があった時に(パート薬剤師の場合はある程度の人数になったところで)面接を行い、採用するという流れになります。採用者が決まり次第、ハローワークの求人は取り下げます。

こんな薬剤師に向いています

近所の薬局で働きたい薬剤師、すぐにでも働き始めたい薬剤師、常勤ではなくパートで働きたいと考えている薬剤師

あなたがお住まいの地域の薬局を探す場合で、特に早く職場を決めたい場合はハローワークの求人情報が一番強いと思います。

注意点

自分が働きたいと思ったときに、条件を満たす求人があるかどうかはハローワークに行ってみないとわからない。

給与の交渉は難しい(求人情報に掲載された内容通りになる)。経験等で優遇となっていれば交渉できるがすべて自分で行わなくてはいけません。

効率性(時間と労力の少なさ) ★☆☆☆☆
転職先の見つけやすさ ★★☆☆☆
転職成功率 ★★★☆☆
給料アップ率 ★★☆☆☆
安全性(バレるリスクの低さ) ★★☆☆☆
合計 10ポイント

前←2.各薬局のホームページから求人情報を探してエントリーする

次→4.医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらう

薬剤師が転職先の調剤薬局を探す時に使う方法の一覧(まとめ)に戻る

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイト経由が最も効率的です。



薬剤師転職サイトへの登録が自分の理想の転職ができる近道です。