4.医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探す
もしくは卸さんに薬局を紹介してもらう

卸さんは直接その薬局に出入りしているため、そこではどういう薬剤師が働いているか、薬局雰囲気はどうか、忙しさはどんな感じかなどの「生の情報」を得ることが可能です。

さらに、卸さんは各薬局の支払い状況を把握しています。経営が危ない場合は、支払いサイトを短くするか、売掛金の額に制限をかける場合があります。

薬局の大まかな経営状態を把握していることも強みでしょう。

 

こんな薬剤師に向いています

今働いている薬局の近くで転職先を探そうと考えている薬剤師

 

注意点

紹介してくれた薬局が実はその卸が経営している、もしくは傘下の薬局という場合もあります。セールストーク(勧誘)には十分気を付けてください。

現在仕事をしていない薬剤師にとっては卸さんとの付き合いはないでしょうからこの方法は使えないでしょう。

効率性(時間と労力の少なさ) ★★★☆☆
転職先の見つけやすさ ★★☆☆☆
転職成功率 ★★☆☆☆
給料アップ率 ★★☆☆☆
安全性(バレるリスクの低さ) ★☆☆☆☆
合計 10ポイント

前←3.ハローワークで薬局の求人を探す

次→5.新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探す

薬剤師が転職先の調剤薬局を探す時に使う方法の一覧(まとめ)に戻る

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイト経由が最も効率的です。



薬剤師転職サイトへの登録が自分の理想の転職ができる近道です。