パート薬剤師として薬局で働きたいのですが、どうやって希望通りの薬局求人を探したらよいのでしょうか。パート薬剤師の正しい求人の探し方を教えてください。

薬剤師求人サイトからの紹介が最も効率的

パートで働きたい薬剤師が薬局の求人情報を得るにはどのような方法があるかまとめてみました。

当サイトで一番推奨するのは最後に述べるファルマスタッフなどの薬剤師求人サイトからの紹介なのですが、まずはそれ以外の方法を見て行きましょう。

各薬局のホームページから採用情報を探してエントリーする

この薬局で働きたい、このチェーン薬局で働きたいというのが明確であればこの方法が手っ取り早いでしょう。

注意点

WEBサイトはその会社(薬局)が作成しています。さすがに嘘は書かれていないでしょうが、表面上の情報しか得られない場合が多いので注意が必要です。

薬剤師の給与に関しては、「時給2,000円~」や「※経験及び当社規定により優遇」といった記載が多く、本当のところいくらもらえるのかが不明な場合が多いです。

エントリーすれば、連絡が来て面接という流れになると思いますが、勤務時間や曜日、その他時給の交渉は自ら行う必要があります。

ハローワークで薬局パートの求人を探す

ハローワークに行って薬局のパート求人を探すという方法があります。

薬剤師を採用したい場合、ハローワークに求人を出す薬局は少なくありません。家の近所の薬局で働きたい薬剤師には使える方法です。

注意点

自分が働きたいと思ったときに、条件を満たす求人があるかどうかはハローワークに行ってみないとわからないです。ハローワークへ行くのも大変という方もいるでしょう。

ハローワークの求人票にはパート薬剤師の勤務時間や時給の記載がありますが、それだけでは薬局の詳しい情報はわかりません。もちろんハローワークの職員も知らないでしょう。

また、給与の交渉は難しいです。求人票に掲載された内容の通りの契約になることがほとんどです。

薬剤師求人サイトからの紹介

効率的に自分の希望に近い薬局のパート求人を探すのであれば人の力を借りることです。

上の2つの方法のように自らが動くのではなくプロの力を借りてしまうのです。

例えばファルマスタッフのように薬剤師の求人が多数掲載されているサイトを利用します。

 

サイトに登録して勤務時間や出勤日、働きたい地域や家からの通勤時間・通勤手段などの希望を伝えると、その希望に合った求人を紹介してくれます。

担当者が職場の雰囲気や休みの取りやすさ、離職率などの気になる情報も事前にチェックして教えてくれるので、求人情報だけではわからない薬局の本当の姿がわかります。

時給の交渉や細かい勤務時間の調整など応募先に直接言いにくいことも、担当者が代わりに伝えてくれます。

育児が一段落してパート薬剤師で復帰したいがブランクがあるという薬剤師も心配ありません。ブランクがあっても大丈夫という薬局を紹介してくれます。

まずはファルマスタッフへ登録して求人情報を収集するところからスタートしてみてはいかがでしょうか。求職者は全て無料で利用できます。

とにかく時給が高い薬局のパート求人情報を探したいという場合も使えます。

パート薬剤師のメリットについても詳しく書かれているので、パートで働きたい薬剤師は一度目を通しておくと役に立つこと間違いありません。