薬剤師向け雑誌には薬局の求人広告が掲載されている場合があります。この情報をもとに転職先の薬局を探す方法もあります。

その広告の情報から転職先の薬局を探してもよいですが、注意点があります。

それはあくまでも広告だということ。当然良い事しか書かれていません。

薬剤師向け雑誌から転職先の薬局をさがすのであれば「求人広告」ではなく、各薬局の取り組みなどの紹介記事を参考にしましょう。

これは広告ではなく本当の内容です。

求人広告よりもそちらの情報のほうが転職先を探すうえでは参考になると思います。

こんな薬剤師に向いています

特になし。非効率的なのでお勧めしません。
この方法で転職する薬剤師はどのくらいいるのでしょうか。

注意点

自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率はゼロに等しいです。

この方法のみで転職先の薬局を探すことは大変非効率です。薬剤師の求人広告ではなく、薬局の紹介記事の方を活用しましょう。

効率性(時間と労力の少なさ) ★☆☆☆☆
転職先の見つけやすさ ★☆☆☆☆
転職成功率 ★☆☆☆☆
給料アップ率 ★☆☆☆☆
安全性(バレるリスクの低さ) ★★★★☆
合計 8ポイント

前←6.新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する

次→8.薬剤師転職支援サイトに登録して希望の薬局を紹介してもらう

薬剤師が転職先の調剤薬局を探す時に使う方法の一覧(まとめ)に戻る

薬剤師が転職するなら薬剤師転職サイト経由が最も効率的です。



薬剤師転職サイトへの登録が自分の理想の転職ができる近道です。