すぐにでも派遣薬剤師が欲しいという薬局がこの時期増えています。

新卒薬剤師が配属となった薬局では4月からの数ヶ月間、新人教育という新たな業務が発生しますのでかなりの時間を取られます。

薬剤師の配置人員が十分な薬局であれば新人教育に時間を取られても問題ないと思いますが、薬剤師不足の状態のところに新人薬剤師が配属されてきても忙しさが増すだけですね。

そのため4月5月は一時的に薬局の求人数が増増加します。

ただ、求人数は増えるのですが、どんな薬剤師でも良いから来てほしいというわけではありません。この時期欲しいのは即戦力の薬剤師。

いくら薬剤師不足といっても新人が配属された薬局で調剤未経験の人を入れる余裕はありません。1人の薬剤師の教育でも大変なのに、新人と未経験者の2人同時の教育となると業務が滞ってしまいます。

ここで即戦力の派遣薬剤師の価値が高まります。

派遣薬剤師なら高時給、充実した福利厚生、規則正しい勤務体系が確実です。

求人数が増える4月5月は特に好条件が出やすいため派遣薬剤師として働きたいと思っている薬剤師には大チャンスと言えます。

<派遣薬剤師関連記事>