2017年も間もなく終わります。

今年も1年間お疲れさまでした。

 

基準調剤加算算定のために定休日が無くなってしまった。

土曜日も半日開局することになった。

利益が出ないので派遣薬剤師をとめた。

 

などなど。

利益のために薬剤師の勤務時間が増えた、少人数で業務を回さざるを得なくなったという声が多く聞かれます。

 

世間ではプレミアムフライデーや働き方改革などと言っていますが、夕方から混雑する小児科や耳鼻科の近くの薬局では「はっ?」という感じでしょうし、残業を減らして早く帰りましょうと言われても患者さんが来るうちは帰れないし。

自分の裁量ではどうにもならないのが辛い所ですね。

 

2018年4月には調剤報酬改定があります。

薬価が大きく下がることから在庫を絞るよう指示が出ている薬局もあると思います。患者さんのためには欠品を避けなくてはいけないし。在庫担当の薬剤師や管理薬剤師には苦労が続くと思います。

 

薬局業界には暗い話が多いですが、健康に注意して頑張っていきましょう。

今年もありがとうございました。

来年も引き続きよろしくお願いいたします。

pharma-di 2017

 

 

 

2017年人気記事ランキング

  1. 派遣薬剤師は時給が高くて高収入。裏を返せば・・デメリットがたくさんあります。
  2. ブラック薬局の特徴と見分け方
  3. 大手調剤薬局チェーン 売上高ランキング(2016年3月期)
  4. 薬剤師の年収を比較する際に注意すべき5つのポイント
  5. 調剤薬局チェーン薬局数(店舗数)ランキング(2016-2017)
  6. 調剤薬局チェーンの紹介(1)アインファーマシーズ
  7. 調剤薬局チェーンの紹介(3)総合メディカル
  8. 病院内の薬局から薬を購入(小分け)することはできる?
  9. 調剤薬局チェーン 売上高ランキング(2015年3月期)
  10. 薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法