30代男性薬剤師の転職は注意が必要です。

30代男性薬剤師と言っても30歳から39歳まで(当たり前ですが)ですからひとくくりで述べるのは難しいですが、今回も中途薬剤師を採用する立場でお話ししたいと思います。

 

薬剤師の中途採用で応募があった時に、採用する側が見るべきポイントで重視するのは前職(経歴)と転職回数です。

女性と男性の場合では大きく異なりますので、ここでは男性薬剤師に限定します。

 

30代女性薬剤師が転職する場合も注意が必要ですが、理由がしっかりしていれば大きな問題になることは少ないと思います。女性薬剤師の方はこちらをご覧ください。

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職

 

敬遠されがちな30代男性薬剤師の職歴

1~2年ごとに転職して転々としている薬剤師

仕事をしていない期間が長い薬剤師

転職の理由が不明瞭

新卒から調剤薬局に勤めていたのに管理薬剤師の経験が無い

 

これは採用しないなという薬剤師の転職理由

薬局の人間関係が悪くて・・・

忙しすぎて・・・

もっと勉強できる環境に・・・

給料が安い

もっと休みが欲しい

 

面接で不利になる転職理由については男性薬剤師、女性薬剤師とも共通です。(⇒転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職

 

以前なら、「薬剤師なら誰でも良いから採用したい。」という状況でしたが、今は「良い薬剤師だったら採用したい。」に変わってきています。

 

「良い薬剤師」の「良い」の基準は薬局によって様々ですが、薬剤師なら誰でも採用されるという状況ではなくなったのは事実です。

 

でも採用してくれる薬局がゼロというわけではありません。

 

転職支援サイトや求人サイトを利用し、情報を広く深く集めることで不利と思われるような条件であっても転職の成功率が格段に高まります。

 

さきほど述べたような転職理由や職歴の人は特に薬剤師求人サイトの利用をおすすめします。

 

面接での細かいテクニック等はコンサルタントが教えてくれます。もし転職理由が採用する側からみて妥当でなかったとしても、伝え方によって採用側の印象は大きく変わることもあります。

このあたりの相談もコンサルタントとしっかりしておくと良いでしょう。

 

薬剤師転職支援サイトのコンサルタントを味方につければ、不利な条件でも転職成功の確率がアップ。