「不満とその解消法」の記事一覧

薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較

おすすめ記事 不満とその解消法 円満退職の方法 薬剤師転職サイト 調剤薬局M&A 転職しないで年収アップ 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師の転職メリットとデメリット。転職でその不満本当に解決する?薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較してから決めましょう。このページには薬剤師が職場で不満をもち、転職を考えるようになってから、転職をするべきかどうかの判断方法、転職をする際の流れについて記載してあります。

地域支援体制加算(旧基準調剤加算)算定のため薬局の営業日が増えて休みが取れなくなりました

不満とその解消法

地域支援体制加算を算定するために今まで休みだった平日も開局することになりました。薬局の定休日が日曜だけになってしまい、平日に休みが取れなくなりました。 もともと完全週休2日制だったのですが日曜日しか休めていません。 この […]

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。

かかりつけ薬剤師 不満とその解消法

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。どうしたらよいでしょうか?少人数のスタッフで働くことが多く、人間関係による不満は薬剤師の退職理由として少なくありません。まずは異動を願い出る、対応してくれなければ転職を検討するという流れが理想でしょう。

7.社員教育(薬剤師・事務)に力を入れている薬局かどうか

不満とその解消法 教育・研修システム 転職前の確認ポイント

薬剤師の教育研修システムが整っている薬局かどうかを確認してから転職を。「うちの薬局の教育研修ですが、お昼休みの時間を利用して製薬会社のMRを呼んで勉強会を開いています。お弁当も出ますよ!」これは研修ではなく単なるお薬紹介です。転職先の候補の薬局の教育研修システムがこの程度だったらすぐに候補から外しましょう。10年後に生き残っていられる薬局かどうかはかなり疑問です。集合研修でもe-ラーニングでも手段は問いませんが、体系的に学べる研修を開催している薬局を選ぶべきです。しっかり教育・研修を行っている薬局は今後も伸びていくはずです。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

不満とその解消法 薬剤師の採用 転職理由・動機
薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

薬剤師なんてもう辞めたい。こんな薬局辞めてやる!こんな病院でもう働けない。ドラッグストアなんて入るんじゃなかった・・・。 薬剤師を辞めたいというよりは今の職場を辞めたいということですよね。 薬剤師が転職を考えるきっかけと […]

4.薬局のコンプライアンスが守られ、CSRの取り組みが行われているか

コンプライアンス 不満とその解消法 転職前の確認ポイント

コンプライアンスとCSRへの取り組みから転職先の薬局を探す。転職先の薬局が、不正請求をしている・・そんな薬局で働きたいとはだれも思いませんし、そんな薬局に転職してしまったらまたすぐに転職したくなるでしょう。最近では、企業コンプライアンスとCSRの取り組みが大変重視されています。法令違反により、信頼を失い、倒産に至るケースもあります。私たちはCSRについてこのように考えていますよと公表している薬局であれば、少なくとも常識から外れた行動をしていることはないでしょう。正しいことをできる薬局に勤めて薬剤師の職能を発揮させたいと思う人はぜひ、この点を重視して転職活動を行ってください。

薬剤師の上司(管理薬剤師)が最悪でやってられません。薬局の薬剤師より

不満とその解消法 管理薬剤師 薬局の規模 雰囲気

薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。 少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。 薬局の雰 […]

薬局を辞める前に上司や同僚、同期の薬剤師にまずは相談を

不満とその解消法 転職

現在勤めている薬局に不満があり、転職を考えている薬剤師へ。仕事をやめようと考える前にまずは周りの人に相談を。上司に言いづらければ同僚や同期の仲間に。同じ会社でも薬局によって人間関係も違えば雰囲気も全く違うことだってあります。せっかく入社して仲間もできたのに、今いる薬局だけを見て嫌になって辞めてしまうのは大変もったいない。会社を辞めることはいろいろな面で損失となる場合があります。転職をすると多くの場合生涯賃金が低くなります。(よほど良い給与体系の薬局に転職できれば取り戻せますが。)転職ではなく、社内異動ならそのような損失は少なくとも回避できます。薬剤師のための転職ガイドと言っておきながら転職を薦めない内容となってしまいましたが、それだけ転職というものにはパワーを消費します。私も2回調剤薬局→調剤薬局の転職をしましたが、どちらも大変でした。今勤めている薬局はいい会社なので辞めるつもりはありません。転職したからこそ良い会社に入れたということかもしれませんが、軽い気持ちで転職するのはあまりおススメできません。いまの薬局が嫌で嫌で仕方が無いと考えている薬剤師さん。転職せずにすむ方法をまずは考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか?

薬剤師の賞与(ボーナス)の金額はどのくらい?薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

不満とその解消法 給料

薬剤師が転職をするにあたり、月収を比較するのはもちろんですがが年収に大きな差が出るポインとがこの賞与(ボーナス)です。いくらもらえるのかというよりは何を基に計算されるのか聞いておきたいところです。業績のみなのか、人事評価のみなのか業績+人事評価なのか。基本的には基本給×係数(たとえば3.0カ月分など)が賞与として支給されますから、基本給が異常に低く抑えられている場合は賞与額も少なくなってしまいます。月額給与が25万円の薬局を比較してみます。