「結婚・出産・育児」の記事一覧

女性薬剤師の約半数が出産と子育てを機に転職をしているという事実

未経験・ブランクあり 産休・育休取得実績のあり 結婚・出産・育児

2018年6月号の日経DIに「薬剤師の出産と子育て」という特集記事が載っていました。 薬剤師の女性比率は2016年時点の調査では61.2%(厚生労働省の医師・歯科医師・薬剤師調査)。 東京都の調査では都内の薬局に勤める薬 […]

薬剤師が託児所のある薬局・病院・ドラッグストアに転職する方法(正社員・派遣・パート)

結婚・出産・育児 託児所あり
託児所あり

薬剤師だって子供を保育園に入れにくいのは他の職業の方と同じです。保育園に入れず待機児童となってしまい、育児休暇からの復帰が遅れた薬剤師もいます。認可外保育施設に預けるのは経済的にも辛いものです。ここでは子供のいる薬剤師が転職する際に役に立ちそうな、託児所のある薬局・病院・ドラッグストアの求人を探す方法をまとめました。

産休・育休の取得実績のある薬局・ドラッグストア・病院の薬剤師求人を探す方法(正社員・パート)

産休・育休取得実績のあり 結婚・出産・育児
産休・育休取得実績あり

産休・育休の取得実績のある薬局・ドラッグストア・病院の薬剤師求人を探す方法(正社員・パート)のについて、派遣薬剤師の産休・育休の取得は可能?実績はある?そのあたりについてまとめました。

パート薬剤師(ママ薬剤師)におすすめの薬剤師転職サイト・求人サイト

結婚・出産・育児 薬剤師転職サイト比較
ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職支援・求人サイト

ママ薬剤師におすすめの薬剤師転職支援・求人サイトです。育児と仕事の両立には職場の理解が必須です。 パートや派遣で働きたい、ママ薬剤師おすすめ職場情報を知りたい、産休・育休の実績がある職場が良い、保育所完備の職場が良い、土 […]

育児短時間勤務の薬剤師と既存薬剤師間で摩擦が生じて雰囲気最悪です。

パート薬剤師 不満とその解消法 派遣薬剤師 結婚・出産・育児

短時間勤務制度とは、短時間勤務制度の充実により薬局で実際に起きた弊害、薬局内で時短勤務の社員と既存社員に摩擦が生じないようにする7つの方法、フルで働ける派遣薬剤師や、午後から閉局まで働けるパート薬剤師は重宝される

育児が一段落したママ薬剤師におすすめ ブランクあり歓迎の求人の探し方

パート薬剤師 結婚・出産・育児

育児が一段落したので職場復帰したい。子供がまだ小さいので正社員としてでは難しいからパートを希望。 けどブランクがあるので雇ってくれるところがあるのか心配です。 休んでいる間に新薬が出たり調剤報酬制度も変わっていたり・・・ […]

女性薬剤師にとって働きやすい薬局(職場)とは?薬局で良い会社はどこ?

人間関係 休日 勤務時間 産休・育休取得実績のあり 結婚・出産・育児 雰囲気

薬剤師にとって働きやすい薬局(職場)とは?薬局で良い会社はどこ?女性薬剤師が働きやすい薬局の条件と見つけ方。女性の薬剤師が働きやすい薬局であれば当然男性薬剤師にとっても働きやすい薬局であると言えます。

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職

結婚・出産・育児 転職理由・動機

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職薬剤師を採用する立場でお話しいたします。求職者の履歴書を見て、転職回数が多い場合、あれっ??と思うのは事実です。重要なのは転職の回数ではなく、その理由。面接の時にはその理由を絶対聞きます。転職理由が妥当な場合は回数が多いことはあまり気にしません。転職回数が多くても、過去の転職理由が妥当だと思う例(あくまでも採用する立場で):①勤めていた薬局が閉局⇒これは仕方のないこと。薬剤師本人にはどうしようもない部分です。②夫の転勤⇒女性が多い薬剤師。これも仕方のないことです。③結婚・出産・育児⇒②に近いですが、これも女性にとっては大切なことですから、妥当かと思います。④親の介護の都合⇒最近多いです。実家近くへの引越しに伴う転職。過去の転職理由としては良いですが、今回の転職理由だと急に休みが必要となることが多いかも、と少し心配になります。