「薬局の規模」の記事一覧

M&A(買収と合併)をする調剤薬局とされる調剤薬局 調べる3つの方法

薬局の規模 調剤薬局 調剤薬局M&A 転職前の確認ポイント

薬局業界は寡占化が進んでいません。転職先の薬局がM&Aをする側の薬局なのかされる側の薬局なのかをチェックする3つの方法を順番に説明していきます。調剤薬局の売上ランキング、M&A実績、業務提携・資本提携・親会社一覧。

薬剤師の転職失敗談 これをやると絶対に転職を失敗する必読8つの実例記事

ブラック薬局 小規模(個人)薬局 薬局の規模 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。当サイト運営者の転職失敗体験、個人経営もしくは小規模チェーンへの薬局への転職、年収が希望額以上というだけで転職先を決める、深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決める、実際に薬局へ足を運ばない。薬局見学をしない、配属予定ではない薬局しか見学しない、転職活動をしているうちに考えがぶれる(譲れない条件を譲った)、薬剤師が転職を失敗しないためには。こんな薬局への転職は「ダメ。ゼッタイ。」

薬剤師の転職と住宅ローンについて

薬局の規模

転職しようとしている薬剤師のあなた。将来の住宅ローンの事を考えたことがありますか?薬剤師が転職先の薬局を決めるときに考慮する条件項目ベスト7。転職するときに住宅ローンの審査の心配をする人はあまりいないでしょう。でもこれから一戸建てやマンションの購入を予定している人は注意が必要です。住宅ローンの審査項目には、借り入れ時の年齢や完済時の年齢、健康状態の他にも勤続年数、年収、勤務先の規模などがあります。勤続年数、年収、勤務先の規模は転職によって大きく変動する項目です。勤続年数が短かったり、勤務先の規模があまりにも小さいと借りられる額が同じ年収の人と比べて少なくなることもあります。また、個人経営の薬局で展開している薬局数が少ないと何かあった時に解雇の可能性が高まります。⇒個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップで転職先の薬局を決めずにさまざまな視点から薬局を選びましょう。

個人薬局に転職して大失敗した薬剤師Aさんの悲惨な話。

小規模(個人)薬局 薬局の規模

薬剤師の転職失敗例。個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップにつられて個人薬局に転職したものの、門前医療機関の閉院に伴い解雇に。住宅ローンを抱えながら転職をしたが、年収はダウン。勤務先の規模が小さすぎることは将来におけるリスクと言えます。転職先の薬局を決めるときには総合的に判断するように。

調剤薬局の売却やM&Aはそろそろピークか

薬局の規模 調剤薬局M&A

2014年4月には調剤報酬改定が行われます。医療財政が厳しいことに加え、国民に薬剤師の頑張りがうまく伝わっていないということもあり改定内容は厳しいものになると予想されています。消費税のアップと調剤報酬のマイナス改定により、調剤薬局の収益は相当厳しくなるでしょう。収益が悪化して赤字経営となれば、売却額は下がってしまいますので高い値が付いているうちに買ってもらおうという考えが働くことは間違いありません。大規模チェーン調剤薬局によるM&Aの動向をよく見ておく必要があります。

薬剤師の上司(管理薬剤師)が最悪でやってられません。薬局の薬剤師より

不満とその解消法 管理薬剤師 薬局の規模 雰囲気

薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。 少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。 薬局の雰 […]

薬剤師のあなたが勤める薬局は門前医療機関の先生と良い関係を作れていますか?

薬局の規模 門前医療機関

今現在、あなたが勤務している薬局は門前医療機関の先生や近隣の医療機関の先生との関係性はいかがでしょうか?うまくやっているでしょうか?調剤薬局の多くは医療機関の近く(隣や向かい)にある、いわゆる門前薬局と言ってもよいでしょう。その門前の先生と薬局との関係はどうでしょうか?マンツーマン薬局で多いのが、①薬局と医院の従業員で一緒に勉強会をしている。 ②週に1回もしくは月に1回など定期的に訪問している。忘年会or新年会を合同で行う。④特に何もしていない。こんな感じだと思います。もしも門前医療機関の先生との関係が悪い場合、最悪次のようなことが起きる可能性があります。万が一調剤過誤が起きてしまった時の対応がうまくいかない⇒患者さんに体調変化が見られた時など先生の協力が得られないと困ります。急に先生が院外処方を中止し、院内処方にしてしまう⇒調剤薬局チェーンなら、その薬局を閉めて他へ異動が可能ですが、1薬局のみ営業している個人薬局だと異動もできません。あなたが勤めている薬局もしくは転職先の候補に挙げている薬局は、門前医療機関の先生との関係性はどうでしょうか?この辺もしっかりと転職前にチェックしておいた方が良いと思います。もし、あなたが今後長く調剤薬局で仕事をしていこうと考えているのであれば、万が一のリスクに備えて複数薬局を経営している調剤薬局チェーンへの転職をおすすめいたします。

あなたの薬局は買収する側の薬局ですか?それともされる側ですか?

薬局の規模 調剤薬局M&A

その薬局はM&A買収する側?される側?薬剤師の転職失敗事例。最近では大手の調剤薬局チェーンが中小の調剤薬局チェーンを買収し、傘下に収めるM&Aの件数が増加しています。せっかく転職したのにも関わらず、転職先の薬局が転職元の薬局に買収されてしまい、結局同じ会社になってしまったという話もあります。あなたが今勤めている薬局は買収する側でしょうか?それともされる側でしょうか?小規模あるいは中規模のチェーン薬局の中には大手調剤チェーンがねらっている薬局もあります。買収される側の薬局に勤めているのと買収する側の薬局に勤めているのとでは、「今後」が大きく異なってきます。勤めている薬局が買収されたことによる薬剤師の不満よくある6つ:①薬局の就業規則が変わってしまった。②休みが取りづらくなった。③給料が下がった。④仕事の流れを無理やり変えられた。⑤転勤を強要された。⑥利益・収益に対して厳しくなった。買収される側の薬局につとめる薬剤師がもつ良くある不満6つを挙げてみましたが、薬局の買収や合併は水面下で話が進むもの。転職先の薬局が買収されるかどうかはほとんどわかりません。あなたが転職して入ろうとしている薬局は買収する側ですか?それともされる側ですか?買収されて変えられてしまうリスクを考えてみてください。今後ますます薬局の買収・合併が進むことが予想されています。もし、あなたが今転職を考えているのであれば、今のうちにある程度規模が大きい調剤チェーン(もちろん条件の良いところ)に転職するのも良いかもしれません。