注目

「薬局の規模」の記事一覧

M&A(買収と合併)をする調剤薬局とされる調剤薬局 調べる手段3つ

薬局業界は寡占化が進んでいません。薬局は全国に5万軒以上あるにも関わらず、売上1位のアインホールディングスでさえ薬局数は1000店に届いていないのです。

今後さらに合併が進みコンビニのようにいくつかのグループにまとまるのか。それともこのまま推移するのか。

調剤報酬は改定毎に厳しくなり、また薬剤師の採用が大変になるなど規模を追う事も必要となっていています。

当サイトでは今後薬局業界はM&A(合併と買収)が加速すると想定しています。

 

せっかく転職しても別の調剤チェーンに吸収されてしまっては転職した意味がないなんてことにもなりかねません。

そういったことを避けるためにも自分が今後転職する薬局はM&Aをする側なのかされる側なのかを見ておく必要があるでしょう。

 

M&Aをする側の薬局なのかされる側の薬局なのかを調べる3つの方法を順番に説明していきます。

薬剤師がこれをすると絶対転職を失敗する・・・ 必読8つの実例記事

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。

薬剤師の転職と住宅ローンについて

転職しようとしている薬剤師のあなた。将来の住宅ローンの事を考えたことがありますか?

 

薬剤師が転職先の薬局を決めるときに考慮する条件項目ベスト7

  1. 年収
  2. 休日、有給休暇の取りやすさ
  3. 残業が少ない(定時で帰れる)
  4. 仕事内容(忙しすぎない等)
  5. 通勤時間、距離
  6. 研修が充実している
  7. 人間関係がいい

 

転職するときに住宅ローンの審査の心配をする人はあまりいないでしょう。

でもこれから一戸建てやマンションの購入を予定している人は注意が必要です。

 

住宅ローンの審査項目には、借り入れ時の年齢や完済時の年齢、健康状態の他にも勤続年数、年収、勤務先の規模などがあります。

 

勤続年数、年収、勤務先の規模は転職によって大きく変動する項目です。

 

勤続年数が短かったり、勤務先の規模があまりにも小さいと借りられる額が同じ年収の人と比べて少なくなることもあります。

 

また、個人経営の薬局で展開している薬局数が少ないと何かあった時に解雇の可能性が高まります。

個人薬局に転職して大失敗した薬剤師Aさんの悲惨な話

 

目先の年収アップで転職先の薬局を決めずにさまざまな視点から薬局を選びましょう。

長く勤められる薬局をしっかりと選ぶことが重要です。

個人薬局に転職して大失敗した薬剤師Aさんの悲惨な話。

薬剤師のAさん。

東京の薬科大学を卒業後、チェーンの調剤薬局に入社。東北地方の薬局に配属。

 

2年勤務した後、近隣の個人薬局に高額な年収を提示されて転職。

新卒で入社した調剤薬局チェーンよりも年収が100万円もアップしたそうです。

 

その後結婚し、子供ができたことをきっかけに一戸建てを購入。

3000万円の住宅ローンを組みました。

 

その3か月後。

 

門前医療機関の先生が体調を崩し休診に。そのまま閉めてしまいました。

 

勤務していた薬局は集中率90%を超えるほどその医療機関からの処方せんに頼っていたため、一気に経営が悪化しました。

 

耐えきれずそのすぐ後に薬局も閉めてしまいました。

 

Aさんは当然解雇。

 

住宅ローンを抱え、育児も大変でお金が必要なのに、急に無職になってしまったのです。

 

幸い東北地方は薬剤師がまだ不足していますから次の職場はすぐに見つかりました。

が、転職により年収はダウンしてしまいました。

 

最初の転職時に相場よりもかなり高額な年収を提示されており、同水準での転職は無理だったそうです。

もう転職はこりごりだと言っていました。

 

 

経営状況や規模もしっかり見極めてから転職をしないと大変な目に合ってしまいます。

複数薬局を経営していれば異動・転勤で済みましたが1薬局のみ経営だとどうしようもありません。規模の小ささはリスクと言えます。

 

転職するときには薬剤師転職支援サイトのコンサルタントを入れるなどして、目先の年収アップだけにとらわれることなく総合的に判断することが大切です。

 

その他の薬剤師の転職失敗事例

薬剤師がこれをすると絶対転職を失敗する・・・必読8つの実例

 

 

薬剤師転職支援サイトを利用する前にこちらもご覧ください

調剤薬局の売却やM&Aはそろそろピークか

2014年4月には調剤報酬改定が行われます。

医療財政が厳しいことに加え、国民に薬剤師の頑張りがうまく伝わっていないということもあり改定内容は厳しいものになると予想されています。

薬剤師の上司(管理薬剤師)が最悪でやってられません。薬局の薬剤師より

薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。

少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。

薬局の雰囲気を決定づける大きな要因は、薬局の責任者(管理薬剤師)か、もっとも年配の薬剤師(まれに事務)であることがほとんどです。

薬剤師のあなたが勤める薬局は門前医療機関の先生と良い関係を作れていますか?

今現在、あなたが勤務している薬局は門前医療機関の先生や近隣の医療機関の先生との関係性はいかがでしょうか?うまくやっているでしょうか?

 

調剤薬局の多くは医療機関の近く(隣や向かい)にある、いわゆる門前薬局と言ってもよいでしょう。

その門前の先生と薬局との関係はどうでしょうか?

 

マンツーマン薬局で多いのが、

①薬局と医院の従業員で一緒に勉強会をしている。
②週に1回もしくは月に1回など定期的に訪問している。
③忘年会or新年会を合同で行う。
④特に何もしていない。

 

こんな感じだと思います。

 

もしも門前医療機関の先生との関係が悪い場合、最悪次のようなことが起きる可能性があります。

あなたの薬局は買収する側の薬局ですか?それともされる側ですか?

最近では大手の調剤薬局チェーンが中小の調剤薬局チェーンを買収し、傘下に収めるM&Aの件数が増加しています。

せっかく転職したのにも関わらず、転職先の薬局が転職元の薬局に買収されてしまい、結局同じ会社になってしまった・・・(←実際の話です。)

本人にとってはとても辛いことですが、ここまでくると笑うしかありません。

 

あなたが今勤めている薬局は買収する側でしょうか?それともされる側でしょうか?

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ

このページの先頭へ