「転職先の探し方」の記事一覧

薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較

おすすめ記事 不満とその解消法 円満退職の方法 薬剤師転職サイト 調剤薬局M&A 転職しないで年収アップ 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師の転職メリットとデメリット。転職でその不満本当に解決する?薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較してから決めましょう。このページには薬剤師が職場で不満をもち、転職を考えるようになってから、転職をするべきかどうかの判断方法、転職をする際の流れについて記載してあります。

薬剤師の転職失敗談 これをやると絶対に転職を失敗する必読8つの実例記事

ブラック薬局 小規模(個人)薬局 薬局の規模 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。当サイト運営者の転職失敗体験、個人経営もしくは小規模チェーンへの薬局への転職、年収が希望額以上というだけで転職先を決める、深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決める、実際に薬局へ足を運ばない。薬局見学をしない、配属予定ではない薬局しか見学しない、転職活動をしているうちに考えがぶれる(譲れない条件を譲った)、薬剤師が転職を失敗しないためには。こんな薬局への転職は「ダメ。ゼッタイ。」

薬剤師の転職スケジュール 12月開始のメリットデメリット

転職の時期 転職先の探し方

薬剤師が転職活動を12月に開始するメリットとデメリットについてまとめました。薬局の繁忙期直前には採用活動が活発化します。需給の関係から好条件の案件が期待できますが、12月開始では遅い可能性があります。エムスリーキャリアとリクナビで転職活動を同時進行させる手段。

薬剤師の転職活動は仕事を辞めてから?それとも仕事を続けながら?

転職先の探し方

薬剤師の転職活動は仕事を辞めてからするべきか。それとも仕事を続けながらするべきか。薬剤師が転職をする場合、転職先の薬局はすぐに見つかることが多いこと、薬剤師転職支援サイトの活用により効率的に時間をかけずに希望の転職先を探せる可能性が高いことから仕事を続けながら転職活動をすることを勧めます。

薬剤師転職サイトを利用するメリットとデメリットとは

薬剤師転職サイト 転職先の探し方

薬剤師転職サイトを利用するメリット、利用するデメリット、利用しないデメリットについてまとめました。薬剤師転職支援サイトを利用することはデメリットを大きく上回るメリットがあります。転職を失敗しないためにも薬剤師転職サイトを活用することをオススメします。

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

転職先の探し方

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い。給料や年収に交渉の余地も。薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。薬局の採用部門ではこんなときどうするか。エムスリーキャリアやリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。

病院薬剤部から調剤薬局への転職 疑義照会で薬局のレベルがわかります

転職先の探し方

病院薬剤部の薬剤師が調剤薬局へ転職するときに参考にした情報について。どうしてこんなことを聞いてくるのかというような理解に苦しむ疑義照会をしてくる薬局もあるとのこと。その薬局の同系列の他の店舗でもだいたい同じような感じなのだそうです。病院薬剤部勤務の薬剤師が近隣の薬局への転職を検討しているのであれば、疑義照会の内容をよくチェックしてみて下さい。

薬剤師が転職を成功させるために絶対に踏むべき正しい手順(流れ)

円満退職の方法 目次 薬剤師転職サイト 転職先の探し方
薬剤師転職の流れ

薬剤師が良い薬局へ転職する際に重要な正しい転職方法の手順(流れ)です。この手順に沿って行けばスムーズな転職活動が可能となります。転職を考えている薬剤師なら一度確認しておきましょう。順番を間違えると転職失敗の可能性が高まってしまいます。

転職を考えている薬剤師限定 在宅をやっている薬局の探し方4つ

在宅あり 転職先の探し方
在宅をやっている薬局

在宅をやりたい薬剤師向け。在宅をやっている薬局を探して転職する方法。転職先の薬局の条件として在宅医療を実施している薬局を上げる薬剤師が増えてきました。入院を短期化させてなるべく在宅でという流れですから当然のことでしょう。在宅をやっている薬局はまだ少数です。在宅をやっている薬局に転職したい場合、どのように探せばよいのでしょうか?

本当の薬剤師転職サイトの選び方 転職を成功させたい薬剤師必見

薬剤師転職サイト 転職先の探し方

薬剤師転職サイトの本当の選び方のポイントをまとめました。薬局・病院・ドラッグストアへの転職に強い薬剤師転職サイトの探し方、正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師の雇用形態別に強みのある薬剤師転職サイトの選び方が書かれています。

薬剤師転職サイトに登録して希望の薬局を紹介してもらう

転職先の探し方

薬剤師転職サイトに登録後、どんな薬局で働きたいのか、希望年収、勤務時間、勤務地などの要望を伝えると、希望に合った薬局を紹介してくれます。希望通りの職場がない場合でも求人が出た時点ですぐに紹介してもらうことが可能です。一番大変であろう「給与の交渉」などもすべて転職支援コンサルタントが代理で行ってくれます。残業の有無や有給の取りやすさなど、聞きづらいけど絶対に確認しておかなくてはいけないことは転職支援コンサルタントにすべてまかせれば安心です。こんな薬剤師に向いています。給料を今よりも上げたいと思っている薬剤師、転職に失敗したくない薬剤師、働く場所にはこだわりたい薬剤師、給与の交渉など苦手だと思っている薬剤師。注意点:自分の希望通りの薬局がすぐにみつかるとは限りません。転職しようかどうか迷っているのであれば早めに登録しておきましょう。条件の良い求人情報はすぐに採用者が決まってしまいます。早いうちから動いておくことが転職を成功する秘訣です。薬剤師転職支援サイトへの登録は下記のリンクから。1か所につき約30秒ほどで登録が完了します。登録はすべて無料。情報提供時や転職後に費用請求されることは一切ありません。求職者の薬剤師は全てが無料です。

新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する

転職先の探し方

6.新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する。新聞の広告欄にはごくまれに薬局の求人情報が掲載されていることがあります。この情報をもとに転職活動をする方法です。こんな薬剤師に向いています:特になし。注意点:自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率はゼロに等しいです。 この方法だけで転職先の薬局を探すことはほぼ無理でしょう。

新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探す

転職先の探し方

5.新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探す。日曜日の新聞折り込みにはその地域の求人情報が入ると思います。その中で薬局の求人情報を探して転職する方法です。こんな薬剤師に向いています。近所の薬局で働きたいと思っている薬剤師。注意点:自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率は低いです。また、求人情報だけでは情報が少なすぎるため、詳細は面接時に自分で確認しなくてはいけません。給与の交渉等すべて自分で行う必要があります。

医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探す

転職先の探し方

医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらって転職先の薬局を探すもしくは卸さんに薬局を紹介してもらう。卸さんは直接その薬局に出入りしているため、そこではどういう薬剤師が働いているか、薬局雰囲気はどうか、忙しさはどんな感じかなどの「生の情報」を得ることが可能です。さらに、卸さんは各薬局の支払い状況を把握しています。経営が危ない場合は、支払いサイトを短くするか、売掛金の額に制限をかける場合があります。薬局の大まかな経営状態を把握していることも強みでしょう。こんな薬剤師に向いています:今働いている薬局の近くで転職先を探そうと考えている薬剤師。注意点:紹介してくれた薬局が実はその卸が経営している、もしくは傘下の薬局という場合もあります。セールストーク(勧誘)には十分気を付けてください。現在仕事をしていない薬剤師にとっては卸さんとの付き合いはないでしょうからこの方法は使えないでしょう。

ハローワークで薬剤師の求人情報を探す

転職先の探し方

3.ハローワークで薬局の求人情報を探す。ハローワークに通って自分の希望の薬局の求人情報を探すという方法があります。薬剤師を採用したい場合、多くの薬局はまず最初にハローワークに求人を出します。そして応募があった時に(パート薬剤師の場合はある程度の人数になったところで)面接を行い、採用するという流れになります。採用者が決まり次第、ハローワークの求人は取り下げます。こんな薬剤師に向いています:近所の薬局で働きたい薬剤師、すぐにでも働き始めたい薬剤師、常勤ではなくパートで働きたいと考えている薬剤師。あなたがお住まいの地域の薬局を探す場合で、特に早く職場を決めたい場合はハローワークの求人情報が一番強いと思います。注意点:自分が働きたいと思ったときに、条件を満たす求人があるかどうかはハローワークに行ってみないとわからない。給与の交渉は難しい(求人情報に掲載された内容通りになる)。経験等で優遇となっていれば交渉できるがすべて自分で行わなくてはいけません。