「コンプライアンス」の記事一覧

使用期限が切れた薬を使っている、使ってしまう薬局って?

コンプライアンス

医薬品の管理がずさんな薬局は、調剤ミスも多いはず。患者さんに期限切れの医薬品を渡してしまわぬよう、期限切れによる廃棄をなるべく出さないようにするためにも在庫管理をしっかりと行わなければなりません。錠剤棚の薬の使用期限とLotはわかるようになっていますか?

事務スタッフ(一般従事者)が薬剤師の管理、指導の下で一般用医薬品を販売している?

コンプライアンス

要指導医薬品、第1類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品の販売方法のまとめ。相談や指導、販売については、要指導医薬品、第1類医薬品は薬剤師のみ。第2類医薬品と第3類医薬品は薬剤師または登録販売者が対応可能です。薬剤師の管理及び指導の下で登録販売者や一般従事者に販売させることはできません。但し、代金の清算や商品の袋詰めなどの作業を一般従事者が行うことについては問題ありません。

薬局が調剤拒否できる正当な理由薬局とは

コンプライアンス

薬局が調剤拒否できる正当な理由薬局とは。薬剤師法第 21 条 調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあった場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。薬局が調剤拒否できる正当な理由薬局とは業務運営ガイドライン(H5.4.30 薬発第 408 号 薬務局長通知)ア 処方せんの内容に疑義があるが処方医師(又は医療機関)に連絡がつかず、疑義照会できない場合。但し、当該処方せんの患者がその薬局の近隣の患者の場合は処方せんを預かり、後刻処方医師に疑義照会して調剤すること。イ 冠婚葬祭、急病等で薬剤師が不在の場合。ウ 患者の症状等から早急に調剤薬を交付する必要があるが、医薬品の調達に時間を要する場合。但し、この場合は即時調剤可能な薬局を責任をもって紹介することエ 災害、事故等により、物理的に調剤が不可能な場合となっています。

患者へ後発医薬品の意向を聞かずに勝手に変えるもしくは変えない薬局

コンプライアンス

保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(第8条第3項)保険薬剤師は、処方せんに記載された医薬品に係る後発医薬品が次条に規定する厚生労働大臣の定める医薬品である場合であって、当該処方せんを発行した保険医等が後発医薬品への変更を認めているときは、患者に対して、後発医薬品に関する説明を適切に行わなければならない。この場合において、保険薬剤師は、後発医薬品を調剤するよう努めなければならない。

勤務している薬局の常識 本当は非常識かもしれませんよ チェック1

コンプライアンス

勤務している薬局の常識 本当は非常識かもしれませんよチェック。患者さんの意向を確認せず後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変えて調剤する、在庫を置きたくないから後発医薬品への変更は行わない、在庫が無い場合は取り寄せや小分けなどせずに調剤拒否、薬が足りなくなったら門前の病院薬局から薬を購入する、事務スタッフが一般用医薬品の販売や服薬指導をしている 、期限が切れた薬でも使ってしまう、病院の待合室まで薬を配達する、門前病院の職員の薬代は割り引く、処方せん枚数に応じて門前医院にリベートを払っている。

転職先の薬局の薬歴記載状況は確認しましたか?

コンプライアンス 勤務時間 転職前の確認ポイント

ツルハホールディングスの薬の福太郎やイオン系列のハックドラッグが運営する薬局において大量の未記入薬歴(薬剤服用歴)が存在していることが発覚しました。服薬指導において最も重要な薬歴が未記入の状態で大量に放置されていることははっきり問題外です。どのような理由で未記入薬歴が溜まってしまったのかはわかりませんが、おそらく「薬歴を記入する時間がなかった」もしくは「与えられなかった」のでしょう。とはいえ、保険請求している以上薬歴未記入はあり得ませんよね。患者の安全を守るためにも記録は必須です。転職先の薬局がこんな状態であったとしたら・・・。転職する薬局の薬歴記載状況もしっかり確認しておく必要がありますね。

4.薬局のコンプライアンスが守られ、CSRの取り組みが行われているか

コンプライアンス 不満とその解消法 転職前の確認ポイント

コンプライアンスとCSRへの取り組みから転職先の薬局を探す。転職先の薬局が、不正請求をしている・・そんな薬局で働きたいとはだれも思いませんし、そんな薬局に転職してしまったらまたすぐに転職したくなるでしょう。最近では、企業コンプライアンスとCSRの取り組みが大変重視されています。法令違反により、信頼を失い、倒産に至るケースもあります。私たちはCSRについてこのように考えていますよと公表している薬局であれば、少なくとも常識から外れた行動をしていることはないでしょう。正しいことをできる薬局に勤めて薬剤師の職能を発揮させたいと思う人はぜひ、この点を重視して転職活動を行ってください。

あなたの薬局の管理薬剤師には残業代しっかり支払われていますか?

コンプライアンス

薬局の管理薬剤師は残業代もらえない?大部分の管理薬剤師は残業代をもらえる要件を満たしていると考えられます。薬局によっては管理薬剤師=店長として、薬の管理以外にも薬局の運営業務を行っている方も少なくは無いと思います。労働基準法上の「管理監督者」に係る判断基準からみて、十分な権限もなく、相応の待遇等も与えられていないと判断される場合には、薬局の管理薬剤師は「管理監督者」には当たらないため、残業代が支払われるべきということです。役職名だけで判断するものではないということです。2008年には日本マクドナルドの残業訴訟では、店長の労働実態では管理監督者の条件を満たしておらず、残業代の支払い義務があるとされました。あなたが勤めるの会社(薬局)の管理薬剤師には残業代は支払われていますか?経営陣の順法意識は高いですか?転職してからそんなこと知らなかったと言っても後の祭り。次の薬局を決める前に細かいこともしっかり確認しておきましょう。ただ、面接ではこういった問題は聞きづらいでしょうから、コンサルタントに確認してもらうのが手っ取り早いと思います。