「休日」の記事一覧

薬剤師の長時間労働について(残業・休日出勤・夜勤他)

休日 勤務時間 年収 転職しないで年収アップ

薬剤師の長時間労働。残業代等の手当が増えるというメリットはありますがデメリットの大きさは計り知れません。ワークライフバランスの悪化は健康を損なうことにつながります。勉強しない薬剤師の評価は下がる一方。昇給や賞与も低くなります。

薬剤師の転職理由ランキングベスト5とその理由を聞いた面接官の本音

ブラック薬局 ランキング 人間関係 休日 勤務時間 転職理由・動機 雰囲気 面接

薬剤師の転職理由ランキング「面接官として聞いた薬剤師の本音」。管理薬剤師が面接官として聞いた転職理由をランキング形式でまとめてみました。転職理由を聞いて面接官がどう感じたかも書いてあります。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

女性薬剤師にとって働きやすい薬局(職場)とは?薬局で良い会社はどこ?

人間関係 休日 勤務時間 産休・育休取得実績有 結婚・出産・育児 雰囲気

薬剤師にとって働きやすい薬局(職場)とは?薬局で良い会社はどこ?女性薬剤師が働きやすい薬局の条件と見つけ方。女性の薬剤師が働きやすい薬局であれば当然男性薬剤師にとっても働きやすい薬局であると言えます。

正社員で週休3日の調剤薬局に転職したいと考えている薬剤師さんへ。

休日 正社員薬剤師

希望の薬局をお探しの薬剤師、または転職活動中の薬剤師さんへ。週休3日の薬局に勤務するということを考えたことはありますか?転職を決める前には必ず確認しておくポイントとして薬局の休日を挙げました。大部分の薬局は週休2日制もしくは完全週休2日制となっています。中には4週6休という薬局もあります。ちなみに、私が勤めている薬局は完全週休2日制(休みは日・祝日と他1日)です。そんななか、週休3日という薬局もあります。週休3日とは、文字通り週7日のうち4日だけ働き、あとの3日は休みということです。このような薬剤師を募集している薬局は少ないですが、確実に存在します。今までにあった薬剤師求人内容の例:休みが(日曜、祝日、他2日)で、1日10時間勤務の週40時間勤務の薬局、休みが(日曜、祝日、他1日、半休2回)で週40時間勤務の薬局。どちらも薬剤師正社員です。募集している薬局によって勤務形態は異なりますが、週休3日なら、自分の時間を有意義に使えそうです。転職先の薬局を探す時には少しわがままになって週休3日の調剤薬局を探してみるのはいかがでしょうか?