「年収」の記事一覧

薬剤師の長時間労働について(残業・休日出勤・夜勤他)

休日 勤務時間 年収 転職しないで年収アップ

薬剤師の長時間労働。残業代等の手当が増えるというメリットはありますがデメリットの大きさは計り知れません。ワークライフバランスの悪化は健康を損なうことにつながります。勉強しない薬剤師の評価は下がる一方。昇給や賞与も低くなります。

平成27年3月 薬剤師の職業別初任給額

年収 新卒薬剤師 給料

平成27年3月に薬系大学を卒業した学生の就職先とその初任給額の調査結果より、調剤薬局、病院、製薬会社、ドラッグストアの初任給額を比較しました。 初任給で30万円以上欲しいなら選択肢はドラッグストアか薬局のみ。生涯賃金で選ぶなら製薬会社。総合的な知識・技能を習得するなら薬局か病院。

ハーブやアロマに力を入れている薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさんの話

年収 教育・研修システム 漢方あり 雰囲気 面接

病院薬剤師からハーブやアロマに力を入れている調剤薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさん(20代)の話。なぜその転職は大失敗だったのでしょうか?転職失敗を避ける秘訣は?薬剤師転職支援サイトを利用して薬剤師転職支援のコンサルタントの助言を受けていたにも関わらず、当初の希望条件の無かったものを重視して転職先の薬局を決めてしまったことが失敗の大きな原因です。

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?

勤務時間 年収

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?どちらの薬剤師の年収(給料)が高いのかは変わってきますが、同年代の薬剤師間の給料を比較してみるとその結果は概ね「人事評価制度」によって決まります。長期的に見れば最終的に給料が高くなるのは結果を出している薬剤師です。

薬剤師の求人情報の見方 転職後の本当の年収はいくらか

年収 給料

薬剤師の求人情報の見方 本当の年収はいくらでしょうか?薬剤師求人情報内の年収欄の記載例年収400万円~600万円(※経験・能力による)、年収400万円~600万円(応相談)、年収400万円~、年収600万円以上可、~650万円。ある地域の調剤薬局の一般薬剤師(正社員)の求人情報の年収欄を抜粋してみました。薬局薬剤師の実際の年収は求人情報だけではわからない。転職を希望する薬剤師の経験年数・能力がわからなければ、会社側も「あなたには年収○○○万円出します」とは当然のことながら言えません。

薬剤師転職支援サイトに登録されている年収700万円以上の求人数を比較

年収

薬剤師年収700万円以上の求人情報数。薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド調べ。薬剤師年収900万円の求人情報に比べて約50倍、薬剤師の年収800万円の求人情報と比べても約4倍の求人情報数となっていました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収700万円はかなり現実的です。

薬剤師年収800万円の求人案件ならもっとあります

年収

薬剤師年収800万円の求人案件。年収900万円に比べて約10倍の求人情報がありました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収800万円は可能です。けっこうあるものですね。非公開の求人案件を加えればこれ以上です。非公開の求人案件は登録することによりコンサルタントから直接得られます。

薬剤師の年収を比較する際に注意すべき5つのポイント

年収

薬剤師の年収を比較する際に注意すべき5つのポイント。他業種の薬剤師の年収と比較しない、その年収は手取り年収か総支給額か確認を、金額に現れない部分をしっかり見る、その1年間だけの年収で比較しない、自らの薬剤師としての能力の低さを棚に上げて比較しない,

求人から見る薬剤師の給料(年収)比較(管理薬剤師・一般薬剤師・パート薬剤師)

年収 正社員薬剤師 管理薬剤師 給料 調剤薬局

転職支援サイトに掲載されている薬局求人情報から管理薬剤師、一般薬剤師、パート薬剤師の給料をそれぞれ調査してみました。管理薬剤師(正社員)の年収は概ね500万円~800万円。管理薬剤師の給料は経験と能力によって大きく変わります。薬剤師の需給によっても給料は変わります。管理薬剤師には医薬品管理だけでなく、人材育成や経営の知識も求められます。中には年収900万円や1000万円という薬局もありますが、ごくわずかでした。一般薬剤師(正社員)の年収は350万円~650万円が多く、年収800万円という薬局もありました。一般薬剤師の給料は主に年齢、調剤経験年数、その地域の薬剤師の需給によって大きく変わります。パート薬剤師の時給は1500円~2500円が相場です。中にはパート薬剤師の時給3000円という薬局もありました。週1日、1日4時間から勤務可能という薬局もあります。勤務日数や勤務時間は相談に乗ってくれる薬局がほとんどです。パート薬剤師の給料は主に、薬剤師の需給によって決まります。慢性的な薬剤師不足の現在、薬剤師の給料は主に需給バランス(薬剤師不足か薬剤師過剰か)によって高くなるか安くなるかが決まってきます。(今後は能力によって薬剤師の給料に差が付いてくるはずです。)どんなに知識や能力がある薬剤師であっても、その地域に薬剤師が余っていれば当然のことながら年収は低く抑えられてしまいます。逆に、薬剤師が不足している地域であれば高収入の薬局求人がたくさんあります。高収入を求めるのであれば薬剤師が不足している地方を中心に探すと良いでしょう。

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法

年収

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法。年収1000万円が可能な薬剤師求人とは。調剤経験や前職給与を考慮ってどういうこと。年収1000万円には給与交渉が必須。薬剤師の年収1000万以上可能な調剤薬局の求人は今ならまだあります。薬剤師が年収1000万円に近づくための4つの方法。