「教育・研修システム」の記事一覧

ハーブやアロマに力を入れている薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさんの話

年収 教育・研修システム 漢方あり 雰囲気 面接

病院薬剤師からハーブやアロマに力を入れている調剤薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさん(20代)の話。なぜその転職は大失敗だったのでしょうか?転職失敗を避ける秘訣は?薬剤師転職支援サイトを利用して薬剤師転職支援のコンサルタントの助言を受けていたにも関わらず、当初の希望条件の無かったものを重視して転職先の薬局を決めてしまったことが失敗の大きな原因です。

7.社員教育(薬剤師・事務)に力を入れている薬局かどうか

不満とその解消法 教育・研修システム 転職前の確認ポイント

薬剤師の教育研修システムが整っている薬局かどうかを確認してから転職を。「うちの薬局の教育研修ですが、お昼休みの時間を利用して製薬会社のMRを呼んで勉強会を開いています。お弁当も出ますよ!」これは研修ではなく単なるお薬紹介です。転職先の候補の薬局の教育研修システムがこの程度だったらすぐに候補から外しましょう。10年後に生き残っていられる薬局かどうかはかなり疑問です。集合研修でもe-ラーニングでも手段は問いませんが、体系的に学べる研修を開催している薬局を選ぶべきです。しっかり教育・研修を行っている薬局は今後も伸びていくはずです。

将来性のある薬局かどうかを見極める7つのポイント(その薬局で10年後も働けますか?)

教育・研修システム 目次 転職理由・動機

薬剤師が転職前にチェックすべき10年後も働ける薬局かどうかを見極める7つのポイント。後悔しない転職先の薬局の探し方ガイドです。転職活動をしている薬剤師は「今」の給料や休みで比較検討しているかもしれません。大事なのは長期間働けるかどうか。そこを見極めるポイントを7つ公開します。

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由③経験者は扱いづらい?

教育・研修システム 薬剤師の採用

過去に採用した調剤経験ありの薬剤師が大変扱いづらかったため、よほどの人材で無い限り今後は新卒か調剤未経験者しか採用しないという薬局もあります。調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用される理由のひとつです。薬剤師バブルが終焉したというのに今もなお、勘違い薬剤師っています(印象ではだいぶ減ってきましたけど。)あなたの薬局にもこんな薬剤師はいませんか?こんな薬剤師は要らない:管理薬剤師でもないのになぜか調剤室内を仕切っている薬剤師。会社の方針にいちいち文句を言う薬剤師。上司の言うことを絶対聞かない薬剤師。自分の思い通りに事が進まないとイライラしてまわりに八つ当たりする薬剤師。患者さんに対して常に上から目線の薬剤師。医師ではないのに何かと診断したがる薬剤師。間違いは全て人のせいにする薬剤師。難しい処方内容から逃げる薬剤師。患者さんを選ぶ薬剤師。コミニュケーションが取れない薬剤師。全く勉強しない薬剤師などなど・・・。いくら知識が豊富でも上記のような薬剤師だったらはっきり言って採用しません。とは言っても、面接で見抜ければの話ですが・・・。まだ知識が少なくても、医療従事者としての心構えがしっかりしている素直な調剤未経験薬剤師を採用し、一から教育して育てた方が後々良い人財になる確率が高いと私は思います。調剤未経験でも、もう一度最初から勉強して薬局で働きませんか?

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由②若い薬剤師が欲しい

教育・研修システム 薬剤師の採用

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由の一つとして、若い薬剤師が欲しいというものがあります。 調剤薬局を経営している会社からの視点で見てみます。   採用する側(人事)が薬剤師を中途採用する際に必ず […]

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由①薬剤師不足

教育・研修システム

調剤薬局では薬剤師を採用する際の条件として、薬剤師の求人票には「要薬剤師免許」とだけ書かれている場合がほとんどです。調剤経験の年数は給与決定に考慮されますが、調剤経験の無い薬剤師でも採用拒否の理由にはならないことがほとんどです。(薬剤師が過剰になってくれば状況は変わるかもしれません。)調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用をする理由を挙げてみました。①薬剤師の人手不足:処方せん発行医療機関数には以前のような伸びはありませんが、薬局の新規開局をどんどん進めている薬局チェーンでは当然薬剤師が必要となります。また、ドラッグストアが調剤併設店舗を増やしていることも薬剤師不足の要因となっています。薬科大が無い地方では、以前から慢性的な薬剤師不足の状態が続いています。調剤薬局の業務内容は処方せん調剤やOTC販売だけではありません。最近では在宅に力を入れている薬局が増えてきています。今後ますます薬剤師は在宅医療に関わっていくことでしょう。現状として、処方せん調剤だけで手一杯の薬局で在宅医療を始めるとどうしても薬剤師の人手が足りません。在宅医療への参加によって薬剤師が慢性的な不足状態となっている薬局が増加傾向にあります。このような理由で薬剤師不足になっている薬局では、調剤経験の無い薬剤師でも積極的に採用しようとしているのです。調剤経験が無い薬剤師さんが転職先を決める際には、教育・研修システムがしっかりしている会社の薬局かどうかをしっかり確認してください。教育・研修システムが整っていない会社だと、薬局に配属してすぐに調剤・投薬をするように投げ出されてしまいます。

調剤薬局の薬剤師教育・研修システム 転職活動ではしっかりチェックを!!

教育・研修システム

勉強できる薬局で働きたいと言う薬剤師が少なく無いそうです。様々な診療科の処方せんを受けている薬局に勤務すれば勉強になると安易に考えがちですが、勉強をするかしないかは自分次第。小さな薬局でも門前以外の医療機関から処方せんを受けているはずですから、薬局の規模やどの診療科の処方せんが多いかで転職先の薬局を決めるのはあまりおススメできません。勉強して得た知識を患者さんのために役立てるのが薬剤師の仕事です。勉強するのが目的ではありません。とは言っても、会社に教育研修システムが全くないというのも問題です。どのような教育研修システムが構築されているのかを確認しておきましょう。