「転職前の確認ポイント」の記事一覧(2 / 4ページ目)

薬局が調剤拒否できる正当な理由薬局とは

コンプライアンス

薬局が調剤拒否できる正当な理由薬局とは。薬剤師法第 21 条 調剤に従事する薬剤師は、調剤の求めがあった場合には、正当な理由がなければ、これを拒んではならない。薬局が調剤拒否できる正当な理由薬局とは業務運営ガイドライン(H5.4.30 薬発第 408 号 薬務局長通知)ア 処方せんの内容に疑義があるが処方医師(又は医療機関)に連絡がつかず、疑義照会できない場合。但し、当該処方せんの患者がその薬局の近隣の患者の場合は処方せんを預かり、後刻処方医師に疑義照会して調剤すること。イ 冠婚葬祭、急病等で薬剤師が不在の場合。ウ 患者の症状等から早急に調剤薬を交付する必要があるが、医薬品の調達に時間を要する場合。但し、この場合は即時調剤可能な薬局を責任をもって紹介することエ 災害、事故等により、物理的に調剤が不可能な場合となっています。

患者へ後発医薬品の意向を聞かずに勝手に変えるもしくは変えない薬局

コンプライアンス

保険薬局及び保険薬剤師療養担当規則(第8条第3項)保険薬剤師は、処方せんに記載された医薬品に係る後発医薬品が次条に規定する厚生労働大臣の定める医薬品である場合であって、当該処方せんを発行した保険医等が後発医薬品への変更を認めているときは、患者に対して、後発医薬品に関する説明を適切に行わなければならない。この場合において、保険薬剤師は、後発医薬品を調剤するよう努めなければならない。

勤務している薬局の常識 本当は非常識かもしれませんよ チェック1

コンプライアンス

勤務している薬局の常識 本当は非常識かもしれませんよチェック。患者さんの意向を確認せず後発医薬品(ジェネリック医薬品)に変えて調剤する、在庫を置きたくないから後発医薬品への変更は行わない、在庫が無い場合は取り寄せや小分けなどせずに調剤拒否、薬が足りなくなったら門前の病院薬局から薬を購入する、事務スタッフが一般用医薬品の販売や服薬指導をしている 、期限が切れた薬でも使ってしまう、病院の待合室まで薬を配達する、門前病院の職員の薬代は割り引く、処方せん枚数に応じて門前医院にリベートを払っている。

今後転職するなら「かかりつけ薬局」じゃないと先が見えなくなります

かかりつけ薬局 転職前の確認ポイント

残薬の削減、服薬指導の充実、24時間調剤応需、在宅業務への取り組み、ジェネリック医薬品の推進などにしっかり取り組んでいる薬局は調剤報酬で評価されます。今後薬局の収益に差がついてくることは間違いありません。立地の良さだけで大量の処方せんを確保する薬局の経営は悪化していくことでしょう。現在転職先の薬局を探している薬剤師は多くの人の「かかりつけ薬局」になっているかどうかを考慮して転職先を探しましょう。

転職先の薬局の薬歴記載状況は確認しましたか?

コンプライアンス 勤務時間 転職前の確認ポイント

ツルハホールディングスの薬の福太郎やイオン系列のハックドラッグが運営する薬局において大量の未記入薬歴(薬剤服用歴)が存在していることが発覚しました。服薬指導において最も重要な薬歴が未記入の状態で大量に放置されていることははっきり問題外です。どのような理由で未記入薬歴が溜まってしまったのかはわかりませんが、おそらく「薬歴を記入する時間がなかった」もしくは「与えられなかった」のでしょう。とはいえ、保険請求している以上薬歴未記入はあり得ませんよね。患者の安全を守るためにも記録は必須です。転職先の薬局がこんな状態であったとしたら・・・。転職する薬局の薬歴記載状況もしっかり確認しておく必要がありますね。

薬剤師の転職理由ランキングベスト5とその理由を聞いた面接官の本音

ブラック薬局 人間関係 休日 勤務時間 転職理由・動機 雰囲気 面接

薬剤師の転職理由ランキング「面接官として聞いた薬剤師の本音」。管理薬剤師が面接官として聞いた転職理由をランキング形式でまとめてみました。転職理由を聞いて面接官がどう感じたかも書いてあります。

7.社員教育(薬剤師・事務)に力を入れている薬局かどうか

不満とその解消法 教育・研修システム 転職前の確認ポイント

薬剤師の教育研修システムが整っている薬局かどうかを確認してから転職を。「うちの薬局の教育研修ですが、お昼休みの時間を利用して製薬会社のMRを呼んで勉強会を開いています。お弁当も出ますよ!」これは研修ではなく単なるお薬紹介です。転職先の候補の薬局の教育研修システムがこの程度だったらすぐに候補から外しましょう。10年後に生き残っていられる薬局かどうかはかなり疑問です。集合研修でもe-ラーニングでも手段は問いませんが、体系的に学べる研修を開催している薬局を選ぶべきです。しっかり教育・研修を行っている薬局は今後も伸びていくはずです。

6.在宅に積極的に取り組んでいるかどうか

転職前の確認ポイント

10年後も存続している薬局とは。在宅に積極的に取り組んでいなければ存続の可能性は低いでしょう。平成26年の調剤報酬改定では基準調剤加算2の算定には在宅の実施が必須となりました。この流れを見れば、次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1にも在宅実施の要件が入ってくることが考えられます。

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?

勤務時間 年収

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?どちらの薬剤師の年収(給料)が高いのかは変わってきますが、同年代の薬剤師間の給料を比較してみるとその結果は概ね「人事評価制度」によって決まります。長期的に見れば最終的に給料が高くなるのは結果を出している薬剤師です。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

ブラック薬局の特徴と見分け方

ブラック薬局 転職前の確認ポイント

ブラック薬局の特徴と見分け方。あなたが勤める薬局は「ブラック薬局」ではないでしょうか?調剤薬局の業界にもいわゆるブラック薬局は存在しています。ブラック薬局とはどんな薬局?長時間労働が常態化している、休日出勤が常態化している、週休が取れない(就業規則通りではない、休憩時間が十分に取れない(8時間以上の勤務であれば休憩時間を1時間以上与えなければなりません。)、サービス残業させられる、タイムカードを押してから仕事をするよう強要される、みなし残業代として給料に含まれているので、何時間残業しても残業代が一定、重い売上ノルマが課せられている(OTCや自社開発品の売上など)、セクハラ、パワハラ、薬剤師へのいじめ、事務へのいじめ、薬剤師の3年離職率が異常に高い(薬剤師の場合、女性が多いので結婚や出産を機に退職することが多いですからその点を引いて考えなければなりません。)、無資格者による調剤、薬事法などに違反している、調剤報酬を不正に請求している、社員に健康診断を受けさせていない、賃金未払いがある、社員の給料が安いのに社長や会長の報酬がやたらと高い。

薬剤師の勤務シフト

勤務時間

薬局薬剤師の勤務時間はシフト制であるところが大部分です。残業をしなくて済むようなシフトが組まれていれば残業せずに済みますが、遅く出勤して遅く帰るというシフトも当然あります。あくまでもシフト通りの勤務ということになります。

薬局内の業務量と薬剤師の人数

勤務時間

閉局時間を延長することがほとんど無い薬局の場合、薬剤師の勤務終了時間を決める要因は薬局内の業務量と薬剤師の人数で決まってきます。薬局内の業務量が少なく、薬剤師の人数が多ければ薬剤師1人当たりの業務量は少なくなりますから、残業せずに帰れる可能性が高まります。但し、薬剤師の頭数はそろっていてもあまり仕事をしない薬剤師がいたり、仕事を押し付けてくる薬剤師がいるとだめですが。逆に、薬局内の業務量が多く、薬剤師の人数が少なければ薬剤師1人当たりの業務量は多くなりますので、必然的に残業時間が増えます。残業の内訳で多い業務内容は薬歴記載です。薬を患者さんにお渡し後にすぐ薬歴を記載できれば残業とはなりませんが、開局時間内に薬歴を記載できない場合は閉局後に残業して薬歴を記載することになります。

門前医療機関の診察終了時間

勤務時間 門前医療機関

門前医療機関の規模や種類、診療科によって薬局の閉局時間は大きく変わってきます。門前医療機関の種類と薬局の閉局時間(帰宅時間)の関係。大病院の門前薬局、開業医の門前薬局、午後の受付終了間際に混雑する医療機関の診療科

調剤薬局薬剤師の勤務終了時間と残業

勤務時間 門前医療機関

なるべく残業が少なくて、定時で帰れる薬局で働きたいと考えている薬剤師も多いのではないでしょうか。薬局の開局時間は「届出した通り」でなければなりません。では薬局に勤務する薬剤師の勤務時間は何によって決まってくるのでしょうか?薬局薬剤師の勤務終了時間(帰宅時間)を決める要因、薬局薬剤師の勤務終了時間(帰宅時間)を決める要因は主に次の3つです。門前医療機関の診察終了時間、薬局内業務の量と薬剤師の人数、薬剤師の勤務シフト。

薬剤師の求人情報の見方 転職後の本当の年収はいくらか

年収 給料

薬剤師の求人情報の見方 本当の年収はいくらでしょうか?薬剤師求人情報内の年収欄の記載例年収400万円~600万円(※経験・能力による)、年収400万円~600万円(応相談)、年収400万円~、年収600万円以上可、~650万円。ある地域の調剤薬局の一般薬剤師(正社員)の求人情報の年収欄を抜粋してみました。薬局薬剤師の実際の年収は求人情報だけではわからない。転職を希望する薬剤師の経験年数・能力がわからなければ、会社側も「あなたには年収○○○万円出します」とは当然のことながら言えません。