「給料」の記事一覧

薬剤師初任給比較 ドラッグストア編

ドラッグストア 給料
薬剤師初任給比較

新卒薬剤師の初任給比較のドラッグストア版です。ドラッグストアの薬剤師初任給は調剤薬局の薬剤師初任給と比べて相当高額となっています。初任給比較ドラッグストア一覧:ウェルシア薬局、ツルハドラッグ、マツモトキヨシ、コスモス薬品、スギ薬局、サンドラッグ、ココカラファイン、カワチ薬品、クリエイト薬局、クスリのアオキ。

薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン

ランキング 新卒薬剤師 給料
薬剤師初任給比較

新卒薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン版です。概ね初任給は250,000円~350,000円程度。どこの地域に働くかによって支給される額が変わる「地域手当」の金額差によるところが大きいです。薬剤師が不足している地方や、交通の便が悪くて人気が無く薬剤師の配置が難しい地域は「地域手当」が高額になる傾向があります。またそういった地方へ配属される場合は住宅手当の支給とは別に借り上げ社宅制度が使え、住宅費を大幅に削減することも可能で大変お得です。 ※初任給=基本給ではありませんのでご注意ください。また手取り金額でもありません。※相場よりも大幅に基本給が安く、薬剤師手当が高い場合、基本給を基に計算される賞与や昇給額を安く抑えられてしまうこともあり注意が必要です。

平成27年3月 薬剤師の職業別初任給額

年収 新卒薬剤師 給料

平成27年3月に薬系大学を卒業した学生の就職先とその初任給額の調査結果より、調剤薬局、病院、製薬会社、ドラッグストアの初任給額を比較しました。 初任給で30万円以上欲しいなら選択肢はドラッグストアか薬局のみ。生涯賃金で選ぶなら製薬会社。総合的な知識・技能を習得するなら薬局か病院。

薬剤師の求人情報の見方 転職後の本当の年収はいくらか

年収 給料

薬剤師の求人情報の見方 本当の年収はいくらでしょうか?薬剤師求人情報内の年収欄の記載例年収400万円~600万円(※経験・能力による)、年収400万円~600万円(応相談)、年収400万円~、年収600万円以上可、~650万円。ある地域の調剤薬局の一般薬剤師(正社員)の求人情報の年収欄を抜粋してみました。薬局薬剤師の実際の年収は求人情報だけではわからない。転職を希望する薬剤師の経験年数・能力がわからなければ、会社側も「あなたには年収○○○万円出します」とは当然のことながら言えません。

薬剤師が貰える手当にはどの様なものがありますか?

給料

調剤薬局の薬剤師の給料は以下の諸手当で構成されています。基本給、薬剤師手当、資格手当、職能手当、役職手当、管理薬剤師手当、通勤手当、地域手当、寒冷地手当、時間外手当、残業手当、住宅手当、借り上げ社宅制度、家族手当など。転職後の薬剤師の給料はどのくらいになるのかを計算するときにはこれらの額を十分に比較検討してみてください。

求人から見る薬剤師の給料(年収)比較(管理薬剤師・一般薬剤師・パート薬剤師)

年収 正社員薬剤師 管理薬剤師 給料 調剤薬局

転職支援サイトに掲載されている薬局求人情報から管理薬剤師、一般薬剤師、パート薬剤師の給料をそれぞれ調査してみました。管理薬剤師(正社員)の年収は概ね500万円~800万円。管理薬剤師の給料は経験と能力によって大きく変わります。薬剤師の需給によっても給料は変わります。管理薬剤師には医薬品管理だけでなく、人材育成や経営の知識も求められます。中には年収900万円や1000万円という薬局もありますが、ごくわずかでした。一般薬剤師(正社員)の年収は350万円~650万円が多く、年収800万円という薬局もありました。一般薬剤師の給料は主に年齢、調剤経験年数、その地域の薬剤師の需給によって大きく変わります。パート薬剤師の時給は1500円~2500円が相場です。中にはパート薬剤師の時給3000円という薬局もありました。週1日、1日4時間から勤務可能という薬局もあります。勤務日数や勤務時間は相談に乗ってくれる薬局がほとんどです。パート薬剤師の給料は主に、薬剤師の需給によって決まります。慢性的な薬剤師不足の現在、薬剤師の給料は主に需給バランス(薬剤師不足か薬剤師過剰か)によって高くなるか安くなるかが決まってきます。(今後は能力によって薬剤師の給料に差が付いてくるはずです。)どんなに知識や能力がある薬剤師であっても、その地域に薬剤師が余っていれば当然のことながら年収は低く抑えられてしまいます。逆に、薬剤師が不足している地域であれば高収入の薬局求人がたくさんあります。高収入を求めるのであれば薬剤師が不足している地方を中心に探すと良いでしょう。

薬剤師が不足している地方VS薬剤師が余り気味の都心部 どっちが得?

借り上げ社宅制度 給料

転職活動で薬局を探している時、働く場所を第一に考える場合が少なくありませんね。様々な理由があると思います。もし、働く場所(地域)にこだわりが無いのであればぜひ地方都市の薬局をおすすめします。都心ではなく、地方をすすめる理由はいろいろあります。薬剤師が転職をする際、地方の調剤薬局の方がお得な理由①薬剤師の給与が高い:薬剤師が不足している地方都市は、当然薬剤師が欲しい薬局が多いため、提示される給与額が都心部よりも高くなります。また、都会から地方へ人を動かしたいと思っている会社には地方手当が付くこともあります。②借り上げ社宅制度が使えることが多い:地方都市には近隣に薬科大が無いことが多く、薬剤師免許を持った人自体が都市部に比べて多くありません。そのためには都市部から人を引っ張ってくる必要があります。その薬局で働くためには引越しが伴いますから、住居を用意してくれる薬局がほとんどです。③通勤時間が短い(基本は車通勤):②の借り上げ社宅に関連しますが、基本的には薬局から近いところに家を借りますので通勤にかかる時間が都会に比べて少なく済みます。電車やバスの通勤ラッシュもありません。マイカー通勤も可能です。④お金が貯まる:給与が高くて、さらに家賃がほとんどかからない所に住めば当然お金が貯まります。

薬剤師の転職 その転職、本当に年収アップしますか?昇給額・昇給率のはなし

給料

薬剤師の転職 その転職、本当に年収アップしますか?昇給額・昇給率のはなし。転職を考える時、提示される年収(給与)も大事ですが、その後の昇給額・昇給率まで考えたことはありますか?。例えば、Aチェーン薬局に新卒で入社、調剤経験3年で現在の年収が400万円の薬剤師(非管理薬剤師)が転職を考えていたとします。求人を探していたところ、うちは年収600万円出しますというB薬局がみつかりました。 休日や残業の有無など、条件はなかなか良さそうです。年収にして200万円のアップ!!でも、このB薬局に転職した場合、本当に年収アップとなるでしょうか?

薬剤師の年収比較 調剤薬局の薬剤師の年収(給与)は平均いくら??

給料

特に2~3年目の薬剤師の方は、いろいろ転職を含めて今後のことを一度考える時期が来ます。(実際私もそうでした。)。チェーンの調剤薬局に入って2年目(非管理薬剤師)の月収は約27万円。手取り額は約20万円でした。年収にするとボーナスを含めて約380万円。この薬局(会社)に入って本当によかったのだろうか?同期の友人(MR)の給料を聞くとがっかりする。。。この後本当に給料は上がっていくのだろうか?他のチェーン薬局の給料ってどんな感じなのだろう???いろいろな疑問が頭をよぎります。とはいってもなかなか友達にいくらもらっているのかは聞けないもの。そんな時は募集している求人広告から推測することも可能です。薬剤師の転職支援サイトに登録しておけば、給与の見積もり(概算)を出してもらうことも可能です。特に薬剤師の不足している地方では、現在の給与+αを確約してくれるところもありました。現在では徐々に薬剤師は充足しつつありますので、早めに手を打っておきましょう。登録から転職終了まで、すべて費用はかかりません。また、転職を強要されることもありません。始めのうちは、まずはとりあえず登録だけしておいて、良いなと思った薬局だけ話を聞くというスタンスがよいと思います。

管理薬剤師募集 年収700万円完全週休2日制 残業なし 社宅付

管理薬剤師 給料

調剤薬局求人募集 管理薬剤師 年収700万円 完全週休2日制 残業なし 社宅付。転職活動中のあなたが、注意すべき最大のポイント。それは、この薬局の年収700万円は残業代込なのか、そうではないのか。残業なし=管理薬剤師は管理者だから残業代はつかないという薬局もあります。表示の年収が650万円で残業代がしっかりつくチェーン薬局と、年収700万円で残業が全くつかない薬局では手取りに差が付くことになります。管理薬剤師でも残業代がつくのか、それともつかないのか。転職活動の中でしっかり確認しておく必要があります。細かいことを全て聞くのは大変ですから薬剤師転職支援サイトに登録しておくのが良いと思います。

薬剤師が転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何?

人間関係 給料
薬剤師の転職活動 何を基準にするか

薬剤師のあなたが転職を考えるきっかけとなった出来事・要因は何でしょうか?薬局の人間関係が良くない。薬局の給料(給与)が安い。休みが無い・少ない(取れない)。先が見えない・・・。例えば、薬局の人間関係が良くないが理由だった場合、チェーンの薬局に勤めている場合であれば、転職ではなく、まずは異動を希望するべきだと思います。私も経験がありますが、転職ははっきり言って大変です。自分は何を最も重視するかをしっかりと定め、転職支援の力を借りるのが薬剤師の転職において成功する重要なポイントだと考えます。

薬剤師の賞与(ボーナス)の金額はどのくらい?薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

不満とその解消法 給料

薬剤師が転職をするにあたり、月収を比較するのはもちろんですがが年収に大きな差が出るポインとがこの賞与(ボーナス)です。いくらもらえるのかというよりは何を基に計算されるのか聞いておきたいところです。業績のみなのか、人事評価のみなのか業績+人事評価なのか。基本的には基本給×係数(たとえば3.0カ月分など)が賞与として支給されますから、基本給が異常に低く抑えられている場合は賞与額も少なくなってしまいます。月額給与が25万円の薬局を比較してみます。

給料について 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

給料

転職時に一番気になるのは給料がいくらになるのかだと思います。年収はいくらもらえるのか。どういう計算方法で給料がきまるのか・・など、給料ひとつとっても転職を決める前には確認すべきポイントがたくさんあります。ここからは、薬剤師が転職に成功するために必要な給料についてのチェックポイントを挙げていきます。