「勤務時間」の記事一覧

薬剤師の長時間労働について(残業・休日出勤・夜勤他)

休日 勤務時間 年収 転職しないで年収アップ

薬剤師の長時間労働。残業代等の手当が増えるというメリットはありますがデメリットの大きさは計り知れません。ワークライフバランスの悪化は健康を損なうことにつながります。勉強しない薬剤師の評価は下がる一方。昇給や賞与も低くなります。

転職先の薬局の薬歴記載状況は確認しましたか?

コンプライアンス 勤務時間 転職前の確認ポイント

ツルハホールディングスの薬の福太郎やイオン系列のハックドラッグが運営する薬局において大量の未記入薬歴(薬剤服用歴)が存在していることが発覚しました。服薬指導において最も重要な薬歴が未記入の状態で大量に放置されていることははっきり問題外です。どのような理由で未記入薬歴が溜まってしまったのかはわかりませんが、おそらく「薬歴を記入する時間がなかった」もしくは「与えられなかった」のでしょう。とはいえ、保険請求している以上薬歴未記入はあり得ませんよね。患者の安全を守るためにも記録は必須です。転職先の薬局がこんな状態であったとしたら・・・。転職する薬局の薬歴記載状況もしっかり確認しておく必要がありますね。

薬剤師の転職理由ランキングベスト5とその理由を聞いた面接官の本音

ブラック薬局 ランキング 人間関係 休日 勤務時間 転職理由・動機 雰囲気 面接

薬剤師の転職理由ランキング「面接官として聞いた薬剤師の本音」。管理薬剤師が面接官として聞いた転職理由をランキング形式でまとめてみました。転職理由を聞いて面接官がどう感じたかも書いてあります。

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?

勤務時間 年収

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?どちらの薬剤師の年収(給料)が高いのかは変わってきますが、同年代の薬剤師間の給料を比較してみるとその結果は概ね「人事評価制度」によって決まります。長期的に見れば最終的に給料が高くなるのは結果を出している薬剤師です。

薬剤師の勤務シフト

勤務時間

薬局薬剤師の勤務時間はシフト制であるところが大部分です。残業をしなくて済むようなシフトが組まれていれば残業せずに済みますが、遅く出勤して遅く帰るというシフトも当然あります。あくまでもシフト通りの勤務ということになります。

薬局内の業務量と薬剤師の人数

勤務時間

閉局時間を延長することがほとんど無い薬局の場合、薬剤師の勤務終了時間を決める要因は薬局内の業務量と薬剤師の人数で決まってきます。薬局内の業務量が少なく、薬剤師の人数が多ければ薬剤師1人当たりの業務量は少なくなりますから、残業せずに帰れる可能性が高まります。但し、薬剤師の頭数はそろっていてもあまり仕事をしない薬剤師がいたり、仕事を押し付けてくる薬剤師がいるとだめですが。逆に、薬局内の業務量が多く、薬剤師の人数が少なければ薬剤師1人当たりの業務量は多くなりますので、必然的に残業時間が増えます。残業の内訳で多い業務内容は薬歴記載です。薬を患者さんにお渡し後にすぐ薬歴を記載できれば残業とはなりませんが、開局時間内に薬歴を記載できない場合は閉局後に残業して薬歴を記載することになります。

調剤薬局薬剤師の勤務終了時間と残業

勤務時間 門前医療機関

なるべく残業が少なくて、定時で帰れる薬局で働きたいと考えている薬剤師も多いのではないでしょうか。薬局の開局時間は「届出した通り」でなければなりません。では薬局に勤務する薬剤師の勤務時間は何によって決まってくるのでしょうか?薬局薬剤師の勤務終了時間(帰宅時間)を決める要因、薬局薬剤師の勤務終了時間(帰宅時間)を決める要因は主に次の3つです。門前医療機関の診察終了時間、薬局内業務の量と薬剤師の人数、薬剤師の勤務シフト。

女性薬剤師にとって働きやすい薬局(職場)とは?薬局で良い会社はどこ?

人間関係 休日 勤務時間 産休・育休取得実績有 結婚・出産・育児 雰囲気

薬剤師にとって働きやすい薬局(職場)とは?薬局で良い会社はどこ?女性薬剤師が働きやすい薬局の条件と見つけ方。女性の薬剤師が働きやすい薬局であれば当然男性薬剤師にとっても働きやすい薬局であると言えます。

薬剤師の残業時間 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

勤務時間

これから勤務する薬局の残業時間が毎月平均してどれくらいあるのかもチェックしておきたいところです。レセプト残業のように決まった期間(月初)だけなのか、毎日恒常的に残業が発生する勤務状況なのかをチェックしておきましょう。薬局の薬剤師が残業する大きな要因は主に2つあります。1つは、薬歴の記入。2つ目は勤務時間内も患者さんが来局し続けていて忙しく、帰れない場合。人員が豊富な薬局ではシフト通りに帰れるかもしれませんが、人材不足の場合は残らざるを得ません。平均残業時間だけでなく、残業の発生要因を確認しておきましょう。

薬局の勤務時間 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

不満とその解消法 勤務時間

1日8時間勤務といっても様々あります。薬局の営業時間は門前医療機関の診療時間に合わせている事が多いので門前医療機関の診療時間を確認しておくとよいでしょう。小児科や耳鼻科の門前薬局では一般的に夕方から混雑する場合が多く、冬から春にかけては薬局の営業時間中に勤務が終わらず残業が増えることが予想されます。1日8時間勤務といってもいろいろあります。具体的な拘束時間を確認してください。