注目

「勤務時間」の記事一覧

プレミアムフライデーと薬局薬剤師

平成29年2月24日(金曜日)からプレミアムフライデーというものが実施されます。薬局の薬剤師もこの制度の恩恵を受けることができるでしょうか?

薬剤師の長時間労働について(残業・休日出勤・夜勤他)

薬剤師が収入を増やす一番簡単な方法は単純に勤務時間を延ばすことですが、この方法はあまりすすめられません。

転職先の薬局の薬歴記載状況は確認しましたか?

最近ではツルハホールディングスの薬の福太郎やイオン系列のハックドラッグが運営する薬局において大量の未記入薬歴(薬剤服用歴)が存在していることが発覚しました。

服薬指導において最も重要な薬歴が未記入の状態で大量に放置されていることははっきり問題外です。

上記2社がどのような理由で未記入薬歴が溜まってしまったのかはわかりませんが、おそらく「薬歴を記入する時間がなかった」もしくは「与えられなかった」のでしょう。

  • 売上ノルマが厳しくて他の仕事をしなければならない
  • 人手が足りないので薬歴を書いている暇がない
  • 残業するなと言われているので、その日に薬歴を記載できない

この辺が原因でしょうか。

とはいえ、保険請求している以上薬歴未記入はあり得ませんよね。患者の安全を守るためにも記録は必須です。

転職先の薬局がこんな状態であったとしたら・・・。

転職する薬局の薬歴記載状況もしっかり確認しておく必要がありますね。

残業時間については確認するようこのサイトでも書きましたが、残業の中身についても注意が必要です。

でもまさか大量の未記入薬歴が放置されている薬局があるなんて。本当に驚きました。

個人で転職活動中の薬剤師は薬歴記載状況も念のため確認しておきましょう。

薬剤師転職支援サイトを通じて転職活動をしている薬剤師はコンサルタントに薬歴記載状況聞いてみると良いでしょう。

薬剤師の転職理由ランキングベスト5とその理由を聞いた面接官の本音

管理薬剤師の私が面接官として面接の場で実際に聞いた薬剤師の転職理由を多い順にランキングにしてみました。転職を考えている薬剤師の多くに当てはまるのではないでしょうか。

では5位から発表していきます。

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?

仕事が早くて定時で帰る薬剤師。

能力が低くて仕事が遅くダラダラと仕事をして残業している薬剤師。

給料が高いのはどちらでしょうか?

薬剤師の勤務シフト

薬局薬剤師の勤務時間はシフト制であるところが大部分です。残業をしなくて済むようなシフトが組まれていれば残業せずに済みますが、遅く出勤して遅く帰るというシフトも当然あります。あくまでもシフト通りの勤務ということになります。

薬局内の業務量と薬剤師の人数

閉局時間を延長することがほとんど無い薬局の場合、薬剤師の勤務終了時間を決める要因は薬局内の業務量と薬剤師の人数で決まってきます。

門前医療機関の診察終了時間

多くの薬局の営業時間は門前医療機関の診療時間によって決めています。

ただし、薬局の営業時間は決まっていても、門前医療機関の規模や種類、診療科によって薬局の営業終了時間(閉局時間)は大きく変わってきます。いわゆる門前薬局の場合、通常は最後の患者さんが薬をもらいに来るまで薬局は開けて待っていなくてはいけません。

では門前医療機関の規模や診療科によって薬局の営業時間どの様に影響を受けるのかを見ていきましょう。

調剤薬局薬剤師の勤務終了時間と残業

今回は調剤薬局に勤める薬剤師の勤務時間についての話です。

なるべく残業が少なくて、定時で帰れる薬局で働きたいと考えている薬剤師も多いのではないでしょうか。

女性薬剤師にとって働きやすい薬局(職場)とは?薬局で良い会社はどこ?

薬局で良い会社はどこですか?転職を考えている薬剤師からよくある質問です。

良い薬局はどこ?薬剤師にとって働きやすい薬局(職場)、良い薬局とは何でしょうか。

薬剤師の残業時間 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

これから勤務する薬局の残業時間が毎月平均してどれくらいあるのかもチェックしておきたいところです。

レセプト残業のように決まった期間(月初)だけなのか、毎日恒常的に残業が発生する勤務状況なのかをチェックしておきましょう。

 

薬局の薬剤師が残業する大きな要因は主に2つあります。

薬剤師は休めない?有給休暇は取れる?薬局の休日は? 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

薬局の勤務時間 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

薬局薬剤師の勤務時間について

求人票には勤務時間の記載がありますが、週40時間(シフト制)という記載が多いです。実際の運用について面接等でしっかりと確認する必要があります。

就業開始時間と終了時間(休憩時間を含めた拘束時間)、週に何回出勤が必要なのかを確認しておきましょう。

転職には派遣薬剤師やパート薬剤師という選択肢もあります

注目

薬剤師パートの時給はアップ可能。求人票の時給で契約してはいけない理由はこちら

パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

記事検索

ブログランキング参加中です

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。

注目記事一覧
派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ