「調剤薬局M&A」の記事一覧

薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較

おすすめ記事 不満とその解消法 円満退職の方法 薬剤師転職サイト比較 調剤薬局M&A 転職しないで年収アップ 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師の転職メリットとデメリット。転職でその不満本当に解決する?薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較してから決めましょう。このページには薬剤師が職場で不満をもち、転職を考えるようになってから、転職をするべきかどうかの判断方法、転職をする際の流れについて記載してあります。

M&A(買収と合併)をする調剤薬局とされる調剤薬局 調べる3つの方法

薬局の規模 調剤薬局M&A 調剤薬局チェーン 転職前の確認ポイント

薬局業界は寡占化が進んでいません。薬局は全国に5万軒以上あるにも関わらず、売上1位のアインホールディングスでさえ薬局数は1000店に届いていません。転職先の薬局がM&Aをする側の薬局なのかされる側の薬局なのかをチェックする3つの方法を順番に説明していきます。調剤薬局の売上ランキング、M&A実績、業務提携・資本提携・親会社一覧。

調剤薬局の売却やM&Aはそろそろピークか

薬局の規模 調剤薬局M&A

2014年4月には調剤報酬改定が行われます。医療財政が厳しいことに加え、国民に薬剤師の頑張りがうまく伝わっていないということもあり改定内容は厳しいものになると予想されています。消費税のアップと調剤報酬のマイナス改定により、調剤薬局の収益は相当厳しくなるでしょう。収益が悪化して赤字経営となれば、売却額は下がってしまいますので高い値が付いているうちに買ってもらおうという考えが働くことは間違いありません。大規模チェーン調剤薬局によるM&Aの動向をよく見ておく必要があります。

あなたの薬局は買収する側の薬局ですか?それともされる側ですか?

薬局の規模 調剤薬局M&A

その薬局はM&A買収する側?される側?薬剤師の転職失敗事例。最近では大手の調剤薬局チェーンが中小の調剤薬局チェーンを買収し、傘下に収めるM&Aの件数が増加しています。せっかく転職したのにも関わらず、転職先の薬局が転職元の薬局に買収されてしまい、結局同じ会社になってしまったという話もあります。あなたが今勤めている薬局は買収する側でしょうか?それともされる側でしょうか?小規模あるいは中規模のチェーン薬局の中には大手調剤チェーンがねらっている薬局もあります。買収される側の薬局に勤めているのと買収する側の薬局に勤めているのとでは、「今後」が大きく異なってきます。勤めている薬局が買収されたことによる薬剤師の不満よくある6つ:①薬局の就業規則が変わってしまった。②休みが取りづらくなった。③給料が下がった。④仕事の流れを無理やり変えられた。⑤転勤を強要された。⑥利益・収益に対して厳しくなった。買収される側の薬局につとめる薬剤師がもつ良くある不満6つを挙げてみましたが、薬局の買収や合併は水面下で話が進むもの。転職先の薬局が買収されるかどうかはほとんどわかりません。あなたが転職して入ろうとしている薬局は買収する側ですか?それともされる側ですか?買収されて変えられてしまうリスクを考えてみてください。今後ますます薬局の買収・合併が進むことが予想されています。もし、あなたが今転職を考えているのであれば、今のうちにある程度規模が大きい調剤チェーン(もちろん条件の良いところ)に転職するのも良いかもしれません。