注目

「調剤薬局M&A」の記事一覧

薬局のM&A状況からみる調剤薬局業界の将来

調剤薬局業界は将来10~20社程度に

調剤薬局は全国に5万軒以上。上位の占有率はまだ低く今後さらに集約していくと言われています。将来的には10~20社程度に集約されていくとみています。

その要因は以下の通りです。

2016年 調剤薬局のM&A(買収・合併)の主な動き

2016年の調剤薬局の買収(M&A)の主なニュースです。

今年も調剤薬局のM&Aが多くありました。業界再編は今後もまだまだ続きそうです。

M&A(買収と合併)をする調剤薬局とされる調剤薬局 調べる手段3つ

薬局業界は寡占化が進んでいません。薬局は全国に5万軒以上あるにも関わらず、売上1位のアインホールディングスでさえ薬局数は1000店に届いていないのです。

今後さらに合併が進みコンビニのようにいくつかのグループにまとまるのか。それともこのまま推移するのか。

調剤報酬は改定毎に厳しくなり、また薬剤師の採用が大変になるなど規模を追う事も必要となっていています。

当サイトでは今後薬局業界はM&A(合併と買収)が加速すると想定しています。

 

せっかく転職しても別の調剤チェーンに吸収されてしまっては転職した意味がないなんてことにもなりかねません。

そういったことを避けるためにも自分が今後転職する薬局はM&Aをする側なのかされる側なのかを見ておく必要があるでしょう。

 

M&Aをする側の薬局なのかされる側の薬局なのかを調べる3つの方法を順番に説明していきます。

調剤薬局の売却やM&Aはそろそろピークか

2014年4月には調剤報酬改定が行われます。

医療財政が厳しいことに加え、国民に薬剤師の頑張りがうまく伝わっていないということもあり改定内容は厳しいものになると予想されています。

あなたの薬局は買収する側の薬局ですか?それともされる側ですか?

最近では大手の調剤薬局チェーンが中小の調剤薬局チェーンを買収し、傘下に収めるM&Aの件数が増加しています。

せっかく転職したのにも関わらず、転職先の薬局が転職元の薬局に買収されてしまい、結局同じ会社になってしまった・・・(←実際の話です。)

本人にとってはとても辛いことですが、ここまでくると笑うしかありません。

 

あなたが今勤めている薬局は買収する側でしょうか?それともされる側でしょうか?

ここまで読んでいただきましてありがとうございます。今後も有用な薬剤師のための転職情報を書いていきます。
薬剤師ブログタイムズ ブログランキング参加中! クリックしてこの記事に投票

派遣薬剤師のメリットとデメリット 転職の流れを知る 調剤チェーンの特徴 薬剤師転職支援サイトの選び方 ブラック薬局を見抜く方法 マイナビ薬剤師の特徴 薬キャリ(エムスリーキャリア)の特徴 ファルマスタッフの特徴 リクナビ薬剤師の特徴 薬剤師の派遣・転職 お仕事ラボの特徴 薬剤師転職ランキング2017ページ 薬剤師派遣ランキング2017ページ

当サイト推奨の薬剤師転職支援サイト

 

 

えっ、自分で転職先を探した?その転職ちょっと待って!!

 

転職先の薬局を今探しているところ薬剤師の転職 正しい転職先の薬局の探し方

 

これから転職先を探す(薬局の情報、転職の情報を集める)
↓  ↓

まずは薬剤師転職支援サイトに登録して情報収集から。

希望の条件をコンサルタントに伝えれば条件に合った薬局を探してもらえます。

登録から転職終了まで、すべて無料。

転職を強要されることも一切ありません。

 

給与・休日・残業等自分で聞きづらいことはすべてキャリアコンサルタントに確認してもらいましょう。

 

自分ではちょっと難しい給与の交渉もコンサルタントに入ってもらえば大変スムーズです。

薬剤師転職支援サイトに登録すると、








希望に沿った転職先の薬局を無料で紹介してくれます。

サイトに載らない非公開求人も多数あります。



条件の良い求人はすぐに決まってしまいます。




こんな好条件あるの? あるんです。




未経験でも大丈夫。






お子さんがいる方も安心して働ける職場を紹介してくれます。







多くの薬剤師が利用している実績があります。

 

 

薬局の求人情報が豊富な薬剤師転職支援サイト

 

登録から転職まで完全無料!簡単20秒で登録完了! 最短即日求人紹介!

現状を打破☆チャンスを掴め! 薬剤師転職ならエムスリーキャリア

 

 

☆リクナビ薬剤師☆ 薬剤師の転職ならリクルートにお任せ♪

 

 

薬剤師専門の転職支援サイト マイナビ薬剤師≪登録無料≫

 

薬剤師の求人・転職・派遣といえばファルマスタッフ

このページの先頭へ