「転職」の記事一覧

給料(年収)が高い管理薬剤師(候補)として転職する方法

管理薬剤師
管理薬剤師として転職する

管理薬剤師として転職すると一般職の薬剤師として転職するのに比べて管理薬剤師手当分だけさらに上乗せされますので年収アップにつながります。転職先の薬局でいきなり管理薬剤師になるにはデメリットも少なくありませんが高額給与は魅力ですね。管理薬剤師の経験が長く、様々な薬局を経験した薬剤師なら転職先の薬局でも管理薬剤師としてしっかりやっていける事でしょう

薬剤師がこれをすると絶対転職を失敗する・・・ 必読8つの実例記事

ブラック薬局 小規模(個人)薬局 薬局の規模 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。当サイト運営者の転職失敗体験、個人経営もしくは小規模チェーンへの薬局への転職、年収が希望額以上というだけで転職先を決める、深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決める、実際に薬局へ足を運ばない。薬局見学をしない、配属予定ではない薬局しか見学しない、転職活動をしているうちに考えがぶれる(譲れない条件を譲った)、薬剤師が転職を失敗しないためには。こんな薬局への転職は「ダメ。ゼッタイ。」

薬剤師の転職理由ランキングベスト5とその理由を聞いた面接官の本音

ブラック薬局 人間関係 休日 勤務時間 転職理由・動機 雰囲気 面接

薬剤師の転職理由ランキング「面接官として聞いた薬剤師の本音」。管理薬剤師が面接官として聞いた転職理由をランキング形式でまとめてみました。転職理由を聞いて面接官がどう感じたかも書いてあります。

個人薬局に転職して大失敗した薬剤師Aさんの悲惨な話。

小規模(個人)薬局 薬局の規模

薬剤師の転職失敗例。個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップにつられて個人薬局に転職したものの、門前医療機関の閉院に伴い解雇に。住宅ローンを抱えながら転職をしたが、年収はダウン。勤務先の規模が小さすぎることは将来におけるリスクと言えます。転職先の薬局を決めるときには総合的に判断するように。

在宅の経験がある薬剤師の転職は大変有利です。

転職

在宅経験のある薬剤師急募!在宅経験のある薬剤師はどこの薬局でも欲しがるでしょう。うちの会社は昔から在宅医療に力を入れています。在宅の研修や地域ケア会議への参加はもちろん、地域包括支援センターとの連携など着々と進めています。今回の調剤報酬改定では、基準調剤加算2を算定するには在宅が必須となりました。次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1も在宅の件数が条件に入ってくることでしょう。在宅医療がさらに進みます。薬剤師だけが乗り遅れるわけにはいきません。しっかりと地域の医療の輪に入らないと存在意義がなくなります。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

不満とその解消法 薬剤師の採用 転職理由・動機
薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

薬剤師なんてもう辞めたい。こんな薬局辞めてやる!こんな病院でもう働けない。ドラッグストアなんて入るんじゃなかった・・・。 薬剤師を辞めたいというよりは今の職場を辞めたいということですよね。 薬剤師が転職を考えるきっかけと […]

将来性のある薬局かどうかを見極める7つのポイント(その薬局で10年後も働けますか?)

教育・研修システム 目次 転職理由・動機

薬剤師が転職前にチェックすべき10年後も働ける薬局かどうかを見極める7つのポイント。後悔しない転職先の薬局の探し方ガイドです。転職活動をしている薬剤師は「今」の給料や休みで比較検討しているかもしれません。大事なのは長期間働けるかどうか。そこを見極めるポイントを7つ公開します。

薬剤師の上司(管理薬剤師)が最悪でやってられません。薬局の薬剤師より

不満とその解消法 管理薬剤師 薬局の規模 雰囲気

薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。 少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。 薬局の雰 […]

薬局のリスクマネジメント 処方監査や薬剤鑑査をしっかりやっていますか?

リスクマネジメント

あなたの薬局はリスクマネジメントされていますか?待ち時間と安全とどちらを優先しているでしょうか?その薬局は大病院の門前にあり、午前中から昼過ぎにかけて混雑が激しく、患者さんからは「まだ薬ができないのか!!」の大合唱。薬剤師は添付文書や書籍、パソコン等で調べ物をすることも許されず、とにかく急いで調剤をするように上からはいつも言われているそうです。薬を1回分ずつ袋詰めする一包化は、全自動錠剤分包機で作っているのだから間違えることは無いという理由で中のチェックはせずにそのまま患者さんに渡しているとの事。その薬局では、「とにかく早く薬を渡すこと」が最優先にされているそうです。本来の薬局の業務とは何でしょうか?薬を早く渡すことではありません。待ち時間短縮の努力は必要ですが、急いでいたからという理由で間違った薬を渡して患者さんにもしものことがあったら本末転倒です。その薬局ではおそらく、処方せんどおりに薬をとにかく早く渡すということしかやっていないのではないでしょうか?処方監査、用法・用量の確認、患者さんの併用薬・アレルギー歴・副作用歴・相互作用・併用禁忌・疾病禁忌のチェックなどなど薬局の薬剤師にはやるべきことがたくさんあります。しっかり「鑑査」していますか?まさか処方せんと薬を照合しているだけではありませんよね?あなたの薬局は大丈夫でしょうか?万一調剤過誤があった場合、会社は助けてくれるでしょうか?安全性を疎かにしている会社はきっと何かあっても助けてくれません。こんな状態で薬剤師を続けていけますか?長く勤めるのは危険だと思ったら早めに転職を考えましょう。自分の身を守るのは自分です。下記の支援サイトに登録すれば、リスク管理をしっかりやっている薬局を探してもらう事が可能となります。面接で、「御社はリスク管理をしっかりやっていますか?」と直接聞いたとしても担当者は良いことしか言わないはずです。転職キャリアコンサルタントが持っている本当の情報を教えてもらった方が安心です。

小規模個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。

小規模(個人)薬局

個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。個人薬局への転職を勧めない8つの理由。医療費削減のために調剤報酬がどんどん減らされている昨今。今までと同じ仕事をしているだけではどんどんと薬局の収入は下がっていきます。個人薬局でも、例えば立地が格段に良かったり、門前医療機関との関係が良好で経営がうまく行っているところももちろんありますが、個人薬局への転職には注意が必要です。個人薬局への転職を勧めない8つの理由①将来のポストが少ない②会社の将来性がない(少ない)③薬局数が少ないと経営難に陥りやすい④十分な設備投資がされない⑤人手不足になった時採用が難しい⑥社長と一緒に働く⑦もしくは社長の奥さんと一緒に働く⑧人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い。実際には、大手チェーンよりもすばらしい個人薬局はたくさんあります。自分ひとりで転職活動を始めてしまうと、その薬局の事を良く分からないまま入社を決めてしまい、絶対に後悔します。良いチェーン調剤薬局を見つけるのと、良い個人薬局を見つけるのとでは、後者の方が断然難しい。調剤薬局への転職を失敗しないためにも、無料の転職支援サイトを有効に活用しましょう。

今の薬局は最悪。そんなはずではなかった。薬剤師20代女性の転職

転職理由・動機

今の薬局は最悪。そんなはずではなかった。薬剤師20代女性の転職。大学の薬学部を卒業して調剤薬局の会社に入社。入社前の薬局説明会では良いことばかり言っていたのに、入ってみたら全然違う・・・。新入社員の薬剤師が転職を考えるきっかけとなった良くある理由よくある5つ:研修後に配属された薬局のお局様的な人にいじめられた、薬局に配属されてもあまり仕事をさせてもらえない、おなじ薬局に配属された同期とどんなことも比べられてしまう、忙しそうにしていて仕事を教えてくれない(邪魔者扱いされる)、勤務時間や休日、給与や住宅補助などの制度が最初の説明と違う。20歳代の薬剤師で、転職1回目であれば不利になることはまずありません。妥当な理由があれば採用する側も納得してくれるはずです。薬剤師の転職専門のコンサルタントという味方をつけて転職活動に挑んでください。転職コンサルタントの利用は無料。薬局業界に詳しいコンサルタントに希望を伝え、自分が求める理想の薬局を探してもらいましょう。業界の事を良く知らないで転職活動をすると、会社にうまく言いくるめられてしまうから気をつけよう。

妥当でない転職理由(動機)で転職を繰り返す薬剤師は採用されません

転職理由・動機

転職を繰り返す薬剤師は採用されにくくなっています。ただそれは妥当でない転職理由(動機)である場合に限られます。理由が妥当であれば転職回数が多くても気にすることはありません。 転職回数が多く、この理由だったら採用しないなと思う例(あくまでも採用する立場で)①給料が安い⇒また同じ事を言い出すよね。きっと。②薬局の人間関係が悪い⇒判断に迷います。毎回この理由で転職している人は、その人自身が人間関係を悪くしている場合もあります。また、うまくコミニュケーションをとれない人なのかもしれません。③仕事が忙しすぎる⇒これも迷います。本当に激務の職場だったのか、その薬剤師が甘えているのか。同じ理由で辞められては困りますから採用しない方向になると思います。④もっと勉強できる職場で働きたい⇒この理由結構多いです。調剤や鑑査、服薬指導は勉強してきたことをアウトプットする場所。勉強は大事ですが、勉強だけされに来ても困ります。大事なのは患者さんの役に立つ仕事をすること。確かに単科の門前で1日30枚くらいの薬局で働いている薬剤師はその知識量に不安を持つことがあるかも知れませんが、どの職場でも勉強はできます。結局は薬剤師本人の甘えの部分が大きいです。転職回数が多くこの理由だったら採用しないなと思う例を4つ挙げてみましたが、薬剤師が転職する理由として多いのは、この4つでしょう。薬剤師が過剰となってきており、こういった理由で転職を繰り返す薬剤師を採用する薬局は今後ますます減っていきます。とはいっても、まだまだ薬剤師が不足している地方が多いのは事実。いまのうちなら転職も可能で年収がアップする案件もあります。薬剤師の求人情報が豊富な転職支援サイトに登録してたくさん紹介してもらうことが、転職成功の近道です。転職理由がどうであれ、薬剤師が不足していてどうしてもすぐに必要という薬局なら、採用されます。

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職

結婚・出産・育児 転職理由・動機

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職薬剤師を採用する立場でお話しいたします。求職者の履歴書を見て、転職回数が多い場合、あれっ??と思うのは事実です。重要なのは転職の回数ではなく、その理由。面接の時にはその理由を絶対聞きます。転職理由が妥当な場合は回数が多いことはあまり気にしません。転職回数が多くても、過去の転職理由が妥当だと思う例(あくまでも採用する立場で):①勤めていた薬局が閉局⇒これは仕方のないこと。薬剤師本人にはどうしようもない部分です。②夫の転勤⇒女性が多い薬剤師。これも仕方のないことです。③結婚・出産・育児⇒②に近いですが、これも女性にとっては大切なことですから、妥当かと思います。④親の介護の都合⇒最近多いです。実家近くへの引越しに伴う転職。過去の転職理由としては良いですが、今回の転職理由だと急に休みが必要となることが多いかも、と少し心配になります。

薬剤師が転職するのに最適な時期はいつ?成功する薬剤師の転職ルール

転職

薬剤師のバブルはほぼ終わりつつある。薬局で管理薬剤師をしている私にはそう感じます。実際、首都圏の薬剤師はほぼ充足してきています。ただ、地方はまだ不足気味です。転職するのに最適な時期。それはあなたが、転職したいと思った時。今いる薬局が嫌で嫌で仕方ない。もっと違う職場で頑張りたいと思った時が転職に最適な時期です。迷っているなら早い方が良い。6年制の新卒がどんどん出てきていますので、薬剤師が不足している薬局は確実に減ってきています。(私が勤めているチェーン薬局でも同じ状況です。)転職したいと思っている人は今すぐに行動を起こした方が、結果的に良い薬局に巡り合えると思います。良い薬局は人が辞めないので募集が少ないばかりか、すぐに応募者が集まり採用決定してしまいます。(募集している薬局が良くない薬局というわけではありません。結婚や出産を機に薬剤師が退職したり、新規開局により薬剤師が不足したりといろいろ理由があります。)迷っている薬剤師へ。とりあえず登録して情報収集を始めておきましょう。今いる薬局から引き留め工作に遭ってしまうと、辞めるが本当に大変になります。(私も小規模薬局を辞めるときは大変でした・・・)次の職場をしっかり決まった状態で、今いる薬局(会社)には辞めたい旨をしっかりと伝えましょう。

管理薬剤師募集 年収700万円完全週休2日制 残業なし 社宅付

管理薬剤師 給料

調剤薬局求人募集 管理薬剤師 年収700万円 完全週休2日制 残業なし 社宅付。転職活動中のあなたが、注意すべき最大のポイント。それは、この薬局の年収700万円は残業代込なのか、そうではないのか。残業なし=管理薬剤師は管理者だから残業代はつかないという薬局もあります。表示の年収が650万円で残業代がしっかりつくチェーン薬局と、年収700万円で残業が全くつかない薬局では手取りに差が付くことになります。管理薬剤師でも残業代がつくのか、それともつかないのか。転職活動の中でしっかり確認しておく必要があります。細かいことを全て聞くのは大変ですから薬剤師転職支援サイトに登録しておくのが良いと思います。