「管理薬剤師」の記事一覧

給料(年収)が高い管理薬剤師(候補)として転職する方法

管理薬剤師
管理薬剤師として転職する

管理薬剤師として転職すると一般職の薬剤師として転職するのに比べて管理薬剤師手当分だけさらに上乗せされますので年収アップにつながります。転職先の薬局でいきなり管理薬剤師になるにはデメリットも少なくありませんが高額給与は魅力ですね。管理薬剤師の経験が長く、様々な薬局を経験した薬剤師なら転職先の薬局でも管理薬剤師としてしっかりやっていける事でしょう

薬剤師の上司(管理薬剤師)が最悪でやってられません。薬局の薬剤師より

不満とその解消法 管理薬剤師 薬局の規模 雰囲気

薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。 少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。 薬局の雰 […]

管理薬剤師募集 年収700万円完全週休2日制 残業なし 社宅付

管理薬剤師 給料

調剤薬局求人募集 管理薬剤師 年収700万円 完全週休2日制 残業なし 社宅付。転職活動中のあなたが、注意すべき最大のポイント。それは、この薬局の年収700万円は残業代込なのか、そうではないのか。残業なし=管理薬剤師は管理者だから残業代はつかないという薬局もあります。表示の年収が650万円で残業代がしっかりつくチェーン薬局と、年収700万円で残業が全くつかない薬局では手取りに差が付くことになります。管理薬剤師でも残業代がつくのか、それともつかないのか。転職活動の中でしっかり確認しておく必要があります。細かいことを全て聞くのは大変ですから薬剤師転職支援サイトに登録しておくのが良いと思います。

調剤薬局の管理薬剤師として転職したい!それ本当に大丈夫?

管理薬剤師
管理薬剤師として転職する

転職で入った会社でいきなり管理薬剤師になるのってどうなのでしょうか。年収650万円以上可!というような管理薬剤師の求人も現実にはあります。いきなり管理薬剤師のメリットは給料が高い、上司に気を使わなくて済む(基本的に) などたくさんありますが、デメリットもあります。