「エムスリーキャリア」タグの記事一覧

薬剤師転職サイト求人ランキング2016

ランキング 薬剤師転職サイト
薬剤師転職支援サイトランキング

薬剤師転職サイト求人ランキングです。薬剤師の転職支援サイトは1つだけ登録すれば良いというわけではありません。こちらのランキングにある薬剤師転職支援サイト全てに登録する必要はありませんが、少なくとも2つ以上のサイトに登録して転職活動を進めていきましょう。複数の薬剤師転職支援サイトに登録すべき3つの理由:転職支援コンサルタントからの求人紹介数を増やす、求人紹介ペースが落ちるのを防ぐ、セカンドオピニオンとして使う。効率的に薬剤師の求人情報を集めるなら転職支援サイトの併用は必須です。

薬剤師の転職スケジュール 12月開始のメリットデメリット

転職の時期 転職先の探し方

薬剤師が転職活動を12月に開始するメリットとデメリットについてまとめました。薬局の繁忙期直前には採用活動が活発化します。需給の関係から好条件の案件が期待できますが、12月開始では遅い可能性があります。エムスリーキャリアとリクナビで転職活動を同時進行させる手段。

薬剤師の転職 10月からの転職活動

転職の時期

10月から転職活動を始める場合のスケジューリングについて教えてください。秋は祝日が多く、連休明けには大変混雑します。気温が下がる10月からは風邪の患者さんが増えることもあり、多くの薬局では混雑が始まります。年末にかけてさらに忙しくなる季節です。扶養の範囲内で働いている薬剤師パートさんは11月から12月にかけて勤務時間を減らす傾向にあります。

薬剤師の転職活動は仕事を辞めてから?それとも仕事を続けながら?

転職先の探し方

薬剤師の転職活動は仕事を辞めてからするべきか。それとも仕事を続けながらするべきか。薬剤師が転職をする場合、転職先の薬局はすぐに見つかることが多いこと、薬剤師転職支援サイトの活用により効率的に時間をかけずに希望の転職先を探せる可能性が高いことから仕事を続けながら転職活動をすることを勧めます。

失敗しない薬剤師の転職 薬キャリ(エムスリーキャリア)をオススメする4つの理由

薬剤師転職サイト
ソニーグループが運営する日本最大級の薬剤師転職支援・求人検索サイト 薬剤師の求人・転職・募集ならm3.com Pharmacist

失敗しない薬剤師の転職 エムスリーキャリアをオススメする4つの理由。薬剤師の転職支援サイトはたくさんありますが、当サイトではエムスリーキャリアをオススメしています。薬剤師が薬局に求める条件・希望にしっかり応えられる数の薬局求人案件を持っています。給料を上げたい、休みが欲しい、人間関係が良い薬局で働きたい、子供が急に病気になった時でも休める薬局など。

転職を考えている薬剤師限定 在宅をやっている薬局の探し方4つ

在宅あり 転職先の探し方
在宅をやっている薬局

在宅をやりたい薬剤師向け。在宅をやっている薬局を探して転職する方法。転職先の薬局の条件として在宅医療を実施している薬局を上げる薬剤師が増えてきました。入院を短期化させてなるべく在宅でという流れですから当然のことでしょう。在宅をやっている薬局はまだ少数です。在宅をやっている薬局に転職したい場合、どのように探せばよいのでしょうか?

本当の薬剤師転職サイトの選び方 転職を成功させたい薬剤師必見

薬剤師転職サイト 転職先の探し方

薬剤師転職サイトの本当の選び方のポイントをまとめました。薬局・病院・ドラッグストアへの転職に強い薬剤師転職サイトの探し方、正社員薬剤師・パート薬剤師・派遣薬剤師の雇用形態別に強みのある薬剤師転職サイトの選び方が書かれています。

薬剤師転職サイトに登録して希望の薬局を紹介してもらう

転職先の探し方

薬剤師転職サイトに登録後、どんな薬局で働きたいのか、希望年収、勤務時間、勤務地などの要望を伝えると、希望に合った薬局を紹介してくれます。希望通りの職場がない場合でも求人が出た時点ですぐに紹介してもらうことが可能です。一番大変であろう「給与の交渉」などもすべて転職支援コンサルタントが代理で行ってくれます。残業の有無や有給の取りやすさなど、聞きづらいけど絶対に確認しておかなくてはいけないことは転職支援コンサルタントにすべてまかせれば安心です。こんな薬剤師に向いています。給料を今よりも上げたいと思っている薬剤師、転職に失敗したくない薬剤師、働く場所にはこだわりたい薬剤師、給与の交渉など苦手だと思っている薬剤師。注意点:自分の希望通りの薬局がすぐにみつかるとは限りません。転職しようかどうか迷っているのであれば早めに登録しておきましょう。条件の良い求人情報はすぐに採用者が決まってしまいます。早いうちから動いておくことが転職を成功する秘訣です。薬剤師転職支援サイトへの登録は下記のリンクから。1か所につき約30秒ほどで登録が完了します。登録はすべて無料。情報提供時や転職後に費用請求されることは一切ありません。求職者の薬剤師は全てが無料です。

薬剤師のあなたが勤める薬局は門前医療機関の先生と良い関係を作れていますか?

薬局の規模 門前医療機関

今現在、あなたが勤務している薬局は門前医療機関の先生や近隣の医療機関の先生との関係性はいかがでしょうか?うまくやっているでしょうか?調剤薬局の多くは医療機関の近く(隣や向かい)にある、いわゆる門前薬局と言ってもよいでしょう。その門前の先生と薬局との関係はどうでしょうか?マンツーマン薬局で多いのが、①薬局と医院の従業員で一緒に勉強会をしている。 ②週に1回もしくは月に1回など定期的に訪問している。忘年会or新年会を合同で行う。④特に何もしていない。こんな感じだと思います。もしも門前医療機関の先生との関係が悪い場合、最悪次のようなことが起きる可能性があります。万が一調剤過誤が起きてしまった時の対応がうまくいかない⇒患者さんに体調変化が見られた時など先生の協力が得られないと困ります。急に先生が院外処方を中止し、院内処方にしてしまう⇒調剤薬局チェーンなら、その薬局を閉めて他へ異動が可能ですが、1薬局のみ営業している個人薬局だと異動もできません。あなたが勤めている薬局もしくは転職先の候補に挙げている薬局は、門前医療機関の先生との関係性はどうでしょうか?この辺もしっかりと転職前にチェックしておいた方が良いと思います。もし、あなたが今後長く調剤薬局で仕事をしていこうと考えているのであれば、万が一のリスクに備えて複数薬局を経営している調剤薬局チェーンへの転職をおすすめいたします。

あなたの薬局は買収する側の薬局ですか?それともされる側ですか?

薬局の規模 調剤薬局M&A

その薬局はM&A買収する側?される側?薬剤師の転職失敗事例。最近では大手の調剤薬局チェーンが中小の調剤薬局チェーンを買収し、傘下に収めるM&Aの件数が増加しています。せっかく転職したのにも関わらず、転職先の薬局が転職元の薬局に買収されてしまい、結局同じ会社になってしまったという話もあります。あなたが今勤めている薬局は買収する側でしょうか?それともされる側でしょうか?小規模あるいは中規模のチェーン薬局の中には大手調剤チェーンがねらっている薬局もあります。買収される側の薬局に勤めているのと買収する側の薬局に勤めているのとでは、「今後」が大きく異なってきます。勤めている薬局が買収されたことによる薬剤師の不満よくある6つ:①薬局の就業規則が変わってしまった。②休みが取りづらくなった。③給料が下がった。④仕事の流れを無理やり変えられた。⑤転勤を強要された。⑥利益・収益に対して厳しくなった。買収される側の薬局につとめる薬剤師がもつ良くある不満6つを挙げてみましたが、薬局の買収や合併は水面下で話が進むもの。転職先の薬局が買収されるかどうかはほとんどわかりません。あなたが転職して入ろうとしている薬局は買収する側ですか?それともされる側ですか?買収されて変えられてしまうリスクを考えてみてください。今後ますます薬局の買収・合併が進むことが予想されています。もし、あなたが今転職を考えているのであれば、今のうちにある程度規模が大きい調剤チェーン(もちろん条件の良いところ)に転職するのも良いかもしれません。

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法

年収

薬剤師の年収1000万以上可能な求人と年収1000万円に近づく4つの方法。年収1000万円が可能な薬剤師求人とは。調剤経験や前職給与を考慮ってどういうこと。年収1000万円には給与交渉が必須。薬剤師の年収1000万以上可能な調剤薬局の求人は今ならまだあります。薬剤師が年収1000万円に近づくための4つの方法。

正社員で週休3日の調剤薬局に転職したいと考えている薬剤師さんへ。

休日 正社員薬剤師

希望の薬局をお探しの薬剤師、または転職活動中の薬剤師さんへ。週休3日の薬局に勤務するということを考えたことはありますか?転職を決める前には必ず確認しておくポイントとして薬局の休日を挙げました。大部分の薬局は週休2日制もしくは完全週休2日制となっています。中には4週6休という薬局もあります。ちなみに、私が勤めている薬局は完全週休2日制(休みは日・祝日と他1日)です。そんななか、週休3日という薬局もあります。週休3日とは、文字通り週7日のうち4日だけ働き、あとの3日は休みということです。このような薬剤師を募集している薬局は少ないですが、確実に存在します。今までにあった薬剤師求人内容の例:休みが(日曜、祝日、他2日)で、1日10時間勤務の週40時間勤務の薬局、休みが(日曜、祝日、他1日、半休2回)で週40時間勤務の薬局。どちらも薬剤師正社員です。募集している薬局によって勤務形態は異なりますが、週休3日なら、自分の時間を有意義に使えそうです。転職先の薬局を探す時には少しわがままになって週休3日の調剤薬局を探してみるのはいかがでしょうか?