「ブラック薬局の見分け方」タグの記事一覧

薬剤師の転職失敗談 これをやると絶対に転職を失敗する必読8つの実例記事

ブラック薬局 小規模(個人)薬局 薬局の規模 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。当サイト運営者の転職失敗体験、個人経営もしくは小規模チェーンへの薬局への転職、年収が希望額以上というだけで転職先を決める、深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決める、実際に薬局へ足を運ばない。薬局見学をしない、配属予定ではない薬局しか見学しない、転職活動をしているうちに考えがぶれる(譲れない条件を譲った)、薬剤師が転職を失敗しないためには。こんな薬局への転職は「ダメ。ゼッタイ。」

ブラック薬局の特徴と見分け方 こんな薬局からは今すぐ転職を

ブラック薬局 転職前の確認ポイント

ブラック薬局の特徴と見分け方。あなたが勤める薬局は「ブラック薬局」ではないでしょうか?調剤薬局の業界にもいわゆるブラック薬局は存在しています。ブラック薬局とはどんな薬局?長時間労働が常態化している、休日出勤が常態化している、週休が取れない(就業規則通りではない、休憩時間が十分に取れない(8時間以上の勤務であれば休憩時間を1時間以上与えなければなりません。)、サービス残業させられる、タイムカードを押してから仕事をするよう強要される、みなし残業代として給料に含まれているので、何時間残業しても残業代が一定、重い売上ノルマが課せられている(OTCや自社開発品の売上など)、セクハラ、パワハラ、薬剤師へのいじめ、事務へのいじめ、薬剤師の3年離職率が異常に高い(薬剤師の場合、女性が多いので結婚や出産を機に退職することが多いですからその点を引いて考えなければなりません。)、無資格者による調剤、薬事法などに違反している、調剤報酬を不正に請求している、社員に健康診断を受けさせていない、賃金未払いがある、社員の給料が安いのに社長や会長の報酬がやたらと高い。