「個人薬局への転職」タグの記事一覧

薬剤師の転職失敗談 これをやると絶対に転職を失敗する必読8つの実例記事

ブラック薬局 小規模(個人)薬局 薬局の規模 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。当サイト運営者の転職失敗体験、個人経営もしくは小規模チェーンへの薬局への転職、年収が希望額以上というだけで転職先を決める、深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決める、実際に薬局へ足を運ばない。薬局見学をしない、配属予定ではない薬局しか見学しない、転職活動をしているうちに考えがぶれる(譲れない条件を譲った)、薬剤師が転職を失敗しないためには。こんな薬局への転職は「ダメ。ゼッタイ。」

個人薬局に転職して大失敗した薬剤師Aさんの悲惨な話。

小規模(個人)薬局 薬局の規模

薬剤師の転職失敗例。個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップにつられて個人薬局に転職したものの、門前医療機関の閉院に伴い解雇に。住宅ローンを抱えながら転職をしたが、年収はダウン。勤務先の規模が小さすぎることは将来におけるリスクと言えます。転職先の薬局を決めるときには総合的に判断するように。

薬剤師のあなたが勤める薬局は門前医療機関の先生と良い関係を作れていますか?

薬局の規模 門前医療機関

今現在、あなたが勤務している薬局は門前医療機関の先生や近隣の医療機関の先生との関係性はいかがでしょうか?うまくやっているでしょうか?調剤薬局の多くは医療機関の近く(隣や向かい)にある、いわゆる門前薬局と言ってもよいでしょう。その門前の先生と薬局との関係はどうでしょうか?マンツーマン薬局で多いのが、①薬局と医院の従業員で一緒に勉強会をしている。 ②週に1回もしくは月に1回など定期的に訪問している。忘年会or新年会を合同で行う。④特に何もしていない。こんな感じだと思います。もしも門前医療機関の先生との関係が悪い場合、最悪次のようなことが起きる可能性があります。万が一調剤過誤が起きてしまった時の対応がうまくいかない⇒患者さんに体調変化が見られた時など先生の協力が得られないと困ります。急に先生が院外処方を中止し、院内処方にしてしまう⇒調剤薬局チェーンなら、その薬局を閉めて他へ異動が可能ですが、1薬局のみ営業している個人薬局だと異動もできません。あなたが勤めている薬局もしくは転職先の候補に挙げている薬局は、門前医療機関の先生との関係性はどうでしょうか?この辺もしっかりと転職前にチェックしておいた方が良いと思います。もし、あなたが今後長く調剤薬局で仕事をしていこうと考えているのであれば、万が一のリスクに備えて複数薬局を経営している調剤薬局チェーンへの転職をおすすめいたします。

小規模個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。

小規模(個人)薬局

個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。個人薬局への転職を勧めない8つの理由。医療費削減のために調剤報酬がどんどん減らされている昨今。今までと同じ仕事をしているだけではどんどんと薬局の収入は下がっていきます。個人薬局でも、例えば立地が格段に良かったり、門前医療機関との関係が良好で経営がうまく行っているところももちろんありますが、個人薬局への転職には注意が必要です。個人薬局への転職を勧めない8つの理由①将来のポストが少ない②会社の将来性がない(少ない)③薬局数が少ないと経営難に陥りやすい④十分な設備投資がされない⑤人手不足になった時採用が難しい⑥社長と一緒に働く⑦もしくは社長の奥さんと一緒に働く⑧人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い。実際には、大手チェーンよりもすばらしい個人薬局はたくさんあります。自分ひとりで転職活動を始めてしまうと、その薬局の事を良く分からないまま入社を決めてしまい、絶対に後悔します。良いチェーン調剤薬局を見つけるのと、良い個人薬局を見つけるのとでは、後者の方が断然難しい。調剤薬局への転職を失敗しないためにも、無料の転職支援サイトを有効に活用しましょう。