「借り上げ社宅制度」タグの記事一覧

薬剤師が住宅補助の手厚い薬局・病院・ドラッグストアに転職する方法(正社員・パート・派遣)

住宅補助あり
住宅補助の手厚い求人

転職を考えている薬剤師なら、月々の家賃が節約できる住宅補助の手厚い薬局というのも条件に加えてみるのはいかがでしょうか。月々の家賃が仮に5万円節約できれば、年収60万円アップしたのと同じこと。帰省旅費の補助もあればさらにお得です。ここでは住宅補助の手厚い薬局・病院・ドラッグストアの求人を探す方法をまとめました。

薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン

ランキング 新卒薬剤師 給料
薬剤師初任給比較

新卒薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン版です。概ね初任給は250,000円~350,000円程度。どこの地域に働くかによって支給される額が変わる「地域手当」の金額差によるところが大きいです。薬剤師が不足している地方や、交通の便が悪くて人気が無く薬剤師の配置が難しい地域は「地域手当」が高額になる傾向があります。またそういった地方へ配属される場合は住宅手当の支給とは別に借り上げ社宅制度が使え、住宅費を大幅に削減することも可能で大変お得です。 ※初任給=基本給ではありませんのでご注意ください。また手取り金額でもありません。※相場よりも大幅に基本給が安く、薬剤師手当が高い場合、基本給を基に計算される賞与や昇給額を安く抑えられてしまうこともあり注意が必要です。

薬剤師が貰える手当にはどの様なものがありますか?

給料

調剤薬局の薬剤師の給料は以下の諸手当で構成されています。基本給、薬剤師手当、資格手当、職能手当、役職手当、管理薬剤師手当、通勤手当、地域手当、寒冷地手当、時間外手当、残業手当、住宅手当、借り上げ社宅制度、家族手当など。転職後の薬剤師の給料はどのくらいになるのかを計算するときにはこれらの額を十分に比較検討してみてください。

薬剤師が不足している地方VS薬剤師が余り気味の都心部 どっちが得?

借り上げ社宅制度 給料

転職活動で薬局を探している時、働く場所を第一に考える場合が少なくありませんね。様々な理由があると思います。もし、働く場所(地域)にこだわりが無いのであればぜひ地方都市の薬局をおすすめします。都心ではなく、地方をすすめる理由はいろいろあります。薬剤師が転職をする際、地方の調剤薬局の方がお得な理由①薬剤師の給与が高い:薬剤師が不足している地方都市は、当然薬剤師が欲しい薬局が多いため、提示される給与額が都心部よりも高くなります。また、都会から地方へ人を動かしたいと思っている会社には地方手当が付くこともあります。②借り上げ社宅制度が使えることが多い:地方都市には近隣に薬科大が無いことが多く、薬剤師免許を持った人自体が都市部に比べて多くありません。そのためには都市部から人を引っ張ってくる必要があります。その薬局で働くためには引越しが伴いますから、住居を用意してくれる薬局がほとんどです。③通勤時間が短い(基本は車通勤):②の借り上げ社宅に関連しますが、基本的には薬局から近いところに家を借りますので通勤にかかる時間が都会に比べて少なく済みます。電車やバスの通勤ラッシュもありません。マイカー通勤も可能です。④お金が貯まる:給与が高くて、さらに家賃がほとんどかからない所に住めば当然お金が貯まります。

薬剤師の転職 社宅付・借り上げ社宅制度ありと言ってもいろいろあります

借り上げ社宅制度

社宅制度がある薬局(会社)に勤めたいと思っている方も多いのではないでしょうか?社宅付とか、借り上げ社宅制度ありと言ってもいろいろあります。その会社の人が一緒に住む、いわゆる社宅ですが、薬局の場合は規模が小さく1薬局の従業員数が少ないため、ほとんどありません。大部分のチェーン薬局にあるのは、借り上げ社宅制度です。借り上げ社宅制度とは、条件の範囲内で民間のアパートを会社名義で借り、そこに住むこと。家賃や広さなどの条件が決められていることがほとんどです。この借り上げ社宅制度ですが、全員がこの制度を利用できるとは限りません。当然会社によって異なるのですが、概ね都心部では適応されず、借り上げ社宅制度が利用できるのは地方に限られていることが多いようです。また、実家から通える人はなるべく通ってもらうのが原則というところが多いです。よくある薬局の借り上げ社宅制度(会社によって異なります)