「勤務時間」タグの記事一覧

薬剤師の長時間労働について(残業・休日出勤・夜勤他)

休日 勤務時間 年収 転職しないで年収アップ

薬剤師の長時間労働。残業代等の手当が増えるというメリットはありますがデメリットの大きさは計り知れません。ワークライフバランスの悪化は健康を損なうことにつながります。勉強しない薬剤師の評価は下がる一方。昇給や賞与も低くなります。

調剤薬局チェーンの紹介(3)総合メディカル

調剤薬局チェーン

調剤薬局売上ランキング第三位の大手調剤薬局チェーンそうごう薬局(総合メディカル)の平均年収、初任給、利益、特徴など。東証一部上場の調剤薬局チェーンの大手。医師のための転職・開業支援、経営コンサルティングに強い。開業支援⇒医院開局⇒院外処方⇒優良案件は自社で薬局開局。その他案件は他社に紹介。また、グループ会社の総合メディプロ株式会社は医療従事者転職支援行っている。薬剤師プロ・看護師プロ・コメディカルプロ

門前医療機関の診察終了時間

勤務時間 門前医療機関

門前医療機関の規模や種類、診療科によって薬局の閉局時間は大きく変わってきます。門前医療機関の種類と薬局の閉局時間(帰宅時間)の関係。大病院の門前薬局、開業医の門前薬局、午後の受付終了間際に混雑する医療機関の診療科

正社員で週休3日の調剤薬局に転職したいと考えている薬剤師さんへ。

休日

希望の薬局をお探しの薬剤師、または転職活動中の薬剤師さんへ。週休3日の薬局に勤務するということを考えたことはありますか?転職を決める前には必ず確認しておくポイントとして薬局の休日を挙げました。大部分の薬局は週休2日制もしくは完全週休2日制となっています。中には4週6休という薬局もあります。ちなみに、私が勤めている薬局は完全週休2日制(休みは日・祝日と他1日)です。そんななか、週休3日という薬局もあります。週休3日とは、文字通り週7日のうち4日だけ働き、あとの3日は休みということです。このような薬剤師を募集している薬局は少ないですが、確実に存在します。今までにあった薬剤師求人内容の例:休みが(日曜、祝日、他2日)で、1日10時間勤務の週40時間勤務の薬局、休みが(日曜、祝日、他1日、半休2回)で週40時間勤務の薬局。どちらも薬剤師正社員です。募集している薬局によって勤務形態は異なりますが、週休3日なら、自分の時間を有意義に使えそうです。転職先の薬局を探す時には少しわがままになって週休3日の調剤薬局を探してみるのはいかがでしょうか?

薬局の勤務時間 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

不満とその解消法 勤務時間

1日8時間勤務といっても様々あります。薬局の営業時間は門前医療機関の診療時間に合わせている事が多いので門前医療機関の診療時間を確認しておくとよいでしょう。小児科や耳鼻科の門前薬局では一般的に夕方から混雑する場合が多く、冬から春にかけては薬局の営業時間中に勤務が終わらず残業が増えることが予想されます。1日8時間勤務といってもいろいろあります。具体的な拘束時間を確認してください。