「在宅」タグの記事一覧

在宅業務のある薬局・ドラッグストアへの転職 薬剤師求人検索方法(正社員・パート・派遣)

在宅あり
在宅あり

在宅業務は薬局薬剤師にとってとても重要な業務です。在宅をやっていない薬局は薬局ではないと言わんばかりに地域支援体制加算の算定要件にもなっているのはご存じのとおりです。ここでは薬剤師が転職する際に在宅業務のある薬局を見つける方法をまとめました。

今後転職するなら「かかりつけ薬局」じゃないと先が見えなくなります

かかりつけ薬局 転職前の確認ポイント

残薬の削減、服薬指導の充実、24時間調剤応需、在宅業務への取り組み、ジェネリック医薬品の推進などにしっかり取り組んでいる薬局は調剤報酬で評価されます。今後薬局の収益に差がついてくることは間違いありません。立地の良さだけで大量の処方せんを確保する薬局の経営は悪化していくことでしょう。現在転職先の薬局を探している薬剤師は多くの人の「かかりつけ薬局」になっているかどうかを考慮して転職先を探しましょう。

6.在宅に積極的に取り組んでいるかどうか

転職前の確認ポイント

10年後も存続している薬局とは。在宅に積極的に取り組んでいなければ存続の可能性は低いでしょう。平成26年の調剤報酬改定では基準調剤加算2の算定には在宅の実施が必須となりました。この流れを見れば、次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1にも在宅実施の要件が入ってくることが考えられます。

在宅の経験がある薬剤師の転職は大変有利です。

転職

在宅経験のある薬剤師急募!在宅経験のある薬剤師はどこの薬局でも欲しがるでしょう。うちの会社は昔から在宅医療に力を入れています。在宅の研修や地域ケア会議への参加はもちろん、地域包括支援センターとの連携など着々と進めています。今回の調剤報酬改定では、基準調剤加算2を算定するには在宅が必須となりました。次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1も在宅の件数が条件に入ってくることでしょう。在宅医療がさらに進みます。薬剤師だけが乗り遅れるわけにはいきません。しっかりと地域の医療の輪に入らないと存在意義がなくなります。

薬剤師の勤務シフト

勤務時間

薬局薬剤師の勤務時間はシフト制であるところが大部分です。残業をしなくて済むようなシフトが組まれていれば残業せずに済みますが、遅く出勤して遅く帰るというシフトも当然あります。あくまでもシフト通りの勤務ということになります。

転職を考えている薬剤師限定 在宅をやっている薬局の探し方4つ

転職先の探し方

在宅をやりたい薬剤師向け。在宅をやっている薬局を探して転職する方法。転職先の薬局の条件として在宅医療を実施している薬局を上げる薬剤師が増えてきました。入院を短期化させてなるべく在宅でという流れですから当然のことでしょう。在宅をやっている薬局はまだ少数です。在宅をやっている薬局に転職したい場合、どのように探せばよいのでしょうか?