「基準調剤加算」タグの記事一覧

在宅業務のある薬局・ドラッグストアへの転職 薬剤師求人検索方法(正社員・パート・派遣)

在宅あり
在宅あり

在宅業務は薬局薬剤師にとってとても重要な業務です。在宅をやっていない薬局は薬局ではないと言わんばかりに地域支援体制加算の算定要件にもなっているのはご存じのとおりです。ここでは薬剤師が転職する際に在宅業務のある薬局を見つける方法をまとめました。

地域支援体制加算(旧基準調剤加算)算定のため薬局の営業日が増えて休みが取れなくなりました

不満とその解消法

地域支援体制加算を算定するために今まで休みだった平日も開局することになりました。薬局の定休日が日曜だけになってしまい、平日に休みが取れなくなりました。 もともと完全週休2日制だったのですが日曜日しか休めていません。 この […]

6.在宅に積極的に取り組んでいるかどうか

転職前の確認ポイント

10年後も存続している薬局とは。在宅に積極的に取り組んでいなければ存続の可能性は低いでしょう。平成26年の調剤報酬改定では基準調剤加算2の算定には在宅の実施が必須となりました。この流れを見れば、次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1にも在宅実施の要件が入ってくることが考えられます。

在宅の経験がある薬剤師の転職は大変有利です。

転職

在宅経験のある薬剤師急募!在宅経験のある薬剤師はどこの薬局でも欲しがるでしょう。うちの会社は昔から在宅医療に力を入れています。在宅の研修や地域ケア会議への参加はもちろん、地域包括支援センターとの連携など着々と進めています。今回の調剤報酬改定では、基準調剤加算2を算定するには在宅が必須となりました。次回の調剤報酬改定では基準調剤加算1も在宅の件数が条件に入ってくることでしょう。在宅医療がさらに進みます。薬剤師だけが乗り遅れるわけにはいきません。しっかりと地域の医療の輪に入らないと存在意義がなくなります。