「年収」タグの記事一覧

パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

パート薬剤師
パート薬剤師の時給、正しい求人の探し方

パート薬剤師の時給は平均すると2,000円から2,500円の間。実際に私が勤める薬局のパート薬剤師の時給は2,200円です。東京都などの大都市圏では少し安く1,800円から2,000円程度という薬局が多いです。パート薬剤師の時給は「需給」によって決まります。その地域における薬剤師の不足度が高まればパート薬剤師の時給は上がる方向に、不足度が低くなれば時給は下がります。地域によってパート薬剤師の時給に差があるのはそのためです。

薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較

おすすめ記事 不満とその解消法 円満退職の方法 薬剤師転職サイト 調剤薬局M&A 転職しないで年収アップ 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師の転職メリットとデメリット。転職でその不満本当に解決する?薬剤師の転職はメリット・デメリットと不満解決の可能性を十分比較してから決めましょう。このページには薬剤師が職場で不満をもち、転職を考えるようになってから、転職をするべきかどうかの判断方法、転職をする際の流れについて記載してあります。

薬剤師が人事評価制度を知り尽くして年収をアップさせる方法

人事評価制度 転職しないで年収アップ

薬剤師が転職せずに年収をアップさせる方法。薬剤師の給与や昇給・賞与がどの様にきまるのか。そのしくみを知ることで年収アップのためにはどこに注力すればよいかがわかります。患者さんのために仕事をするのはもちろんですが会社への貢献について意識するだけで他の薬剤師に差をつけることが可能です。

調剤薬局チェーンの紹介(8)ファーコス

調剤薬局

調剤薬局チェーン 株式会社ファーコスの特徴。ファーコス薬局の名前で山形から熊本まで展開している調剤薬局チェーン。親会社は東証1部上場の株式会社スズケン。ファーコスは、平成5年の創業当初から薬剤師による訪問服薬指導に取り組んで参りました。20年以上にわたって積み重ねてきた訪問服薬指導の実績やノウハウが、ファーコスの最大の強み。社長の島田氏は2016.7時点で日本薬剤師会の理事。薬剤師国家試験に仮に不合格であったとしても本人が希望すれば内定を延長可能。

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

転職先の探し方

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い。給料や年収に交渉の余地も。薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。薬局の採用部門ではこんなときどうするか。エムスリーキャリアやリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?

勤務時間 年収

仕事が早くて定時で帰る薬剤師と仕事が遅くて残業ばかりしている薬剤師 年収が高いのはどっち?どちらの薬剤師の年収(給料)が高いのかは変わってきますが、同年代の薬剤師間の給料を比較してみるとその結果は概ね「人事評価制度」によって決まります。長期的に見れば最終的に給料が高くなるのは結果を出している薬剤師です。

薬剤師の転職と住宅ローンについて

薬局の規模

転職しようとしている薬剤師のあなた。将来の住宅ローンの事を考えたことがありますか?薬剤師が転職先の薬局を決めるときに考慮する条件項目ベスト7。転職するときに住宅ローンの審査の心配をする人はあまりいないでしょう。でもこれから一戸建てやマンションの購入を予定している人は注意が必要です。住宅ローンの審査項目には、借り入れ時の年齢や完済時の年齢、健康状態の他にも勤続年数、年収、勤務先の規模などがあります。勤続年数、年収、勤務先の規模は転職によって大きく変動する項目です。勤続年数が短かったり、勤務先の規模があまりにも小さいと借りられる額が同じ年収の人と比べて少なくなることもあります。また、個人経営の薬局で展開している薬局数が少ないと何かあった時に解雇の可能性が高まります。⇒個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップで転職先の薬局を決めずにさまざまな視点から薬局を選びましょう。

薬剤師が不足している地方VS薬剤師が余り気味の都心部 どっちが得?

借り上げ社宅制度 給料

転職活動で薬局を探している時、働く場所を第一に考える場合が少なくありませんね。様々な理由があると思います。もし、働く場所(地域)にこだわりが無いのであればぜひ地方都市の薬局をおすすめします。都心ではなく、地方をすすめる理由はいろいろあります。薬剤師が転職をする際、地方の調剤薬局の方がお得な理由①薬剤師の給与が高い:薬剤師が不足している地方都市は、当然薬剤師が欲しい薬局が多いため、提示される給与額が都心部よりも高くなります。また、都会から地方へ人を動かしたいと思っている会社には地方手当が付くこともあります。②借り上げ社宅制度が使えることが多い:地方都市には近隣に薬科大が無いことが多く、薬剤師免許を持った人自体が都市部に比べて多くありません。そのためには都市部から人を引っ張ってくる必要があります。その薬局で働くためには引越しが伴いますから、住居を用意してくれる薬局がほとんどです。③通勤時間が短い(基本は車通勤):②の借り上げ社宅に関連しますが、基本的には薬局から近いところに家を借りますので通勤にかかる時間が都会に比べて少なく済みます。電車やバスの通勤ラッシュもありません。マイカー通勤も可能です。④お金が貯まる:給与が高くて、さらに家賃がほとんどかからない所に住めば当然お金が貯まります。

薬剤師の転職 その転職、本当に年収アップしますか?昇給額・昇給率のはなし

給料

薬剤師の転職 その転職、本当に年収アップしますか?昇給額・昇給率のはなし。転職を考える時、提示される年収(給与)も大事ですが、その後の昇給額・昇給率まで考えたことはありますか?。例えば、Aチェーン薬局に新卒で入社、調剤経験3年で現在の年収が400万円の薬剤師(非管理薬剤師)が転職を考えていたとします。求人を探していたところ、うちは年収600万円出しますというB薬局がみつかりました。 休日や残業の有無など、条件はなかなか良さそうです。年収にして200万円のアップ!!でも、このB薬局に転職した場合、本当に年収アップとなるでしょうか?

薬剤師の賞与(ボーナス)の金額はどのくらい?薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

不満とその解消法 給料

薬剤師が転職をするにあたり、月収を比較するのはもちろんですがが年収に大きな差が出るポインとがこの賞与(ボーナス)です。いくらもらえるのかというよりは何を基に計算されるのか聞いておきたいところです。業績のみなのか、人事評価のみなのか業績+人事評価なのか。基本的には基本給×係数(たとえば3.0カ月分など)が賞与として支給されますから、基本給が異常に低く抑えられている場合は賞与額も少なくなってしまいます。月額給与が25万円の薬局を比較してみます。

給料について 薬剤師が転職するにあたってチェックすべきポイント

給料

転職時に一番気になるのは給料がいくらになるのかだと思います。年収はいくらもらえるのか。どういう計算方法で給料がきまるのか・・など、給料ひとつとっても転職を決める前には確認すべきポイントがたくさんあります。ここからは、薬剤師が転職に成功するために必要な給料についてのチェックポイントを挙げていきます。