「年収比較」タグの記事一覧

薬剤師が不足している地方VS薬剤師が余り気味の都心部 どっちが得?

借り上げ社宅制度 給料

転職活動で薬局を探している時、働く場所を第一に考える場合が少なくありませんね。様々な理由があると思います。もし、働く場所(地域)にこだわりが無いのであればぜひ地方都市の薬局をおすすめします。都心ではなく、地方をすすめる理由はいろいろあります。薬剤師が転職をする際、地方の調剤薬局の方がお得な理由①薬剤師の給与が高い:薬剤師が不足している地方都市は、当然薬剤師が欲しい薬局が多いため、提示される給与額が都心部よりも高くなります。また、都会から地方へ人を動かしたいと思っている会社には地方手当が付くこともあります。②借り上げ社宅制度が使えることが多い:地方都市には近隣に薬科大が無いことが多く、薬剤師免許を持った人自体が都市部に比べて多くありません。そのためには都市部から人を引っ張ってくる必要があります。その薬局で働くためには引越しが伴いますから、住居を用意してくれる薬局がほとんどです。③通勤時間が短い(基本は車通勤):②の借り上げ社宅に関連しますが、基本的には薬局から近いところに家を借りますので通勤にかかる時間が都会に比べて少なく済みます。電車やバスの通勤ラッシュもありません。マイカー通勤も可能です。④お金が貯まる:給与が高くて、さらに家賃がほとんどかからない所に住めば当然お金が貯まります。

薬剤師の年収比較 調剤薬局の薬剤師の年収(給与)は平均いくら??

給料

特に2~3年目の薬剤師の方は、いろいろ転職を含めて今後のことを一度考える時期が来ます。(実際私もそうでした。)。チェーンの調剤薬局に入って2年目(非管理薬剤師)の月収は約27万円。手取り額は約20万円でした。年収にするとボーナスを含めて約380万円。この薬局(会社)に入って本当によかったのだろうか?同期の友人(MR)の給料を聞くとがっかりする。。。この後本当に給料は上がっていくのだろうか?他のチェーン薬局の給料ってどんな感じなのだろう???いろいろな疑問が頭をよぎります。とはいってもなかなか友達にいくらもらっているのかは聞けないもの。そんな時は募集している求人広告から推測することも可能です。薬剤師の転職支援サイトに登録しておけば、給与の見積もり(概算)を出してもらうことも可能です。特に薬剤師の不足している地方では、現在の給与+αを確約してくれるところもありました。現在では徐々に薬剤師は充足しつつありますので、早めに手を打っておきましょう。登録から転職終了まで、すべて費用はかかりません。また、転職を強要されることもありません。始めのうちは、まずはとりあえず登録だけしておいて、良いなと思った薬局だけ話を聞くというスタンスがよいと思います。