「異動」タグの記事一覧

転勤や異動の無い薬剤師の求人を探す方法(正社員・パート)

転勤・異動なし
転勤・異動のない薬剤師求人

転勤や異動の無い薬剤師正社員・パート薬剤師の求人を探す方法のまとめ。派遣薬剤師には基本的に転勤や異動はありません。転勤・異動の無い職場に勤務するメリットとデメリット。人間関係が悪くなると転勤や異動で環境を変える事ができないことは大きな問題となります。メリットとデメリットををよく比較して転職先を探しましょう。

調剤薬局チェーンの紹介(8)ファーコス

調剤薬局

調剤薬局チェーン 株式会社ファーコスの特徴。ファーコス薬局の名前で山形から熊本まで展開している調剤薬局チェーン。親会社は東証1部上場の株式会社スズケン。ファーコスは、平成5年の創業当初から薬剤師による訪問服薬指導に取り組んで参りました。20年以上にわたって積み重ねてきた訪問服薬指導の実績やノウハウが、ファーコスの最大の強み。社長の島田氏は2016.7時点で日本薬剤師会の理事。薬剤師国家試験に仮に不合格であったとしても本人が希望すれば内定を延長可能。

薬剤師の中途採用面接で面接官の私が必ず質問する7つの項目

面接

管理薬剤師をしていると薬剤師の中途採用面接に面接官として参加することもあります。私が薬剤師の採用面接で必ず聞く質問は、つぎの項目です。転職を考えた理由(きっかけ)、前職でどのような業務をしてきたか、他に受けている薬局はあるかどうか、この会社(薬局)に入って何ができるか(したいか)、異動は可能かどうか、協調性について、何か質問は?、もし若い薬剤師であれば、親は今回の転職についてどう考えているかを追加で質問します。話の流れで多少前後しますが、おおむねこの順番で聞いていきます。

薬剤師の上司(管理薬剤師)が最悪でやってられません。薬局の薬剤師より

不満とその解消法 管理薬剤師 薬局の規模 雰囲気

薬局は狭い空間の中で、薬剤師と事務合わせて数名で運営しているところが多いと思います。 少ないところでは薬剤師1名+事務1名というところもありますが、多くは薬剤師と事務合わせて5から10名ほどではないでしょうか。 薬局の雰 […]

薬局を辞める前に上司や同僚、同期の薬剤師にまずは相談を

不満とその解消法 転職

現在勤めている薬局に不満があり、転職を考えている薬剤師へ。仕事をやめようと考える前にまずは周りの人に相談を。上司に言いづらければ同僚や同期の仲間に。同じ会社でも薬局によって人間関係も違えば雰囲気も全く違うことだってあります。せっかく入社して仲間もできたのに、今いる薬局だけを見て嫌になって辞めてしまうのは大変もったいない。会社を辞めることはいろいろな面で損失となる場合があります。転職をすると多くの場合生涯賃金が低くなります。(よほど良い給与体系の薬局に転職できれば取り戻せますが。)転職ではなく、社内異動ならそのような損失は少なくとも回避できます。薬剤師のための転職ガイドと言っておきながら転職を薦めない内容となってしまいましたが、それだけ転職というものにはパワーを消費します。私も2回調剤薬局→調剤薬局の転職をしましたが、どちらも大変でした。今勤めている薬局はいい会社なので辞めるつもりはありません。転職したからこそ良い会社に入れたということかもしれませんが、軽い気持ちで転職するのはあまりおススメできません。いまの薬局が嫌で嫌で仕方が無いと考えている薬剤師さん。転職せずにすむ方法をまずは考えてみることから始めてみてはいかがでしょうか?