「研修」タグの記事一覧

研修制度が充実している薬局・ドラッグストア・病院の求人を探す方法(正社員・パート・派遣)

教育研修制度充実
教育研修制度充実

薬剤師は常に勉強。新しい薬や治療方法、ガイドラインなどの知識をアップデートしていく必要があります。自己学習を続けるのはもちろんですが、会社としてどのような研修を行っているかも結構重要です。ここでは、研修制度が充実している薬局や病院、ドラッグストアの求人を探す方法をまとめました。

薬剤師の転職と住宅ローンについて

薬局の規模

転職しようとしている薬剤師のあなた。将来の住宅ローンの事を考えたことがありますか?薬剤師が転職先の薬局を決めるときに考慮する条件項目ベスト7。転職するときに住宅ローンの審査の心配をする人はあまりいないでしょう。でもこれから一戸建てやマンションの購入を予定している人は注意が必要です。住宅ローンの審査項目には、借り入れ時の年齢や完済時の年齢、健康状態の他にも勤続年数、年収、勤務先の規模などがあります。勤続年数、年収、勤務先の規模は転職によって大きく変動する項目です。勤続年数が短かったり、勤務先の規模があまりにも小さいと借りられる額が同じ年収の人と比べて少なくなることもあります。また、個人経営の薬局で展開している薬局数が少ないと何かあった時に解雇の可能性が高まります。⇒個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップで転職先の薬局を決めずにさまざまな視点から薬局を選びましょう。

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職

転職理由・動機

転職回数が多いと不利ですか?いえ、理由が大事です。30代女性薬剤師の転職薬剤師を採用する立場でお話しいたします。求職者の履歴書を見て、転職回数が多い場合、あれっ??と思うのは事実です。重要なのは転職の回数ではなく、その理由。面接の時にはその理由を絶対聞きます。転職理由が妥当な場合は回数が多いことはあまり気にしません。転職回数が多くても、過去の転職理由が妥当だと思う例(あくまでも採用する立場で):①勤めていた薬局が閉局⇒これは仕方のないこと。薬剤師本人にはどうしようもない部分です。②夫の転勤⇒女性が多い薬剤師。これも仕方のないことです。③結婚・出産・育児⇒②に近いですが、これも女性にとっては大切なことですから、妥当かと思います。④親の介護の都合⇒最近多いです。実家近くへの引越しに伴う転職。過去の転職理由としては良いですが、今回の転職理由だと急に休みが必要となることが多いかも、と少し心配になります。

調剤薬局の薬剤師教育・研修システム 転職活動ではしっかりチェックを!!

教育・研修システム

勉強できる薬局で働きたいと言う薬剤師が少なく無いそうです。様々な診療科の処方せんを受けている薬局に勤務すれば勉強になると安易に考えがちですが、勉強をするかしないかは自分次第。小さな薬局でも門前以外の医療機関から処方せんを受けているはずですから、薬局の規模やどの診療科の処方せんが多いかで転職先の薬局を決めるのはあまりおススメできません。勉強して得た知識を患者さんのために役立てるのが薬剤師の仕事です。勉強するのが目的ではありません。とは言っても、会社に教育研修システムが全くないというのも問題です。どのような教育研修システムが構築されているのかを確認しておきましょう。