「給与交渉」タグの記事一覧

パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

パート薬剤師
パート薬剤師の時給、正しい求人の探し方

パート薬剤師の時給は平均すると2,000円から2,500円の間。実際に私が勤める薬局のパート薬剤師の時給は2,200円です。東京都などの大都市圏では少し安く1,800円から2,000円程度という薬局が多いです。パート薬剤師の時給は「需給」によって決まります。その地域における薬剤師の不足度が高まればパート薬剤師の時給は上がる方向に、不足度が低くなれば時給は下がります。地域によってパート薬剤師の時給に差があるのはそのためです。

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

転職先の探し方

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い。給料や年収に交渉の余地も。薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。薬局の採用部門ではこんなときどうするか。エムスリーキャリアやリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。

薬剤師の求人情報の見方 転職後の本当の年収はいくらか

年収 給料

薬剤師の求人情報の見方 本当の年収はいくらでしょうか?薬剤師求人情報内の年収欄の記載例年収400万円~600万円(※経験・能力による)、年収400万円~600万円(応相談)、年収400万円~、年収600万円以上可、~650万円。ある地域の調剤薬局の一般薬剤師(正社員)の求人情報の年収欄を抜粋してみました。薬局薬剤師の実際の年収は求人情報だけではわからない。転職を希望する薬剤師の経験年数・能力がわからなければ、会社側も「あなたには年収○○○万円出します」とは当然のことながら言えません。

各薬局のホームページから求人情報を探してエントリーする

転職先の探し方

自力で各薬局のホームページから情報を得て、エントリーするという方法もあります。こんな薬剤師に向いています:大手・中規模チェーン調剤に転職を考えている薬剤師、ネットを用いた情報収集が得意な薬剤師、自己アピールがうまい薬剤師、交渉術に長けている薬剤師。パソコンやスマートフォンで自分の好きな時に情報を検索することができ、自分のペースで転職活動を進めることができます。面接まではどこかに出向くといったことがないため、仕事でなかなか休みが取れない薬剤師でもこの方法は使えます。注意点:自力で薬局各社のWEBサイト(ホームページ)から情報収集していくのは大変労力と時間がかかります。また、WEBサイトを作成していない薬局の情報は得られません。WEBサイトはその会社(薬局)が作成しています。さすがに嘘は書かれていないでしょうが、表面上の情報しか得られない場合が多いので注意が必要です。薬剤師の給与に関しては、「※経験及び当社規定により優遇」といった記載が多く、本当のところどうなの?といった生の情報はWEBサイトだけでは得られないでしょう。エントリーすれば、連絡が来て面接という流れになると思いますが、詳細な条件提示や給与の交渉、聞きづらいことは面接時にすべて自分でクリアにしていかなければなりません。すべて自分で交渉できる薬剤師ならこの方法が良いと思います。