「薬剤師」タグの記事一覧

薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン

新卒薬剤師の就職活動 給料 調剤薬局ランキング
薬剤師初任給比較

新卒薬剤師の初任給比較 大手調剤薬局チェーン版です。概ね初任給は250,000円~350,000円程度。どこの地域に働くかによって支給される額が変わる「地域手当」の金額差によるところが大きいです。薬剤師が不足している地方や、交通の便が悪くて人気が無く薬剤師の配置が難しい地域は「地域手当」が高額になる傾向があります。またそういった地方へ配属される場合は住宅手当の支給とは別に借り上げ社宅制度が使え、住宅費を大幅に削減することも可能で大変お得です。 ※初任給=基本給ではありませんのでご注意ください。また手取り金額でもありません。※相場よりも大幅に基本給が安く、薬剤師手当が高い場合、基本給を基に計算される賞与や昇給額を安く抑えられてしまうこともあり注意が必要です。

薬剤師転職サイト比較ランキング2018

薬剤師転職サイト比較
薬剤師転職支援サイトランキング

薬剤師転職サイト比較ランキングはあらゆる角度から薬剤師転職サイトを徹底的に比較・分析してランキング形式にしたものです。薬剤師公開求人数、薬局求人数、病院求人数、ドラッグストア求人数、企業求人数、派遣薬剤師求人数、パート薬剤師求人数のそれぞれで順位をつけています。薬剤師転職サイトの比較にご利用ください。

育児短時間勤務の薬剤師と既存薬剤師間で摩擦が生じて雰囲気最悪です。

パート薬剤師 不満とその解消法 派遣薬剤師 結婚・出産・育児

短時間勤務制度とは、短時間勤務制度の充実により薬局で実際に起きた弊害、薬局内で時短勤務の社員と既存社員に摩擦が生じないようにする7つの方法、フルで働ける派遣薬剤師や、午後から閉局まで働けるパート薬剤師は重宝される

育児が一段落したママ薬剤師におすすめ ブランクあり歓迎の求人の探し方

パート薬剤師 結婚・出産・育児

育児が一段落したので職場復帰したい。子供がまだ小さいので正社員としてでは難しいからパートを希望。 けどブランクがあるので雇ってくれるところがあるのか心配です。 休んでいる間に新薬が出たり調剤報酬制度も変わっていたり・・・ […]

地域支援体制加算(旧基準調剤加算)算定のため薬局の営業日が増えて休みが取れなくなりました

不満とその解消法

地域支援体制加算を算定するために今まで休みだった平日も開局することになりました。薬局の定休日が日曜だけになってしまい、平日に休みが取れなくなりました。 もともと完全週休2日制だったのですが日曜日しか休めていません。 この […]

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。

かかりつけ薬剤師 不満とその解消法

薬局の人間関係の不満。同僚薬剤師とうまくいかず雰囲気が最悪です。どうしたらよいでしょうか?少人数のスタッフで働くことが多く、人間関係による不満は薬剤師の退職理由として少なくありません。まずは異動を願い出る、対応してくれなければ転職を検討するという流れが理想でしょう。

薬剤師の長時間労働について(残業・休日出勤・夜勤他)

休日 勤務時間 年収 転職しないで年収アップ

薬剤師の長時間労働。残業代等の手当が増えるというメリットはありますがデメリットの大きさは計り知れません。ワークライフバランスの悪化は健康を損なうことにつながります。勉強しない薬剤師の評価は下がる一方。昇給や賞与も低くなります。

薬剤師がこれをすると絶対転職を失敗する・・・ 必読8つの実例記事

ブラック薬局 小規模(個人)薬局 薬局の規模 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。当サイト運営者の転職失敗体験、個人経営もしくは小規模チェーンへの薬局への転職、年収が希望額以上というだけで転職先を決める、深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決める、実際に薬局へ足を運ばない。薬局見学をしない、配属予定ではない薬局しか見学しない、転職活動をしているうちに考えがぶれる(譲れない条件を譲った)、薬剤師が転職を失敗しないためには。こんな薬局への転職は「ダメ。ゼッタイ。」

平成27年3月 薬剤師の職業別初任給額

年収 新卒薬剤師の就職活動 給料

平成27年3月に薬系大学を卒業した学生の就職先とその初任給額の調査結果より、調剤薬局、病院、製薬会社、ドラッグストアの初任給額を比較しました。 初任給で30万円以上欲しいなら選択肢はドラッグストアか薬局のみ。生涯賃金で選ぶなら製薬会社。総合的な知識・技能を習得するなら薬局か病院。

薬剤師の転職と住宅ローンについて

薬局の規模

転職しようとしている薬剤師のあなた。将来の住宅ローンの事を考えたことがありますか?薬剤師が転職先の薬局を決めるときに考慮する条件項目ベスト7。転職するときに住宅ローンの審査の心配をする人はあまりいないでしょう。でもこれから一戸建てやマンションの購入を予定している人は注意が必要です。住宅ローンの審査項目には、借り入れ時の年齢や完済時の年齢、健康状態の他にも勤続年数、年収、勤務先の規模などがあります。勤続年数、年収、勤務先の規模は転職によって大きく変動する項目です。勤続年数が短かったり、勤務先の規模があまりにも小さいと借りられる額が同じ年収の人と比べて少なくなることもあります。また、個人経営の薬局で展開している薬局数が少ないと何かあった時に解雇の可能性が高まります。⇒個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップで転職先の薬局を決めずにさまざまな視点から薬局を選びましょう。