「薬剤師の採用」タグの記事一覧

薬剤師国家試験の合格率で薬剤師の求人状況が変わります。転職予定の薬剤師は要チェック!

求人状況

第101回薬剤師国家試験の試験日は平成28年2月27日(土)及び2月28日(日)、合格発表は3月28日(月)午後2時です。ここ数年薬剤師国家試験の合格率が低いですね。今回の薬剤師国家試験の合格率はどうなるでしょうか?そして合格率によって薬剤師の求人状況はどのように変わるのでしょうか?薬剤師国家試験の合格率が低い場合と高い場合について比較してみます。

薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

不満とその解消法 薬剤師の採用 転職理由・動機
薬剤師辞めたい!転職を決めた理由と薬剤師が持つ不満一覧

薬剤師なんてもう辞めたい。こんな薬局辞めてやる!こんな病院でもう働けない。ドラッグストアなんて入るんじゃなかった・・・。 薬剤師を辞めたいというよりは今の職場を辞めたいということですよね。 薬剤師が転職を考えるきっかけと […]

3.新卒薬剤師の採用を積極的に行っている薬局かどうか

転職前の確認ポイント

10年後も働ける薬局かどうかを判断する時には、新卒の採用数が増えているかどうかをよく確認しておきましょう。将来の事業拡大を予定している薬局は新卒薬剤師の採用に力を入れているはずです。大規模に事業を拡大していく予定が無くても、新卒の薬剤師の採用数が適正に行われていなければ事業の継続もままなりません。重要なのは採用予定人数ではなく、実際に入社した人数です。ドラッグストアや他の薬局に採用負けしているということは、裏を返せばその薬局に魅力がないということです。魅力がなければ、入社を希望する薬学生は集まってきません。

2.薬局数が増加しているかどうかをチェック

転職前の確認ポイント

10年後も働ける薬局かどうかを判断するのに、その会社の薬局数(店舗数)の増加数が参考になります。このような厳しい薬局経営状況の中でもしっかりと薬局数を増やせている会社は、それなりに資金が豊富であり、かつ薬剤師の確保もできていると考えることができます。10年後も働ける薬局かどうかをこのあたりから判断してみましょう。

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由③経験者は扱いづらい?

教育・研修システム 薬剤師の採用

過去に採用した調剤経験ありの薬剤師が大変扱いづらかったため、よほどの人材で無い限り今後は新卒か調剤未経験者しか採用しないという薬局もあります。調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用される理由のひとつです。薬剤師バブルが終焉したというのに今もなお、勘違い薬剤師っています(印象ではだいぶ減ってきましたけど。)あなたの薬局にもこんな薬剤師はいませんか?こんな薬剤師は要らない:管理薬剤師でもないのになぜか調剤室内を仕切っている薬剤師。会社の方針にいちいち文句を言う薬剤師。上司の言うことを絶対聞かない薬剤師。自分の思い通りに事が進まないとイライラしてまわりに八つ当たりする薬剤師。患者さんに対して常に上から目線の薬剤師。医師ではないのに何かと診断したがる薬剤師。間違いは全て人のせいにする薬剤師。難しい処方内容から逃げる薬剤師。患者さんを選ぶ薬剤師。コミニュケーションが取れない薬剤師。全く勉強しない薬剤師などなど・・・。いくら知識が豊富でも上記のような薬剤師だったらはっきり言って採用しません。とは言っても、面接で見抜ければの話ですが・・・。まだ知識が少なくても、医療従事者としての心構えがしっかりしている素直な調剤未経験薬剤師を採用し、一から教育して育てた方が後々良い人財になる確率が高いと私は思います。調剤未経験でも、もう一度最初から勉強して薬局で働きませんか?

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由②若い薬剤師が欲しい

教育・研修システム 薬剤師の採用

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由の一つとして、若い薬剤師が欲しいというものがあります。 調剤薬局を経営している会社からの視点で見てみます。   採用する側(人事)が薬剤師を中途採用する際に必ず […]

小規模個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。

小規模(個人)薬局

個人薬局への転職は?チェーン薬局より給料高くて良さそうですが。個人薬局への転職を勧めない8つの理由。医療費削減のために調剤報酬がどんどん減らされている昨今。今までと同じ仕事をしているだけではどんどんと薬局の収入は下がっていきます。個人薬局でも、例えば立地が格段に良かったり、門前医療機関との関係が良好で経営がうまく行っているところももちろんありますが、個人薬局への転職には注意が必要です。個人薬局への転職を勧めない8つの理由①将来のポストが少ない②会社の将来性がない(少ない)③薬局数が少ないと経営難に陥りやすい④十分な設備投資がされない⑤人手不足になった時採用が難しい⑥社長と一緒に働く⑦もしくは社長の奥さんと一緒に働く⑧人間関係が良くなかった場合、逃げ場が無い。実際には、大手チェーンよりもすばらしい個人薬局はたくさんあります。自分ひとりで転職活動を始めてしまうと、その薬局の事を良く分からないまま入社を決めてしまい、絶対に後悔します。良いチェーン調剤薬局を見つけるのと、良い個人薬局を見つけるのとでは、後者の方が断然難しい。調剤薬局への転職を失敗しないためにも、無料の転職支援サイトを有効に活用しましょう。