「薬剤師の求人情報」タグの記事一覧

薬局の求人情報からブラック薬局を見抜く方法

ブラック薬局 人間関係 求人状況 転職前の確認ポイント

薬局の求人情報をみるだけでブラックなのかホワイトなのか判断可能ですか? 薬剤師の中途採用募集要項・求人票から見抜くブラック薬局ワード ブラック薬局に入社するのは簡単ですがブラック薬局を辞めるのは大変です。転職活動の際は求 […]

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

転職先の探し方

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い。給料や年収に交渉の余地も。薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。薬局の採用部門ではこんなときどうするか。エムスリーキャリアやリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。

薬剤師の求人情報の見方 転職後の本当の年収はいくらか

年収 給料

薬剤師の求人情報の見方 本当の年収はいくらでしょうか?薬剤師求人情報内の年収欄の記載例年収400万円~600万円(※経験・能力による)、年収400万円~600万円(応相談)、年収400万円~、年収600万円以上可、~650万円。ある地域の調剤薬局の一般薬剤師(正社員)の求人情報の年収欄を抜粋してみました。薬局薬剤師の実際の年収は求人情報だけではわからない。転職を希望する薬剤師の経験年数・能力がわからなければ、会社側も「あなたには年収○○○万円出します」とは当然のことながら言えません。

薬剤師転職支援サイトに登録されている年収700万円以上の求人数を比較

年収

薬剤師年収700万円以上の求人情報数。薬剤師のための年収(給料・収入)アップ・転職ガイド調べ。薬剤師年収900万円の求人情報に比べて約50倍、薬剤師の年収800万円の求人情報と比べても約4倍の求人情報数となっていました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収700万円はかなり現実的です。

薬剤師年収800万円の求人案件ならもっとあります

年収

薬剤師年収800万円の求人案件。年収900万円に比べて約10倍の求人情報がありました。調剤薬局の薬剤師(一般薬剤師・管理薬剤師)の正社員であれば年収800万円は可能です。けっこうあるものですね。非公開の求人案件を加えればこれ以上です。非公開の求人案件は登録することによりコンサルタントから直接得られます。

新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する

転職先の探し方

6.新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探して転職する。新聞の広告欄にはごくまれに薬局の求人情報が掲載されていることがあります。この情報をもとに転職活動をする方法です。こんな薬剤師に向いています:特になし。注意点:自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率はゼロに等しいです。 この方法だけで転職先の薬局を探すことはほぼ無理でしょう。

新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探す

転職先の探し方

5.新聞の求人折り込みで転職先の薬局を探す。日曜日の新聞折り込みにはその地域の求人情報が入ると思います。その中で薬局の求人情報を探して転職する方法です。こんな薬剤師に向いています。近所の薬局で働きたいと思っている薬剤師。注意点:自分が希望する勤務地や条件の求人情報が載っている確率は低いです。また、求人情報だけでは情報が少なすぎるため、詳細は面接時に自分で確認しなくてはいけません。給与の交渉等すべて自分で行う必要があります。