「薬剤師の求人票」タグの記事一覧

薬剤師の転職失敗談 これをやると絶対に転職を失敗する必読8つの実例記事

ブラック薬局 小規模(個人)薬局 薬局の規模 転職先の探し方 転職前の確認ポイント

薬剤師が転職をするにあたり、これをやるとほぼ確実に失敗に近づくという実例記事をまとめました。転職は大変です。1回で確実に成功させましょう。当サイト運営者の転職失敗体験、個人経営もしくは小規模チェーンへの薬局への転職、年収が希望額以上というだけで転職先を決める、深く検討せず薬局の求人票や募集要項の情報のみで転職先を決める、実際に薬局へ足を運ばない。薬局見学をしない、配属予定ではない薬局しか見学しない、転職活動をしているうちに考えがぶれる(譲れない条件を譲った)、薬剤師が転職を失敗しないためには。こんな薬局への転職は「ダメ。ゼッタイ。」

薬剤師の求人情報の見方 転職後の本当の年収はいくらか

年収 給料

薬剤師の求人情報の見方 本当の年収はいくらでしょうか?薬剤師求人情報内の年収欄の記載例年収400万円~600万円(※経験・能力による)、年収400万円~600万円(応相談)、年収400万円~、年収600万円以上可、~650万円。ある地域の調剤薬局の一般薬剤師(正社員)の求人情報の年収欄を抜粋してみました。薬局薬剤師の実際の年収は求人情報だけではわからない。転職を希望する薬剤師の経験年数・能力がわからなければ、会社側も「あなたには年収○○○万円出します」とは当然のことながら言えません。

ハローワークで薬剤師の求人情報を探す

転職先の探し方

3.ハローワークで薬局の求人情報を探す。ハローワークに通って自分の希望の薬局の求人情報を探すという方法があります。薬剤師を採用したい場合、多くの薬局はまず最初にハローワークに求人を出します。そして応募があった時に(パート薬剤師の場合はある程度の人数になったところで)面接を行い、採用するという流れになります。採用者が決まり次第、ハローワークの求人は取り下げます。こんな薬剤師に向いています:近所の薬局で働きたい薬剤師、すぐにでも働き始めたい薬剤師、常勤ではなくパートで働きたいと考えている薬剤師。あなたがお住まいの地域の薬局を探す場合で、特に早く職場を決めたい場合はハローワークの求人情報が一番強いと思います。注意点:自分が働きたいと思ったときに、条件を満たす求人があるかどうかはハローワークに行ってみないとわからない。給与の交渉は難しい(求人情報に掲載された内容通りになる)。経験等で優遇となっていれば交渉できるがすべて自分で行わなくてはいけません。

薬剤師が転職先の調剤薬局を探す時に使う方法の一覧(まとめ)

転職先の探し方

薬剤師が転職先の調剤薬局を探す時に使う方法の一覧(まとめ):自ら持っている人脈に頼って転職先の薬局を探す。ハローワークで薬局の求人を探す。医薬品卸の担当者から薬局の情報をもらう。新聞の求人折り込みで薬局を探す。新聞の広告欄で薬剤師の求人情報を探す。薬学系雑誌に掲載されている求人情報で探す。薬剤師転職支援サイトからの紹介。転職で失敗しないためには、そして自分が希望する条件に合う薬局を探すにはこの中のどれを使えば間違いがないのか。

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由①薬剤師不足

教育・研修システム

調剤薬局では薬剤師を採用する際の条件として、薬剤師の求人票には「要薬剤師免許」とだけ書かれている場合がほとんどです。調剤経験の年数は給与決定に考慮されますが、調剤経験の無い薬剤師でも採用拒否の理由にはならないことがほとんどです。(薬剤師が過剰になってくれば状況は変わるかもしれません。)調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用をする理由を挙げてみました。①薬剤師の人手不足:処方せん発行医療機関数には以前のような伸びはありませんが、薬局の新規開局をどんどん進めている薬局チェーンでは当然薬剤師が必要となります。また、ドラッグストアが調剤併設店舗を増やしていることも薬剤師不足の要因となっています。薬科大が無い地方では、以前から慢性的な薬剤師不足の状態が続いています。調剤薬局の業務内容は処方せん調剤やOTC販売だけではありません。最近では在宅に力を入れている薬局が増えてきています。今後ますます薬剤師は在宅医療に関わっていくことでしょう。現状として、処方せん調剤だけで手一杯の薬局で在宅医療を始めるとどうしても薬剤師の人手が足りません。在宅医療への参加によって薬剤師が慢性的な不足状態となっている薬局が増加傾向にあります。このような理由で薬剤師不足になっている薬局では、調剤経験の無い薬剤師でも積極的に採用しようとしているのです。調剤経験が無い薬剤師さんが転職先を決める際には、教育・研修システムがしっかりしている会社の薬局かどうかをしっかり確認してください。教育・研修システムが整っていない会社だと、薬局に配属してすぐに調剤・投薬をするように投げ出されてしまいます。