「薬剤師不足」タグの記事一覧

パート薬剤師が募集要項や求人票の時給で働いてはいけない理由とは

パート薬剤師
パート薬剤師の時給、正しい求人の探し方

パート薬剤師の時給は平均すると2,000円から2,500円の間。実際に私が勤める薬局のパート薬剤師の時給は2,200円です。東京都などの大都市圏では少し安く1,800円から2,000円程度という薬局が多いです。パート薬剤師の時給は「需給」によって決まります。その地域における薬剤師の不足度が高まればパート薬剤師の時給は上がる方向に、不足度が低くなれば時給は下がります。地域によってパート薬剤師の時給に差があるのはそのためです。

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

転職先の探し方

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い。給料や年収に交渉の余地も。薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。薬局の採用部門ではこんなときどうするか。エムスリーキャリアやリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。

薬剤師の売り手市場の終焉。薬剤師を採用する側は面接でしっかり選びます。

薬剤師の採用

薬剤師の売り手市場の終焉。薬剤師を採用する側は面接でしっかり選びます。2名の転職希望薬剤師を不採用にしました。薬剤師はある程度充足してきています。以前はよほど変な人でなければ採用していましたが、今は選びます。転職を考えているなら早めに行動することが大切です。

薬局が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった薬剤師はどうすべきか

不満とその解消法 休日 転職理由・動機

薬局の仕事が忙しすぎて休みが取れない。もう嫌になった私はどうすべきでしょうか。日々の業務でクタクタ。管理薬剤師や同僚の薬剤師、もしくは事務との人間関係に疲れる毎日。自分が好きな時に休みも取れず、休日は研修や勉強会という名の出勤や会議・・・。定休日がある薬局だから、連休はほとんどないから旅行へも行けないし。。。こんな不満を持っている薬剤師は少なくないと思います。休みが取れない、忙しすぎて嫌になったらあなたならどうしますか?

調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用する理由①薬剤師不足

教育・研修システム

調剤薬局では薬剤師を採用する際の条件として、薬剤師の求人票には「要薬剤師免許」とだけ書かれている場合がほとんどです。調剤経験の年数は給与決定に考慮されますが、調剤経験の無い薬剤師でも採用拒否の理由にはならないことがほとんどです。(薬剤師が過剰になってくれば状況は変わるかもしれません。)調剤薬局が調剤経験の無い薬剤師でも積極採用をする理由を挙げてみました。①薬剤師の人手不足:処方せん発行医療機関数には以前のような伸びはありませんが、薬局の新規開局をどんどん進めている薬局チェーンでは当然薬剤師が必要となります。また、ドラッグストアが調剤併設店舗を増やしていることも薬剤師不足の要因となっています。薬科大が無い地方では、以前から慢性的な薬剤師不足の状態が続いています。調剤薬局の業務内容は処方せん調剤やOTC販売だけではありません。最近では在宅に力を入れている薬局が増えてきています。今後ますます薬剤師は在宅医療に関わっていくことでしょう。現状として、処方せん調剤だけで手一杯の薬局で在宅医療を始めるとどうしても薬剤師の人手が足りません。在宅医療への参加によって薬剤師が慢性的な不足状態となっている薬局が増加傾向にあります。このような理由で薬剤師不足になっている薬局では、調剤経験の無い薬剤師でも積極的に採用しようとしているのです。調剤経験が無い薬剤師さんが転職先を決める際には、教育・研修システムがしっかりしている会社の薬局かどうかをしっかり確認してください。教育・研修システムが整っていない会社だと、薬局に配属してすぐに調剤・投薬をするように投げ出されてしまいます。

妥当でない転職理由(動機)で転職を繰り返す薬剤師は採用されません

転職理由・動機

転職を繰り返す薬剤師は採用されにくくなっています。ただそれは妥当でない転職理由(動機)である場合に限られます。理由が妥当であれば転職回数が多くても気にすることはありません。 転職回数が多く、この理由だったら採用しないなと思う例(あくまでも採用する立場で)①給料が安い⇒また同じ事を言い出すよね。きっと。②薬局の人間関係が悪い⇒判断に迷います。毎回この理由で転職している人は、その人自身が人間関係を悪くしている場合もあります。また、うまくコミニュケーションをとれない人なのかもしれません。③仕事が忙しすぎる⇒これも迷います。本当に激務の職場だったのか、その薬剤師が甘えているのか。同じ理由で辞められては困りますから採用しない方向になると思います。④もっと勉強できる職場で働きたい⇒この理由結構多いです。調剤や鑑査、服薬指導は勉強してきたことをアウトプットする場所。勉強は大事ですが、勉強だけされに来ても困ります。大事なのは患者さんの役に立つ仕事をすること。確かに単科の門前で1日30枚くらいの薬局で働いている薬剤師はその知識量に不安を持つことがあるかも知れませんが、どの職場でも勉強はできます。結局は薬剤師本人の甘えの部分が大きいです。転職回数が多くこの理由だったら採用しないなと思う例を4つ挙げてみましたが、薬剤師が転職する理由として多いのは、この4つでしょう。薬剤師が過剰となってきており、こういった理由で転職を繰り返す薬剤師を採用する薬局は今後ますます減っていきます。とはいっても、まだまだ薬剤師が不足している地方が多いのは事実。いまのうちなら転職も可能で年収がアップする案件もあります。薬剤師の求人情報が豊富な転職支援サイトに登録してたくさん紹介してもらうことが、転職成功の近道です。転職理由がどうであれ、薬剤師が不足していてどうしてもすぐに必要という薬局なら、採用されます。