「薬剤師転職」タグの記事一覧

薬剤師転職サイト比較ランキング2018

薬剤師転職サイト比較
薬剤師転職支援サイトランキング

薬剤師転職サイト比較ランキングはあらゆる角度から薬剤師転職サイトを徹底的に比較・分析してランキング形式にしたものです。薬剤師公開求人数、薬局求人数、病院求人数、ドラッグストア求人数、企業求人数、派遣薬剤師求人数、パート薬剤師求人数のそれぞれで順位をつけています。薬剤師転職サイトの比較にご利用ください。

転職を考えている薬剤師限定 在宅をやっている薬局の探し方4つ

転職先の探し方

在宅をやりたい薬剤師向け。在宅をやっている薬局を探して転職する方法。転職先の薬局の条件として在宅医療を実施している薬局を上げる薬剤師が増えてきました。入院を短期化させてなるべく在宅でという流れですから当然のことでしょう。在宅をやっている薬局はまだ少数です。在宅をやっている薬局に転職したい場合、どのように探せばよいのでしょうか?

薬剤師の転職 社宅付・借り上げ社宅制度ありと言ってもいろいろあります

借り上げ社宅制度

社宅制度がある薬局(会社)に勤めたいと思っている方も多いのではないでしょうか?社宅付とか、借り上げ社宅制度ありと言ってもいろいろあります。その会社の人が一緒に住む、いわゆる社宅ですが、薬局の場合は規模が小さく1薬局の従業員数が少ないため、ほとんどありません。大部分のチェーン薬局にあるのは、借り上げ社宅制度です。借り上げ社宅制度とは、条件の範囲内で民間のアパートを会社名義で借り、そこに住むこと。家賃や広さなどの条件が決められていることがほとんどです。この借り上げ社宅制度ですが、全員がこの制度を利用できるとは限りません。当然会社によって異なるのですが、概ね都心部では適応されず、借り上げ社宅制度が利用できるのは地方に限られていることが多いようです。また、実家から通える人はなるべく通ってもらうのが原則というところが多いです。よくある薬局の借り上げ社宅制度(会社によって異なります)

薬剤師の転職 薬局見学の落とし穴 最新設備で良い薬局に見えましたが?

設備

薬剤師の転職 薬局見学の落とし穴 最新設備で良い薬局に見えましたが・・。転職活動で薬局を探す時、条件に合った会社の薬局をいくつか見学させてもらうことがあると思います。(私も薬局を探している間に8薬局見学しました。)せっかく働くなら良い環境で働きたいものですよね。あなたが見学に行った薬局には次の設備が整っていたとします。電子薬歴、散剤鑑査システム、QRコードを読み取れるレセコン、そのレセコンと連動した自動錠剤分包機や自動液剤分注機・・・。どれも最新設備です。条件も良いし、この会社にしようと決めてしまうのは早すぎます。採用予定者が働く薬局は本当にここでしょうか?そこはチェーン薬局の基幹薬局。見学者はそこの薬局にだけ連れて行くということだってあり得ます。見学させてもらう場合は、できれば同じ会社の複数の薬局を見せてもらいましょう。1つの薬局を見ただけでその会社全体のイメージとしてはいけない

薬剤師の転職 その転職、本当に年収アップしますか?昇給額・昇給率のはなし

給料

薬剤師の転職 その転職、本当に年収アップしますか?昇給額・昇給率のはなし。転職を考える時、提示される年収(給与)も大事ですが、その後の昇給額・昇給率まで考えたことはありますか?。例えば、Aチェーン薬局に新卒で入社、調剤経験3年で現在の年収が400万円の薬剤師(非管理薬剤師)が転職を考えていたとします。求人を探していたところ、うちは年収600万円出しますというB薬局がみつかりました。 休日や残業の有無など、条件はなかなか良さそうです。年収にして200万円のアップ!!でも、このB薬局に転職した場合、本当に年収アップとなるでしょうか?

薬剤師の年収比較 調剤薬局の薬剤師の年収(給与)は平均いくら??

給料

特に2~3年目の薬剤師の方は、いろいろ転職を含めて今後のことを一度考える時期が来ます。(実際私もそうでした。)。チェーンの調剤薬局に入って2年目(非管理薬剤師)の月収は約27万円。手取り額は約20万円でした。年収にするとボーナスを含めて約380万円。この薬局(会社)に入って本当によかったのだろうか?同期の友人(MR)の給料を聞くとがっかりする。。。この後本当に給料は上がっていくのだろうか?他のチェーン薬局の給料ってどんな感じなのだろう???いろいろな疑問が頭をよぎります。とはいってもなかなか友達にいくらもらっているのかは聞けないもの。そんな時は募集している求人広告から推測することも可能です。薬剤師の転職支援サイトに登録しておけば、給与の見積もり(概算)を出してもらうことも可能です。特に薬剤師の不足している地方では、現在の給与+αを確約してくれるところもありました。現在では徐々に薬剤師は充足しつつありますので、早めに手を打っておきましょう。登録から転職終了まで、すべて費用はかかりません。また、転職を強要されることもありません。始めのうちは、まずはとりあえず登録だけしておいて、良いなと思った薬局だけ話を聞くというスタンスがよいと思います。

薬剤師が転職するのに最適な時期はいつ?成功する薬剤師の転職ルール

転職

薬剤師のバブルはほぼ終わりつつある。薬局で管理薬剤師をしている私にはそう感じます。実際、首都圏の薬剤師はほぼ充足してきています。ただ、地方はまだ不足気味です。転職するのに最適な時期。それはあなたが、転職したいと思った時。今いる薬局が嫌で嫌で仕方ない。もっと違う職場で頑張りたいと思った時が転職に最適な時期です。迷っているなら早い方が良い。6年制の新卒がどんどん出てきていますので、薬剤師が不足している薬局は確実に減ってきています。(私が勤めているチェーン薬局でも同じ状況です。)転職したいと思っている人は今すぐに行動を起こした方が、結果的に良い薬局に巡り合えると思います。良い薬局は人が辞めないので募集が少ないばかりか、すぐに応募者が集まり採用決定してしまいます。(募集している薬局が良くない薬局というわけではありません。結婚や出産を機に薬剤師が退職したり、新規開局により薬剤師が不足したりといろいろ理由があります。)迷っている薬剤師へ。とりあえず登録して情報収集を始めておきましょう。今いる薬局から引き留め工作に遭ってしまうと、辞めるが本当に大変になります。(私も小規模薬局を辞めるときは大変でした・・・)次の職場をしっかり決まった状態で、今いる薬局(会社)には辞めたい旨をしっかりと伝えましょう。

管理薬剤師募集 年収700万円完全週休2日制 残業なし 社宅付

管理薬剤師 給料

調剤薬局求人募集 管理薬剤師 年収700万円 完全週休2日制 残業なし 社宅付。転職活動中のあなたが、注意すべき最大のポイント。それは、この薬局の年収700万円は残業代込なのか、そうではないのか。残業なし=管理薬剤師は管理者だから残業代はつかないという薬局もあります。表示の年収が650万円で残業代がしっかりつくチェーン薬局と、年収700万円で残業が全くつかない薬局では手取りに差が付くことになります。管理薬剤師でも残業代がつくのか、それともつかないのか。転職活動の中でしっかり確認しておく必要があります。細かいことを全て聞くのは大変ですから薬剤師転職支援サイトに登録しておくのが良いと思います。