「薬剤師転職支援コンサルタント」タグの記事一覧

ハーブやアロマに力を入れている薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさんの話

年収 教育・研修システム 漢方あり 雰囲気 面接

病院薬剤師からハーブやアロマに力を入れている調剤薬局に転職して失敗した女性薬剤師Cさん(20代)の話。なぜその転職は大失敗だったのでしょうか?転職失敗を避ける秘訣は?薬剤師転職支援サイトを利用して薬剤師転職支援のコンサルタントの助言を受けていたにも関わらず、当初の希望条件の無かったものを重視して転職先の薬局を決めてしまったことが失敗の大きな原因です。

薬剤師の転職活動は仕事を辞めてから?それとも仕事を続けながら?

転職先の探し方

薬剤師の転職活動は仕事を辞めてからするべきか。それとも仕事を続けながらするべきか。薬剤師が転職をする場合、転職先の薬局はすぐに見つかることが多いこと、薬剤師転職支援サイトの活用により効率的に時間をかけずに希望の転職先を探せる可能性が高いことから仕事を続けながら転職活動をすることを勧めます。

薬剤師転職サイトを利用するメリットとデメリットとは

薬剤師転職サイト 転職先の探し方

薬剤師転職サイトを利用するメリット、利用するデメリット、利用しないデメリットについてまとめました。薬剤師転職支援サイトを利用することはデメリットを大きく上回るメリットがあります。転職を失敗しないためにも薬剤師転職サイトを活用することをオススメします。

今後転職するなら「かかりつけ薬局」じゃないと先が見えなくなります

かかりつけ薬局 転職前の確認ポイント

残薬の削減、服薬指導の充実、24時間調剤応需、在宅業務への取り組み、ジェネリック医薬品の推進などにしっかり取り組んでいる薬局は調剤報酬で評価されます。今後薬局の収益に差がついてくることは間違いありません。立地の良さだけで大量の処方せんを確保する薬局の経営は悪化していくことでしょう。現在転職先の薬局を探している薬剤師は多くの人の「かかりつけ薬局」になっているかどうかを考慮して転職先を探しましょう。

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い 給料や年収に交渉の余地も

転職先の探し方

【急募】の薬剤師求人情報は好条件が多い。給料や年収に交渉の余地も。薬局では急に薬剤師不足になって困ることがあります。薬局の採用部門ではこんなときどうするか。エムスリーキャリアやリクナビ薬剤師などの薬剤師転職支援サイトのコンサルタントに、「急いでいるので条件交渉可能」と伝えて薬剤師を引っ張ってきてもらうようお願いします。相場よりも良い条件でないと薬剤師は集まりませんから、他薬局に採用で負けないように良い条件を提示します。薬剤師転職支援サイトに登録し、転職支援コンサルタントと密に連絡を取っておけば、公開される前に急募の求人情報をもらうという裏技も可能です。

失敗しない薬剤師の転職 薬キャリ(エムスリーキャリア)をオススメする4つの理由

薬剤師転職サイト
ソニーグループが運営する日本最大級の薬剤師転職支援・求人検索サイト 薬剤師の求人・転職・募集ならm3.com Pharmacist

失敗しない薬剤師の転職 エムスリーキャリアをオススメする4つの理由。薬剤師の転職支援サイトはたくさんありますが、当サイトではエムスリーキャリアをオススメしています。薬剤師が薬局に求める条件・希望にしっかり応えられる数の薬局求人案件を持っています。給料を上げたい、休みが欲しい、人間関係が良い薬局で働きたい、子供が急に病気になった時でも休める薬局など。

個人薬局に転職して大失敗した薬剤師Aさんの悲惨な話。

小規模(個人)薬局 薬局の規模

薬剤師の転職失敗例。個人薬局に転職した薬剤師Aさんの悲惨な話。目先の年収アップにつられて個人薬局に転職したものの、門前医療機関の閉院に伴い解雇に。住宅ローンを抱えながら転職をしたが、年収はダウン。勤務先の規模が小さすぎることは将来におけるリスクと言えます。転職先の薬局を決めるときには総合的に判断するように。

ブラック薬局の特徴と見分け方 こんな薬局からは今すぐ転職を

ブラック薬局 転職前の確認ポイント

ブラック薬局の特徴と見分け方。あなたが勤める薬局は「ブラック薬局」ではないでしょうか?調剤薬局の業界にもいわゆるブラック薬局は存在しています。ブラック薬局とはどんな薬局?長時間労働が常態化している、休日出勤が常態化している、週休が取れない(就業規則通りではない、休憩時間が十分に取れない(8時間以上の勤務であれば休憩時間を1時間以上与えなければなりません。)、サービス残業させられる、タイムカードを押してから仕事をするよう強要される、みなし残業代として給料に含まれているので、何時間残業しても残業代が一定、重い売上ノルマが課せられている(OTCや自社開発品の売上など)、セクハラ、パワハラ、薬剤師へのいじめ、事務へのいじめ、薬剤師の3年離職率が異常に高い(薬剤師の場合、女性が多いので結婚や出産を機に退職することが多いですからその点を引いて考えなければなりません。)、無資格者による調剤、薬事法などに違反している、調剤報酬を不正に請求している、社員に健康診断を受けさせていない、賃金未払いがある、社員の給料が安いのに社長や会長の報酬がやたらと高い。